爪を食べる女

公開日: 怖い話 | 本当にあった怖い話

IMG_5585

最近あった喫茶店での話。

普通に時間を潰していたところ、隣のテーブルでなにやら物音。

カリカリカリという音。最初は特に気にもならなかったので本を読んでいたのですが、30分ほど経ってもその音は消えません。

気になって振り向いたところ、びびりました。

爪を食べてます。しかも量が尋常じゃない。1リットルの牛乳パックにはち切れんばかりに入っています。

それも切った状態の爪じゃない。そのままはがしたような完璧な形で。

それを無心に食べていました。

30歳前くらいの普通の女性で、服装など特におかしいところはありません。

女性の前にはコーヒーらしきカップも置いてあります。

でも、何より驚いたのはジーっとこっちの首のあたりを見ていること。

恐怖より驚きが勝って、しばらく凝視していましたが、その内に恐怖が来て慌てて目を逸しました。

一体なぜ爪なんかを…。そしてなんで睨まれているんだ…。

自分の身に危険を感じ、早々に喫茶店を出ました。

喫茶店を出て交差点を渡り、駅まで行きました。

人通りも多く、安心したのも束の間。

さっきの女がいました。

駅の改札で。こちらを待つように。

でも、人も多いので変な事はされないはず…。

そう思い、出来るだけ避けて改札を通りホームに着きました。

幸いにもホームにあの女の姿はなく、そのまま電車が到着しました。

ほっとして席にへたりこんだ瞬間に、来ました。女が。

駆け込みながら電車に乗ってきました。

こっちはパニックに陥ってしまいました。

席に座ったまま、どうにかしなければ…と思っていると、あの女が目の前に立ち、つり革を握っていました。

凍りつきました…。

女は何もいわず、見せ付けるように牛乳パックを出し、爪を食べ始めました…。

結局そのまま電車は走り、女は何もしてきませんでした。ただ爪を食べるだけで。

自分は目的地の2つ前の駅で意を決して女を軽く押しのけ、降りました。

女は追っては来ませんでした。

あれは何だったのか…いまだに謎です。

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。 一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

小学校の廊下(フリー写真)

パソコン室の幽霊

これは俺が当時通っていた小学校の話だ。 俺はその日、パソコン室に筆箱を忘れた。それに気付いたのは六時間目が始まってから(その時間は隣の女子に鉛筆を貸してもらっていた)。 仕…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。 母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。 祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

書店(フリー写真)

文中でのやり取り

数年前、古本屋で体験した話。 本を売りたいという友人に付き合って大きな古本屋へ行った。 神保町などにある古書店ではなく、漫画や写真集などがとにかく沢山置いているチェーン店…

イーッパイおばさん

うちのコンビニに週3回、毎朝5時過ぎにやってくる初老のおばさんがいる。 週3回全て俺が入ってる日、決まって俺が店内で一人で作業している時に来る。 雨の日でもズブ濡れになりな…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。 それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。 よ…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。 今から15年前、俺は当時10歳だった。 俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。 先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…