百人浜に現れた男

キャンプ(フリー写真)

北海道の百人浜(襟裳岬近くの百人浜キャンプ場)で聞いた話。

一昨年に北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの方に、今夜は百人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真面目な顔で「やめた方がいい」と言う。

結局、彼と一緒にカムイコタンのキャンプ場へ泊まったのだが、その夜、彼に聞いた話です。

彼がそこに泊まったのは4年程前。9月の平日で、キャンプ場にも人が5~6人くらいしか居なかったそうだ。

その日は早目に食事を済ませ、22時頃には床に就いていた。

うとうとしながら、テントの生地を通して月明かりがよく見えていた事を覚えているそうだ。

そのうち足跡が彼のテントに近付いて来た。そして彼のテントの前でその足音は止まった。

『あれ、誰だろう』と思いながらも、まだ夜も早いし、誰かが散歩でもしているのかと思い気にもしなかったそうだが、そのうちテントの外から声がする。男の声で「すいません」と。

『あれっ』と思いながらファスナーを開けて顔を出すと、年にして25~30歳くらいの男が立っている。

彼が「何?」と聞くと、その男は「人を探しているんですけど」とだけ言い、その彼の顔をじっと見つめていた。

そしてちょっと間を空けてから「すいません、違うみたいです」と言うと、彼のテントに背を向け、とぼとぼと歩いて行った。

彼も変な奴だなと思いながら、テントのファスナーを閉めてまた寝ようとしたところ、変な事に気が付いた。

その日は一日天気は良かったのだが、その男は頭からずっぽりと濡れていたのだ。

髪の毛も濡れていて、まるで海で泳いで来たような感じだったそうだ。

彼は慌ててテントから顔を出し、さっきの男が歩いて行った方向を見てみたが、既に姿は無かった。

『何で濡れてるんだ? 何でこんな時間に人のテントに来て、人を探してるのだ』と思いながら、その日は結局一睡もできなかったそうだ。

そして翌朝6時にテントから起き出して、彼は洗面場の所で昨晩の男が顔を洗いに来るのを待っていた。

しかし、その男は現れなかった。

『ここには泊まっていないのか?』そう思って、他の連中に昨晩の話をしてみた。

すると、その晩彼を除いてライダーが4人泊まっていたのだが、4人のうちの一人を残してみんな知らないと言う。

しかしそのうち一人は「俺の所にも来たよ。天気もいいのにずぶ濡れで、気味が悪いと思ったんだよ」との事。

結局その晩、5人のうち2人だけがずぶ濡れの男に遭遇した訳だ。

その二人には特に共通点は無い。バイクも違うし、テントの色も違う。住所も違う。本当に共通点は無いのだ。

しかし、その話を進めるうちに一つだけ共通点がある事が判った。

彼らは前日の朝に、同じフェリーで小樽に入っていたのだそうだ…..。

僕がその彼と一緒になった時にも、実は同じフェリーで小樽に入っていた。

彼はその事と、僕が百人浜へ泊まろうと言った事で、そのずぶ濡れの男の事を思い出した。

そしてまたあいつが来るんじゃないかと思い、僕を別のキャンプ場へ誘ったそうなのだ…….。

もしあの日、その彼と一緒に百人浜に泊まっていたら、一体どうなっていたのでしょうかね。

関連記事

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

トンネルの女の子

ちょっと書かせてもらう。怖かったんだ。ほんとに怖かったんだ。20数年生きてて心霊現象なんてついぞお目にかかったことがなくてさ。怖い話は好きだけど、そんなの実際にはありえ…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。今は多少綺麗に並んで…

山では不思議なことが起きる

この話を聞いたのはもう30年も前の話。私自身が体験した話ではなく、当時の私の友人から聞いた話。その友人は基本リアリストの合理主義者で、普段はTVの心霊番組や心霊本などは…

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

別荘

人の塊

2年前の話を。この話は一応口止めされている内容のため、具体的な場所などは書けません。具体的な部分は殆ど省くかボカしているので、それでも良いという方だけお読みください。 …

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…