深夜のコンビニ

公開日: 心霊体験 | 怖い話

a0016960_121553

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。

そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。

俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、バックルームでのんびり過ごしていた。

ある日のこと、いつもと同じように暇な深夜で、仕事といえばたまにモニターをチェックするくらい。

俺はバックルームでお菓子を食べながら先輩とおしゃべりしていた。

モニターは画面が4分割されていて、レジ2箇所、食料品棚、本棚を映している。

ふとモニターを見ると、本棚の前に女性が立っていた。腰まで髪が伸びており、異様な雰囲気がした。

「いつ入ったんだろう、チャイム鳴らなかったよな」

と先輩は首をかしげたが、以前にもチャイムが鳴らなかったことがあるので、特に深く考えず俺らはまたのんびり過ごした。

15分ほど時間が過ぎたとき、どうも様子がおかしいことに気づいた。その女性は全く動いていないのである。

本を読んでいるのかと思ったが、手に本を持っていない。ただひたすら、じっと本棚を見つめているだけだった。

「こいつ、万引きするのかもしれないぞ」

モニターをじっと見ていた先輩が言った。

俺も同じ事を考えていたので、思わず頷いた。

万引き犯なら2人で捕まえよう。そう決意して挟み撃ちをしようと考え、バックルームを出た。

先輩はレジ側から、俺はバックルームへの出入り口から本棚へ向かった。

いざ本棚へ到着してみると、俺らは驚きのあまり顔を見合わせた。どこにも女性の姿は見当たらなかったのだ。

すると、トイレの方から水を流す音が聞こえてきた。

何だ、トイレに入っていたのか。何だかホッとして、とりあえずバックルームへ戻った。

しかし、モニターを見た途端に思わず目を疑った。そこには、先ほどと全く同じ立ち位置で、本棚を見つめている女性が映っていたのだ。

トイレからすぐに出たとしても、早過ぎる。

しかも、さっきと全く同じ立ち位置ってどう考えてもおかしい。

モニターが故障しているのか?

俺らは顔を見合わせ、もう一度バックルームから挟み撃ちしようと本棚へと足を急いだ。

冷や汗がにじむのを感じた。そこにはまた誰もいないのである。

仕方なくバックルームへと戻り、無言で真っ先にモニターを確認した。

「大丈夫、いないよ。たぶん帰ったのかも」

先輩が言った通り、モニターから女性の姿が消えていた。

一瞬ホッとして、再度モニターを確認しようとして先輩が顔を乗り出したその時…。

「待て、動くな」

先輩が突然、押し殺した声を出した。俺らはモニターを覗き込んだ姿のまま、固まった。

「絶対に振り向くなよ」

先輩がまた押し殺した声を出した。俺ははじめ不思議に思ったが、目の前にあるモニターをじっと見たとき、先輩の言葉の意味を理解した。

画面が反射して、自分の顔と先輩の顔が映っている。

しかし、その真ん中には…。

例の女性の顔が覗き込んでいたのだ。

悲鳴をこらえて、俺らは身動きできずにいた。

この上ない恐怖を感じながら、じっと耐えること数分、

「…………」

その女が何か呟き、すっと離れた。

どうにか気持ちを落ち着けて、ゆっくりと振り向いた。そこに女の姿はない。

どくどく脈打つ心臓を押さえ、モニターから離れた。

「俺たち、見ちゃったなぁ……」

先輩は感慨深げに呟いた。

俺は「そうですね」と言いながら、再び心臓が止まりそうになった。

先輩も俺の様子に気づいてモニターの方へ向き直った。

画面の中には、さっきの女がいた。

しかも、今度は大口を開けてカメラの方を向いて笑っていたのだ。

湖のボート(フリー写真)

今度は落とさないでね

ある若いカップルに子供が出来てしまい、堕ろそうか悩んだ挙げ句、産むことにした。 しかしまだ若い二人には育てることが出来ず、相談した結果、その子を殺すことにした。 二人は夜…

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。 それには訳がある。 仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。 その日、俺は難しい打ち合…

お婆ちゃんの手(フリー写真)

連れて行かれる

私が小学生の頃の話です。 小さい頃にお世話になった近所のお婆ちゃんが倒れて、寝たきりになってしまいました。 一人暮らしで、親族も居なかったようです。 当時、よく古い遊…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。 私は父が経営する土建屋で事務をしています。 今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。 そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。 自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。 メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。 昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。 驚いて体を起こそうとするが動かな…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。 私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。 その時、隣に二人の女の子…