深夜のコンビニ

公開日: 心霊体験 | 怖い話

a0016960_121553

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。

そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。

俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、バックルームでのんびり過ごしていた。

ある日のこと、いつもと同じように暇な深夜で、仕事といえばたまにモニターをチェックするくらい。

俺はバックルームでお菓子を食べながら先輩とおしゃべりしていた。

モニターは画面が4分割されていて、レジ2箇所、食料品棚、本棚を映している。

ふとモニターを見ると、本棚の前に女性が立っていた。腰まで髪が伸びており、異様な雰囲気がした。

「いつ入ったんだろう、チャイム鳴らなかったよな」

と先輩は首をかしげたが、以前にもチャイムが鳴らなかったことがあるので、特に深く考えず俺らはまたのんびり過ごした。

15分ほど時間が過ぎたとき、どうも様子がおかしいことに気づいた。その女性は全く動いていないのである。

本を読んでいるのかと思ったが、手に本を持っていない。ただひたすら、じっと本棚を見つめているだけだった。

「こいつ、万引きするのかもしれないぞ」

モニターをじっと見ていた先輩が言った。

俺も同じ事を考えていたので、思わず頷いた。

万引き犯なら2人で捕まえよう。そう決意して挟み撃ちをしようと考え、バックルームを出た。

先輩はレジ側から、俺はバックルームへの出入り口から本棚へ向かった。

いざ本棚へ到着してみると、俺らは驚きのあまり顔を見合わせた。どこにも女性の姿は見当たらなかったのだ。

すると、トイレの方から水を流す音が聞こえてきた。

何だ、トイレに入っていたのか。何だかホッとして、とりあえずバックルームへ戻った。

しかし、モニターを見た途端に思わず目を疑った。そこには、先ほどと全く同じ立ち位置で、本棚を見つめている女性が映っていたのだ。

トイレからすぐに出たとしても、早過ぎる。

しかも、さっきと全く同じ立ち位置ってどう考えてもおかしい。

モニターが故障しているのか?

俺らは顔を見合わせ、もう一度バックルームから挟み撃ちしようと本棚へと足を急いだ。

冷や汗がにじむのを感じた。そこにはまた誰もいないのである。

仕方なくバックルームへと戻り、無言で真っ先にモニターを確認した。

「大丈夫、いないよ。たぶん帰ったのかも」

先輩が言った通り、モニターから女性の姿が消えていた。

一瞬ホッとして、再度モニターを確認しようとして先輩が顔を乗り出したその時…。

「待て、動くな」

先輩が突然、押し殺した声を出した。俺らはモニターを覗き込んだ姿のまま、固まった。

「絶対に振り向くなよ」

先輩がまた押し殺した声を出した。俺ははじめ不思議に思ったが、目の前にあるモニターをじっと見たとき、先輩の言葉の意味を理解した。

画面が反射して、自分の顔と先輩の顔が映っている。

しかし、その真ん中には…。

例の女性の顔が覗き込んでいたのだ。

悲鳴をこらえて、俺らは身動きできずにいた。

この上ない恐怖を感じながら、じっと耐えること数分、

「…………」

その女が何か呟き、すっと離れた。

どうにか気持ちを落ち着けて、ゆっくりと振り向いた。そこに女の姿はない。

どくどく脈打つ心臓を押さえ、モニターから離れた。

「俺たち、見ちゃったなぁ……」

先輩は感慨深げに呟いた。

俺は「そうですね」と言いながら、再び心臓が止まりそうになった。

先輩も俺の様子に気づいてモニターの方へ向き直った。

画面の中には、さっきの女がいた。

しかも、今度は大口を開けてカメラの方を向いて笑っていたのだ。

ビル(フリー写真)

曰くのある場所

得意先が移転し、お祝いを兼ねて訪れた。 そこは1階が店舗で2階が事務所。 取り敢えず事務所で話を聞くからと、店舗の奥の給湯室から伸びる階段で2階に上がる。 しかしこ…

富士川(フリー写真)

お下がり

俺の家は昔とても貧乏で、欲しい物なんか何一つ買ってもらえなかった。 着ている服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。 そんな俺でも、義務教育だけはちゃん…

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。 いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。 実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。 子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

窓(フリー写真)

死んだ街

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師助手のような仕事をしています。 1年生の授業で、 『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮って…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。 祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。 その遊びに来るこ…

トンネル(フリー写真)

トンネルの少女

二十数年生きて来て、心霊現象なんて体験したことはなかった。 怖い話は好きだけど、そんなの実際には有り得ないと否定的だった。 今は、肯定する気もないけど否定もできない。 ※…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。 正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

電車

溜まりやすい場所

高校一年生の時、電車でヤバそうなものに出会した話。 当時ピカピカの新高校生だった俺は遠距離通学をしていて、2時間ある通学時間の内、殆どは電車に乗って過ごしていた。 もちろん…

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。 大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。 携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。 T「今バイト終わったから…