百人浜に現れた男

キャンプ(フリー写真)

北海道の百人浜(襟裳岬近くの百人浜キャンプ場)で聞いた話。

一昨年に北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの方に、今夜は百人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真面目な顔で「やめた方がいい」と言う。

結局、彼と一緒にカムイコタンのキャンプ場へ泊まったのだが、その夜、彼に聞いた話です。

彼がそこに泊まったのは4年程前。9月の平日で、キャンプ場にも人が5~6人くらいしか居なかったそうだ。

その日は早目に食事を済ませ、22時頃には床に就いていた。

うとうとしながら、テントの生地を通して月明かりがよく見えていた事を覚えているそうだ。

そのうち足跡が彼のテントに近付いて来た。そして彼のテントの前でその足音は止まった。

『あれ、誰だろう』と思いながらも、まだ夜も早いし、誰かが散歩でもしているのかと思い気にもしなかったそうだが、そのうちテントの外から声がする。男の声で「すいません」と。

『あれっ』と思いながらファスナーを開けて顔を出すと、年にして25~30歳くらいの男が立っている。

彼が「何?」と聞くと、その男は「人を探しているんですけど」とだけ言い、その彼の顔をじっと見つめていた。

そしてちょっと間を空けてから「すいません、違うみたいです」と言うと、彼のテントに背を向け、とぼとぼと歩いて行った。

彼も変な奴だなと思いながら、テントのファスナーを閉めてまた寝ようとしたところ、変な事に気が付いた。

その日は一日天気は良かったのだが、その男は頭からずっぽりと濡れていたのだ。

髪の毛も濡れていて、まるで海で泳いで来たような感じだったそうだ。

彼は慌ててテントから顔を出し、さっきの男が歩いて行った方向を見てみたが、既に姿は無かった。

『何で濡れてるんだ? 何でこんな時間に人のテントに来て、人を探してるのだ』と思いながら、その日は結局一睡もできなかったそうだ。

そして翌朝6時にテントから起き出して、彼は洗面場の所で昨晩の男が顔を洗いに来るのを待っていた。

しかし、その男は現れなかった。

『ここには泊まっていないのか?』そう思って、他の連中に昨晩の話をしてみた。

すると、その晩彼を除いてライダーが4人泊まっていたのだが、4人のうちの一人を残してみんな知らないと言う。

しかしそのうち一人は「俺の所にも来たよ。天気もいいのにずぶ濡れで、気味が悪いと思ったんだよ」との事。

結局その晩、5人のうち2人だけがずぶ濡れの男に遭遇した訳だ。

その二人には特に共通点は無い。バイクも違うし、テントの色も違う。住所も違う。本当に共通点は無いのだ。

しかし、その話を進めるうちに一つだけ共通点がある事が判った。

彼らは前日の朝に、同じフェリーで小樽に入っていたのだそうだ…..。

僕がその彼と一緒になった時にも、実は同じフェリーで小樽に入っていた。

彼はその事と、僕が百人浜へ泊まろうと言った事で、そのずぶ濡れの男の事を思い出した。

そしてまたあいつが来るんじゃないかと思い、僕を別のキャンプ場へ誘ったそうなのだ…….。

もしあの日、その彼と一緒に百人浜に泊まっていたら、一体どうなっていたのでしょうかね。

関連記事

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。そんな叔父は時間があれば…

花(フリー素材)

無念のアザ

妹が小学生の頃、家族ぐるみで仲良くしていた母子家庭のAさん親子がいました。うちも母子家庭だったので、すぐ仲良くなったみたいです。私は当時高校生だったので、学校やバイトで…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。俺はもう卒業したのだが…

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

山の上の廃病院

高校生の時の実話。地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。母に…