折詰め

art-1007-5x7-1024x731

近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら店主がいらないと言うんだ。

「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、折詰めを二つくれた。

俺は何と言っていいか分からなかったけど「とても残念です。おみやげ、ありがたく頂戴します。お疲れさまでした」と挨拶して店を出たんだ。

折詰めの中を見たら、餃子やら春巻やら唐揚げやらが、みっしりと詰まってる。ちょっと一人じゃ食べきれないボリューム。

面白い体験だな、得しちゃったな、と楽しくなってさ。帰り道、友人に電話して、経緯を話してから「今、俺んとこに来たら、中華オードブルがたらふく食えるぜ」と誘ったんだよ。

すると、友人は変な事を言うんだ。

「その折詰めの中身、食ったのか?」

「食ってないよ」

「いいか、絶対食うな。それから、絶対アパートに戻るな。そうだな、駅前のコンビニに行け。車で迎えに行ってやるから」

「どういう事が全然わかんないんだけど」

「説明は後だ。人のいるところが安全だ。コンビニに着いたら電話くれ」

とにかく俺はコンビニに向かったよ。で、友人に電話した。

「着いたよ」

「こっちももうすぐ着く。誰かに後を付けられたりしてないか」

「えーと、お前大丈夫か?」

「それはこっちの台詞だな」

それから、友人と連絡が取れなくなった。携帯が繋がらない。

小一時間、コンビニで待ってたけど、友人は現れない。

友人が言った「絶対アパートに戻るな」というのが何故か頭に残ってたから、ネットカフェで朝まで過ごし、始発で実家に帰った。

いまも実家でゴロゴロしてる。

他の友人に尋ねても、そいつとは連絡が取れないそうだ。

そろそろ学校も始まるし、友人の消息も気になる。

折詰めはコンビニのゴミ箱に捨てた。

二度目の投稿

以前、中華屋で折詰めを貰った者です。

9月も中頃を過ぎて、さすがに実家に居づらくなったのでアパートに戻ってみた。

晩飯にコンビニ弁当を食っていると、お隣の人が来たんだ。「ちょっといいかな」って感じで。

「もう、大丈夫なのか」って聞かれたんで、すごくびっくりした。

「え? なんで知ってんの?」

でも、お隣の人が続けた話にもっとびっくりした。

「夜中にガラの悪い男が、あんたの部屋のドアやら壁やらをガンガン蹴ってたんだよ。

借金か何かでヤクザとトラブったのかと思った。しばらくあんたの顔も見なかったし。でも、あんたも戻ってきたんだしね。詮索はしないよ」

帰ろうとするお隣の人を引き止めて聞いた。

「それはいつ頃のことですか」

「八月の終わり頃と、先週くらいかな。先週のは、しつこく蹴ってたから『警察呼ぶぞ』って言ってやったら、すぐ引き上げたみたいだな。……もしかして、知らなかった?」

俺が半笑いな感じで頷いたら、お隣の人は無言で出て行った。

俺も即、部屋を出た。

それから、カプセルホテルとかを転々としてる。実家にまた戻るのが良いんだろうけど、よく分からない災いをもたらしそうで、正直怖い。

とにかく、消息不明の友人に話を聞くのが解決の近道と、学校の知人と連絡を取り合ってるが、いまだ音信不通。

どうしよう。

三度目の投稿

すいません。以前、中華屋で折り詰めを貰った者です。

消息不明の知人が、自殺していたことが判明しました。

俺は学校を辞めました。

アパートも引き払いました。

多分、これで終わりになるでしょう。

本当の最後として。

俺が消息不明の友人と何とか連絡を取ろうとしていた時、頼りにしていた奴がいた。

そいつは、友人と古くからの付き合いで、そいつならば、友人の居場所の見当もつくんじゃないか、俺はそう思ってた。

アパートから二度目の逃亡で、カプセルホテルに滞在中、そいつから携帯に電話があった。

お前に嘘をついていたことを、まずは謝る。

実は、俺はお前から友人のことを問われた時には、友人が自殺したことを知っていた。車庫で首を吊っていたそうだ。

通夜の晩、俺は親御さんから呼ばれて、別室で話をした。

親御さんは、自殺する理由がどうしても解らないと仰る。俺も『まったく思い当たることがない』と答えた。

すると親御さんは携帯電話を俺に見せた。友人の携帯電話だ。

握りしめたまま息絶えていたそうだ。

遺書らしきものなかった。もしかすると、この携帯になにかメッセージがあるのでないか。

そう親御さんは考えて、俺に確認してくれと仰った。

俺はちょっと奇妙な感じがしたが、親御さんに機能と操作を説明しつつ、中を見た。

録音もなし、メモもなし。

次に発信履歴を見た。そこには、○○○という名前がずらっと並んでいた。全部不在だった。

友人は、多分、自殺する直前まで○○○に電話を掛け続けていたんだろう。履歴のページがその名前で埋め尽くすまで。

さらに、着信履歴を見た。

お前の名前があった。

俺は正直に、親御さんに説明した。

お前から友人に電話があり、しばらく会話した後、友人は○○○に電話を何度も掛けたが繋がらなかった。

そして、友人は間違いを犯した。その後、お前が友人に何度か電話を掛けた。とね。

親御さんに、お前のことと、○○○について聞かれた。俺は知っていることを全部教えた。

○○○は何のことか分からなかったから『分からない』とだけ答えた…

コンビニで待ちぼうけをくったあの晩に、既に友人は自殺していたんだ。

○○○といえば、あの中華屋の店の名前。

そいつの話はまだ続いたが、もうどうでもよくなった。

ただ、この街にいるのは良くない。災いがやってくる。

だから、逃げることにしたんだ。

さようなら。

関連記事

おにいさん祭り

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かった頃なので遊び場には事欠かなかった。家の近くに大きな空き地があって、毎年盆踊りをそこでやっていたのを覚えてる。 その空き地が潰されて大きな工場…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。 その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。 そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。 今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。 …

肋骨を掴む手

最寄の駅からおいらの会社まで自転車で通っていたことがある。 その日は仕事が結構早めに終わり、少しずつ暗くなる路地裏を自転車で家路を急いでいた。 蒼い宵闇が降りてくる。境界線…

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。 帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。 しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。 少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。 2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

ホテル(フリー素材)

記憶の中の友人

結婚式の衣装合わせで、某有名ホテルに行った時の事。 ロビーで偶然、中学時代の同級生に会った。 昔は凄く痩せていて病弱で、暗い女の子という印象だったが、今ではふっくらと普通の…

放射能記号(フリー素材)

原発並み

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 当時、女友達Bの元彼氏(E)に聞いた小話を思い出したので投下します。 ※ 以下はこれ…

田舎の景色(フリー写真)

よくないもの

自分、霊感ゼロ。霊体験も経験無し。 だから怖い怖いと言いながら、洒落怖を見てしまうのさね。 何年か前、当時大学生だった親友Aから奇妙な頼まれ事があった。 そう…ちょう…