爪を食べる女

公開日: 怖い話 | 本当にあった怖い話

IMG_5585

最近あった喫茶店での話。

普通に時間を潰していたところ、隣のテーブルでなにやら物音。

カリカリカリという音。最初は特に気にもならなかったので本を読んでいたのですが、30分ほど経ってもその音は消えません。

気になって振り向いたところ、びびりました。

爪を食べてます。しかも量が尋常じゃない。1リットルの牛乳パックにはち切れんばかりに入っています。

それも切った状態の爪じゃない。そのままはがしたような完璧な形で。

それを無心に食べていました。

30歳前くらいの普通の女性で、服装など特におかしいところはありません。

女性の前にはコーヒーらしきカップも置いてあります。

でも、何より驚いたのはジーっとこっちの首のあたりを見ていること。

恐怖より驚きが勝って、しばらく凝視していましたが、その内に恐怖が来て慌てて目を逸しました。

一体なぜ爪なんかを…。そしてなんで睨まれているんだ…。

自分の身に危険を感じ、早々に喫茶店を出ました。

喫茶店を出て交差点を渡り、駅まで行きました。

人通りも多く、安心したのも束の間。

さっきの女がいました。

駅の改札で。こちらを待つように。

でも、人も多いので変な事はされないはず…。

そう思い、出来るだけ避けて改札を通りホームに着きました。

幸いにもホームにあの女の姿はなく、そのまま電車が到着しました。

ほっとして席にへたりこんだ瞬間に、来ました。女が。

駆け込みながら電車に乗ってきました。

こっちはパニックに陥ってしまいました。

席に座ったまま、どうにかしなければ…と思っていると、あの女が目の前に立ち、つり革を握っていました。

凍りつきました…。

女は何もいわず、見せ付けるように牛乳パックを出し、爪を食べ始めました…。

結局そのまま電車は走り、女は何もしてきませんでした。ただ爪を食べるだけで。

自分は目的地の2つ前の駅で意を決して女を軽く押しのけ、降りました。

女は追っては来ませんでした。

あれは何だったのか…いまだに謎です。

関連記事

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

柿の木(フリー写真)

木守り

皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。実った木の実を全て取り入れてしまわず、いくつか残す風習は昔からあって、取り入れずに残した実のことを木守り(きまもり)と呼びます。 …

お墓参りで使用する水桶(フリー写真)

お墓を広くすること

実家は山の中にある田舎なのだが、近所に見栄っ張りで有名な家族が居た。特におばあさんが見栄っ張りで、息子や孫の自慢話ばかりすることで、近所から嫌われていた。ある日、そのお…

校庭(フリー写真)

あやこさんの木

私が通っていた小学校に、あやこさんの木というのがあった。何という種類かは分からないが、幹が太く立派な木だ。何故、あやこさんの木と言うのかは判らない。みんなそう呼…

地厄(じんやく)

今から25年前の小学3年生だった頃の話。C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、こ…

深夜のドライブ

深夜のドライブ

これからする話は、私の作り話ではない事を言っておきます。信じてくれとは言わないし、信じてくれる人がいればそれで良いと思っています。私は関東のT県U市(県庁所在地)に住ん…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。風呂が無いので銭湯に行ってる。いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…