廃屋の歯の謎

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

廃墟

高校生の頃の話です。実家で犬を飼っていました。弟が拾ってきた雑種犬です。

その犬を2年ほど飼っていると、家族の一員のように感じるようになり、私も時々散歩に連れていました。

ある休日の朝、早く目覚めた私は、犬を散歩に連れ出しました。

当時気になっていた女の子の近くまで行くため、いつもとは違う道を散歩していました。

犬は途中で戸惑いながらも、ある場所で動かなくなりました。耳を立てて周囲を警戒しているようでした。

犬が取り壊し中の家の方へ歩き始め、そこで吠え出しました。まるで空中に何かがあるかのように。

犬が家の中へ歩いていくので、私もついて行きました。

半壊した家の中で、犬は瓦礫の隙間を嗅ぎ始めました。そこには小さな箱がありました。

好奇心から、箱を開けてみると、中には人間の歯がたくさん入っていました。

白い小石のように見えたそれらは、実際には人間の歯だったのです。

箱には何百個もの歯が詰められていました。私は驚いてすぐに蓋を閉め、元の場所に戻しました。

犬は私が驚いている様子を見て、何か嬉しそうに吠えていました。

その後、私はその地域の古い歴史を調べました。

調査の結果、かつてその地域で行われていた古い儀式についての情報を見つけました。

その儀式では、人々の歯を集めて、ある種の祈りを行っていたと記されていました。

私が見つけた歯の箱は、もしかするとその儀式の名残りだったのかもしれません。

廃屋の歯の謎は、その土地の古い伝統と関係がある可能性があるのです。

関連記事

椅子(フリー写真)

三頭身

小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程経ち、地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役を任せていた嫁が事故死した。 それからは仕事に…

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。 一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。 その二人(AとBにします)曰く、そのフ…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。 宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。 大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。 「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。 有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。 山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。 僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。 「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。 それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。 よ…

暗い部屋(フリー写真)

姉の霊

それは私がまだ中学生の時でした。 当時美術部だった私は、写生会に行った時に、顧問の若い女の先生と話をしていました。 その頃は霊が見えなかった私は、他人の心霊体験に興味津々で…

田舎の田園風景(フリー写真)

ノウケン様

ついこの間までお盆の行事だと思い込んでいた実家の風習を書いてみる。 実家と言うか、正確には母方祖母の実家の風習だけど。 母方祖母の田舎は山奥で、大昔は水不足で苦労した土地…