深夜のコンビニ

公開日: 心霊体験 | 怖い話

a0016960_121553

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。

そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。

俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、バックルームでのんびり過ごしていた。

ある日のこと、いつもと同じように暇な深夜で、仕事といえばたまにモニターをチェックするくらい。

俺はバックルームでお菓子を食べながら先輩とおしゃべりしていた。

モニターは画面が4分割されていて、レジ2箇所、食料品棚、本棚を映している。

ふとモニターを見ると、本棚の前に女性が立っていた。腰まで髪が伸びており、異様な雰囲気がした。

「いつ入ったんだろう、チャイム鳴らなかったよな」

と先輩は首をかしげたが、以前にもチャイムが鳴らなかったことがあるので、特に深く考えず俺らはまたのんびり過ごした。

15分ほど時間が過ぎたとき、どうも様子がおかしいことに気づいた。その女性は全く動いていないのである。

本を読んでいるのかと思ったが、手に本を持っていない。ただひたすら、じっと本棚を見つめているだけだった。

「こいつ、万引きするのかもしれないぞ」

モニターをじっと見ていた先輩が言った。

俺も同じ事を考えていたので、思わず頷いた。

万引き犯なら2人で捕まえよう。そう決意して挟み撃ちをしようと考え、バックルームを出た。

先輩はレジ側から、俺はバックルームへの出入り口から本棚へ向かった。

いざ本棚へ到着してみると、俺らは驚きのあまり顔を見合わせた。どこにも女性の姿は見当たらなかったのだ。

すると、トイレの方から水を流す音が聞こえてきた。

何だ、トイレに入っていたのか。何だかホッとして、とりあえずバックルームへ戻った。

しかし、モニターを見た途端に思わず目を疑った。そこには、先ほどと全く同じ立ち位置で、本棚を見つめている女性が映っていたのだ。

トイレからすぐに出たとしても、早過ぎる。

しかも、さっきと全く同じ立ち位置ってどう考えてもおかしい。

モニターが故障しているのか?

俺らは顔を見合わせ、もう一度バックルームから挟み撃ちしようと本棚へと足を急いだ。

冷や汗がにじむのを感じた。そこにはまた誰もいないのである。

仕方なくバックルームへと戻り、無言で真っ先にモニターを確認した。

「大丈夫、いないよ。たぶん帰ったのかも」

先輩が言った通り、モニターから女性の姿が消えていた。

一瞬ホッとして、再度モニターを確認しようとして先輩が顔を乗り出したその時…。

「待て、動くな」

先輩が突然、押し殺した声を出した。俺らはモニターを覗き込んだ姿のまま、固まった。

「絶対に振り向くなよ」

先輩がまた押し殺した声を出した。俺ははじめ不思議に思ったが、目の前にあるモニターをじっと見たとき、先輩の言葉の意味を理解した。

画面が反射して、自分の顔と先輩の顔が映っている。

しかし、その真ん中には…。

例の女性の顔が覗き込んでいたのだ。

悲鳴をこらえて、俺らは身動きできずにいた。

この上ない恐怖を感じながら、じっと耐えること数分、

「…………」

その女が何か呟き、すっと離れた。

どうにか気持ちを落ち着けて、ゆっくりと振り向いた。そこに女の姿はない。

どくどく脈打つ心臓を押さえ、モニターから離れた。

「俺たち、見ちゃったなぁ……」

先輩は感慨深げに呟いた。

俺は「そうですね」と言いながら、再び心臓が止まりそうになった。

先輩も俺の様子に気づいてモニターの方へ向き直った。

画面の中には、さっきの女がいた。

しかも、今度は大口を開けてカメラの方を向いて笑っていたのだ。

関連記事

廃墟(フリー写真)

廃ホテルでの心霊体験

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない…

残されていたもの

かつて、地方のとある旅館に泊まった家族の娘が、トイレで惨殺されるという事件があった。事件現場は凄惨を極めた。全身は滅多刺しにされ、顔は個人の判別もできないほどに破壊され…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

死刑執行スイッチ

最近、とある悪戯サイトが流行っているそうだ。ネットを巡回している時に、見慣れないリンクがある事に気が付く。何気にそのリンクを踏むと、薄暗いコンクリートの部屋の真ん中に、…

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。それには訳がある。仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。その日、俺は難しい打ち合…

心霊動画保管庫

俺は現在、某携帯キャリアの携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時だった。まず、俺の知り合いで携帯の不思…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…