百人浜に現れた男

キャンプ(フリー写真)

北海道の百人浜(襟裳岬近くの百人浜キャンプ場)で聞いた話。

一昨年に北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの方に、今夜は百人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真面目な顔で「やめた方がいい」と言う。

結局、彼と一緒にカムイコタンのキャンプ場へ泊まったのだが、その夜、彼に聞いた話です。

彼がそこに泊まったのは4年程前。9月の平日で、キャンプ場にも人が5~6人くらいしか居なかったそうだ。

その日は早目に食事を済ませ、22時頃には床に就いていた。

うとうとしながら、テントの生地を通して月明かりがよく見えていた事を覚えているそうだ。

そのうち足跡が彼のテントに近付いて来た。そして彼のテントの前でその足音は止まった。

『あれ、誰だろう』と思いながらも、まだ夜も早いし、誰かが散歩でもしているのかと思い気にもしなかったそうだが、そのうちテントの外から声がする。男の声で「すいません」と。

『あれっ』と思いながらファスナーを開けて顔を出すと、年にして25~30歳くらいの男が立っている。

彼が「何?」と聞くと、その男は「人を探しているんですけど」とだけ言い、その彼の顔をじっと見つめていた。

そしてちょっと間を空けてから「すいません、違うみたいです」と言うと、彼のテントに背を向け、とぼとぼと歩いて行った。

彼も変な奴だなと思いながら、テントのファスナーを閉めてまた寝ようとしたところ、変な事に気が付いた。

その日は一日天気は良かったのだが、その男は頭からずっぽりと濡れていたのだ。

髪の毛も濡れていて、まるで海で泳いで来たような感じだったそうだ。

彼は慌ててテントから顔を出し、さっきの男が歩いて行った方向を見てみたが、既に姿は無かった。

『何で濡れてるんだ? 何でこんな時間に人のテントに来て、人を探してるのだ』と思いながら、その日は結局一睡もできなかったそうだ。

そして翌朝6時にテントから起き出して、彼は洗面場の所で昨晩の男が顔を洗いに来るのを待っていた。

しかし、その男は現れなかった。

『ここには泊まっていないのか?』そう思って、他の連中に昨晩の話をしてみた。

すると、その晩彼を除いてライダーが4人泊まっていたのだが、4人のうちの一人を残してみんな知らないと言う。

しかしそのうち一人は「俺の所にも来たよ。天気もいいのにずぶ濡れで、気味が悪いと思ったんだよ」との事。

結局その晩、5人のうち2人だけがずぶ濡れの男に遭遇した訳だ。

その二人には特に共通点は無い。バイクも違うし、テントの色も違う。住所も違う。本当に共通点は無いのだ。

しかし、その話を進めるうちに一つだけ共通点がある事が判った。

彼らは前日の朝に、同じフェリーで小樽に入っていたのだそうだ…..。

僕がその彼と一緒になった時にも、実は同じフェリーで小樽に入っていた。

彼はその事と、僕が百人浜へ泊まろうと言った事で、そのずぶ濡れの男の事を思い出した。

そしてまたあいつが来るんじゃないかと思い、僕を別のキャンプ場へ誘ったそうなのだ…….。

もしあの日、その彼と一緒に百人浜に泊まっていたら、一体どうなっていたのでしょうかね。

関連記事

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

ど田舎の小学校

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。引っ越す前までは気ままに過ごせていたんだけど、引っ越してからはよそ者ということも含めて周囲から浮いてしまい、アウェイな生…

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

怪談ドライブ

もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿に出かけ、その帰り、大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。花火大会の後、会場近くの河原で買い…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。班…

島

無人島の怪異

死んだ祖父さんが法事で酔っ払った時に聞いた話。祖父さんは若い頃、鹿児島で漁師をしていた。ベテラン漁師の船に乗せてもらいながら働いていて、毎日のように漁に出ていた。 …

先輩、お願いしますよ

何年も前の話だけど。ある会社の社員寮に入っていたんだが、夏の終わり、その年の新規採用者のうち4人が海水浴に行き、2人が波に飲まれて死んでしまった。正確に言うと、波に飲ま…

深夜の研究室

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をし…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

箪笥(フリー写真)

形見の箪笥

高校時代の英語教師に聞いた話。解り易い授業と淡々としたユーモアが売りで、あまり生徒と馴れ合う事は無いけれど、なかなか人気のある先生でした。 ※ 昔、奥さんが死んだ時(話の枕…