黒い塊

公開日: 笑える怪談

pg_woman3

これは、二十歳になったばかりの男子学生の経験した話である。

その学生が住んでるアパートは、築35年くらいの木造で、駅からも結構距離がある。

トイレは共同だし風呂もついてないが、田舎ということもあって、とにかく家賃が安かった。

もともとアパートには “出る” という噂があったが、学生には霊感がなかったので、特に気にしていなかった。

しかし、そこで学生が暮らし始めて1年ほど経ったころから、奇妙なことが起こり始めた。

ある日、流し台の排水管に何かが詰まって、水が流れなくなってしまったのだ。

それだけなら別に何でもないことで、学生は生ゴミか何かだろうと思って、掃除したのだった。

詰まっていたのはヌルヌルの黒い塊で、なんとそれは多量の髪の毛。

少し気味悪がった学生は、塩だけ撒いてそのままにしておいた。

その後も配水管が詰まって、中から髪の毛が出てくるという現象が何度か続いた。

3ヶ月のうちに5回もそんなことがあると、さすがに気持ちが悪い。

学生は、同じ学校にそっち方面に詳しい友人がいたため、その人に視てもらうことにした。

小さい部屋なので霊視はすぐ終了したが、友人はちょっと浮かない顔をしている。

学生は、今までの生活状態を話して、何とか原因を突き止めてもらおうとした。

友人は、

「…多分、お前の家系的な問題だと思う…」

と、すごく言いにくそうに、意味深なことを言った。

学生がいくら問い詰めてみても、友人は何も話してくれなかったが、去り際に1枚のメモを渡してきた。

「俺がしてやれるのはコレくらいだから」

そう言うと、友人は逃げるように帰って行った。

自分はその手渡されたメモを見て、全てを悟ってしまったのだ。そのメモには、友達の筆跡でこう書かれていた。

『0120-00-9696』

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。 それには訳がある。 仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。 その日、俺は難しい打ち合…

リン!リリン!

どこに書けばいいのか分からないけど、私的にオカルトかつ不可解だったのでここに。 大学に入ったお兄ちゃんが部屋の中で「リン!リリン!」と叫んでいることがあったんですよ。壁越しに丸聞…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。 何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってい…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。 昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。 おばあちゃん、四歳の…

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね? この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。 整形ではない。何故なら…

日本酒(フリー写真)

クジ引き

この前、近所の商店街のイベントでクジを引いた。 買い物をすると貰えるクジ引き券を数枚集めて引くあれだ。 『三等のスポーツ自転車が欲しいな~』なんて考えながら箱に手を入れて…

人形の説教

一人暮らしの兄貴の部屋に、明らかに場違いな人形がぽつんと置いてある。 「何これ?」と聞いたら、元カノに連れられて入った店で目が合ったから買ったらしい。 色々突っ込みたかった…

睡魔

手術を受ける事になり入院。 その手術の前日、深夜。 私は病室の一番端のベットで寝ていたが、何か異様な気配を感じて目を開けた。ベッドと壁の間からわらわらと何本もの手がのびてき…

すごく地味な

中学生の頃、家が近いのでいつも学校から一緒に帰る友達がいた。 ちなみに自分女、友達はユキといって、幼馴染の女の子。 中学から家までは、大体歩いて30分ぐらいの距離だった。 …