黒い塊

公開日: 笑える怪談

pg_woman3

これは、二十歳になったばかりの男子学生の経験した話である。

その学生が住んでるアパートは、築35年くらいの木造で、駅からも結構距離がある。

トイレは共同だし風呂もついてないが、田舎ということもあって、とにかく家賃が安かった。

もともとアパートには “出る” という噂があったが、学生には霊感がなかったので、特に気にしていなかった。

しかし、そこで学生が暮らし始めて1年ほど経ったころから、奇妙なことが起こり始めた。

ある日、流し台の排水管に何かが詰まって、水が流れなくなってしまったのだ。

それだけなら別に何でもないことで、学生は生ゴミか何かだろうと思って、掃除したのだった。

詰まっていたのはヌルヌルの黒い塊で、なんとそれは多量の髪の毛。

少し気味悪がった学生は、塩だけ撒いてそのままにしておいた。

その後も配水管が詰まって、中から髪の毛が出てくるという現象が何度か続いた。

3ヶ月のうちに5回もそんなことがあると、さすがに気持ちが悪い。

学生は、同じ学校にそっち方面に詳しい友人がいたため、その人に視てもらうことにした。

小さい部屋なので霊視はすぐ終了したが、友人はちょっと浮かない顔をしている。

学生は、今までの生活状態を話して、何とか原因を突き止めてもらおうとした。

友人は、

「…多分、お前の家系的な問題だと思う…」

と、すごく言いにくそうに、意味深なことを言った。

学生がいくら問い詰めてみても、友人は何も話してくれなかったが、去り際に1枚のメモを渡してきた。

「俺がしてやれるのはコレくらいだから」

そう言うと、友人は逃げるように帰って行った。

自分はその手渡されたメモを見て、全てを悟ってしまったのだ。そのメモには、友達の筆跡でこう書かれていた。

『0120-00-9696』

地獄のバス

小学校の修学旅行でのことだった。我々は一路目的地を目指してバスに乗り込んだ。席も隣同士だった。少しテンションの高すぎる彼に閉口しながらも、バスの旅は快調に進んで行った……

睡魔

手術を受ける事になり入院。その手術の前日、深夜。私は病室の一番端のベットで寝ていたが、何か異様な気配を感じて目を開けた。ベッドと壁の間からわらわらと何本もの手がのびてき…

ビルの隙間(フリー写真)

隙間さん

小学生の時、俺の住んでいた町ではある噂が実しやかに囁かれていた。それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと、その暗闇から細長い腕が伸びてきて引き摺り込ま…

捕まった口裂け女

1979年6月21日午前3時頃、「兵庫県姫路市野里の路上に、腰まで垂れる長い髪で、真っ赤な口が耳元まで裂け、白い長襦袢をまとって出刃包丁を持った女がいる」と姫路署にタクシー運転手から1…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

リン!リリン!

どこに書けばいいのか分からないけど、私的にオカルトかつ不可解だったのでここに。大学に入ったお兄ちゃんが部屋の中で「リン!リリン!」と叫んでいることがあったんですよ。壁越しに丸聞…

もっさ

学生の頃、金縛りにあった。当時は珍しくもなかったので、またかー眠いのにーなんて暢気に考えてた。瞼も開けられないまま、真っ暗な部屋の中でじっと金縛りが解けるのを待ってた。…

アイヤー!ホイヤー!

中学生の頃、良く家に遊びに来てた友達の口癖が「アイヤー!ホイヤー!」だったんだけど。ある日、いつものようにそいつが家に遊びに来てたわけ。アイヤーホイヤー言いながら(笑)…

やんちゃな爺ちゃん

数年前、爺ちゃんが死んだ。で、いざ墓を立てようとしたら、しゃれにならないくらいたくさんの手続きをしなくちゃならなかった。しかも、その手続きの日には必ずどしゃ降りの雨。墓が立った…

犬に呪われたら

お前ら犬に呪われたら本気でヤバイぞ。マジで注意しろ。俺もいろいろ調べてはいるんだが、どうも要領を得ない。呪いに詳しいやつがいたら助言がほしい。もともと家には俺が生まれる…