百人浜に現れた男

キャンプ(フリー写真)

北海道の百人浜(襟裳岬近くの百人浜キャンプ場)で聞いた話。

一昨年に北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの方に、今夜は百人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真面目な顔で「やめた方がいい」と言う。

結局、彼と一緒にカムイコタンのキャンプ場へ泊まったのだが、その夜、彼に聞いた話です。

彼がそこに泊まったのは4年程前。9月の平日で、キャンプ場にも人が5~6人くらいしか居なかったそうだ。

その日は早目に食事を済ませ、22時頃には床に就いていた。

うとうとしながら、テントの生地を通して月明かりがよく見えていた事を覚えているそうだ。

そのうち足跡が彼のテントに近付いて来た。そして彼のテントの前でその足音は止まった。

『あれ、誰だろう』と思いながらも、まだ夜も早いし、誰かが散歩でもしているのかと思い気にもしなかったそうだが、そのうちテントの外から声がする。男の声で「すいません」と。

『あれっ』と思いながらファスナーを開けて顔を出すと、年にして25~30歳くらいの男が立っている。

彼が「何?」と聞くと、その男は「人を探しているんですけど」とだけ言い、その彼の顔をじっと見つめていた。

そしてちょっと間を空けてから「すいません、違うみたいです」と言うと、彼のテントに背を向け、とぼとぼと歩いて行った。

彼も変な奴だなと思いながら、テントのファスナーを閉めてまた寝ようとしたところ、変な事に気が付いた。

その日は一日天気は良かったのだが、その男は頭からずっぽりと濡れていたのだ。

髪の毛も濡れていて、まるで海で泳いで来たような感じだったそうだ。

彼は慌ててテントから顔を出し、さっきの男が歩いて行った方向を見てみたが、既に姿は無かった。

『何で濡れてるんだ? 何でこんな時間に人のテントに来て、人を探してるのだ』と思いながら、その日は結局一睡もできなかったそうだ。

そして翌朝6時にテントから起き出して、彼は洗面場の所で昨晩の男が顔を洗いに来るのを待っていた。

しかし、その男は現れなかった。

『ここには泊まっていないのか?』そう思って、他の連中に昨晩の話をしてみた。

すると、その晩彼を除いてライダーが4人泊まっていたのだが、4人のうちの一人を残してみんな知らないと言う。

しかしそのうち一人は「俺の所にも来たよ。天気もいいのにずぶ濡れで、気味が悪いと思ったんだよ」との事。

結局その晩、5人のうち2人だけがずぶ濡れの男に遭遇した訳だ。

その二人には特に共通点は無い。バイクも違うし、テントの色も違う。住所も違う。本当に共通点は無いのだ。

しかし、その話を進めるうちに一つだけ共通点がある事が判った。

彼らは前日の朝に、同じフェリーで小樽に入っていたのだそうだ…..。

僕がその彼と一緒になった時にも、実は同じフェリーで小樽に入っていた。

彼はその事と、僕が百人浜へ泊まろうと言った事で、そのずぶ濡れの男の事を思い出した。

そしてまたあいつが来るんじゃないかと思い、僕を別のキャンプ場へ誘ったそうなのだ…….。

もしあの日、その彼と一緒に百人浜に泊まっていたら、一体どうなっていたのでしょうかね。

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

白虎隊

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。 A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。 しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてし…

プール事故

俺の母が女子高に在籍していた当時の、水泳授業中の話。 授業が始まり、一番最初の生徒が飛び込んだところ、中央近くでぷかりと仰向けで浮かんできた。 驚いた教員がすぐさま飛び込み…

某アニメーション学園周辺の女の子

俺営業マンなんだけど、今朝は会社に寄らずに直接顧客のところへ直行の日だった。 営業先の某有名アニメーション学園がある駅の改札を降りたところで、変なモノに気付いちゃったんだよね。 …

杉沢村

某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。 ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。 犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。 電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。 電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

さまようおっさん

オレは結構、日常的に金縛りに遭うんだよね。あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃうわけ。 ある日の朝、オレはいつものよう…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。 「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」 父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。 落ち込んでいる父の姿を見て、…

きまり

平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが ”こと” の始まりだった。見なかったことにしようというのがいけなかった…。 当時、私とA、Bの私達3人はドライブがて…