黒い塊

公開日: 笑える怪談

pg_woman3

これは、二十歳になったばかりの男子学生の経験した話である。

その学生が住んでるアパートは、築35年くらいの木造で、駅からも結構距離がある。

トイレは共同だし風呂もついてないが、田舎ということもあって、とにかく家賃が安かった。

もともとアパートには “出る” という噂があったが、学生には霊感がなかったので、特に気にしていなかった。

しかし、そこで学生が暮らし始めて1年ほど経ったころから、奇妙なことが起こり始めた。

ある日、流し台の排水管に何かが詰まって、水が流れなくなってしまったのだ。

それだけなら別に何でもないことで、学生は生ゴミか何かだろうと思って、掃除したのだった。

詰まっていたのはヌルヌルの黒い塊で、なんとそれは多量の髪の毛。

少し気味悪がった学生は、塩だけ撒いてそのままにしておいた。

その後も配水管が詰まって、中から髪の毛が出てくるという現象が何度か続いた。

3ヶ月のうちに5回もそんなことがあると、さすがに気持ちが悪い。

学生は、同じ学校にそっち方面に詳しい友人がいたため、その人に視てもらうことにした。

小さい部屋なので霊視はすぐ終了したが、友人はちょっと浮かない顔をしている。

学生は、今までの生活状態を話して、何とか原因を突き止めてもらおうとした。

友人は、

「…多分、お前の家系的な問題だと思う…」

と、すごく言いにくそうに、意味深なことを言った。

学生がいくら問い詰めてみても、友人は何も話してくれなかったが、去り際に1枚のメモを渡してきた。

「俺がしてやれるのはコレくらいだから」

そう言うと、友人は逃げるように帰って行った。

自分はその手渡されたメモを見て、全てを悟ってしまったのだ。そのメモには、友達の筆跡でこう書かれていた。

『0120-00-9696』

先輩、お願いしますよ

何年も前の話だけど。 ある会社の社員寮に入っていたんだが、夏の終わり、その年の新規採用者のうち4人が海水浴に行き、2人が波に飲まれて死んでしまった。 正確に言うと、波に飲ま…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。 じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。 「若いの、女はまだ出来んのか?」 「うるさ…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。 中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。 それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね? この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。 整形ではない。何故なら…

嫌な感じがする場所

これは俺が大学の頃の話なんだが、お前らさ、行っちゃいけない場所って分かる? 誰かに行っちゃいけないって言われた訳でもないんだけど、本能的というか感覚的に行きたくないって思ってしま…

見えない恋人

大学生時代、同じゼミにAと言う男がいました。 Aはあまり口数の多い方ではなく、ゼミに出席しても周りとは必要なこと以外はあまり話さず、学内にも特に親しい友人はいない様子でした。 …

黒い人影

家に黒い人影のようなヤツが、どっかで拾ってきてしまったのか住み着いてしまった。 積み上げたものは倒すわ、ハンガーにかけてる洋服を落とすわ、勝手にトイレの扉あけたりとイタズラばっか…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。 コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。 それまでは普通に入ることの出来て…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

アイヤー!ホイヤー!

中学生の頃、良く家に遊びに来てた友達の口癖が「アイヤー!ホイヤー!」だったんだけど。 ある日、いつものようにそいつが家に遊びに来てたわけ。アイヤーホイヤー言いながら(笑) …