黒い塊

公開日: 笑える怪談

pg_woman3

これは、二十歳になったばかりの男子学生の経験した話である。

その学生が住んでるアパートは、築35年くらいの木造で、駅からも結構距離がある。

トイレは共同だし風呂もついてないが、田舎ということもあって、とにかく家賃が安かった。

もともとアパートには “出る” という噂があったが、学生には霊感がなかったので、特に気にしていなかった。

しかし、そこで学生が暮らし始めて1年ほど経ったころから、奇妙なことが起こり始めた。

ある日、流し台の排水管に何かが詰まって、水が流れなくなってしまったのだ。

それだけなら別に何でもないことで、学生は生ゴミか何かだろうと思って、掃除したのだった。

詰まっていたのはヌルヌルの黒い塊で、なんとそれは多量の髪の毛。

少し気味悪がった学生は、塩だけ撒いてそのままにしておいた。

その後も配水管が詰まって、中から髪の毛が出てくるという現象が何度か続いた。

3ヶ月のうちに5回もそんなことがあると、さすがに気持ちが悪い。

学生は、同じ学校にそっち方面に詳しい友人がいたため、その人に視てもらうことにした。

小さい部屋なので霊視はすぐ終了したが、友人はちょっと浮かない顔をしている。

学生は、今までの生活状態を話して、何とか原因を突き止めてもらおうとした。

友人は、

「…多分、お前の家系的な問題だと思う…」

と、すごく言いにくそうに、意味深なことを言った。

学生がいくら問い詰めてみても、友人は何も話してくれなかったが、去り際に1枚のメモを渡してきた。

「俺がしてやれるのはコレくらいだから」

そう言うと、友人は逃げるように帰って行った。

自分はその手渡されたメモを見て、全てを悟ってしまったのだ。そのメモには、友達の筆跡でこう書かれていた。

『0120-00-9696』

関連記事

捕まった口裂け女

1979年6月21日午前3時頃、「兵庫県姫路市野里の路上に、腰まで垂れる長い髪で、真っ赤な口が耳元まで裂け、白い長襦袢をまとって出刃包丁を持った女がいる」と姫路署にタクシー運転手から1…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

おじいちゃん(フリーイラスト)

夢枕の爺ちゃん

俺の爺ちゃんの話。爺ちゃんは入院中に二度も危篤状態になり、いつ逝ってもおかしくない状態だった。二度目の危篤から生還した時に爺ちゃんに聞いたら、「ここで死んでなる…

嫌な感じがする場所

これは俺が大学の頃の話なんだが、お前らさ、行っちゃいけない場所って分かる?誰かに行っちゃいけないって言われた訳でもないんだけど、本能的というか感覚的に行きたくないって思ってしま…

くる!

ウチの叔母さんはちょっと頭おかしい人でね。まあ、一言で言うと「時々昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ」って台詞を親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。2年くらい前から「離婚…

学生寮の部屋(フリー写真)

除霊するオッサン

一年ほど前に起きたこと。俺の学校は全寮制なんだけどさ、寮の一番端の部屋でよく幽霊騒ぎがあったんだよね。俺は反対側の端っこの部屋だから、そこの部屋に行く機会は無く、直接見…

ビルの隙間(フリー写真)

隙間さん

小学生の時、俺の住んでいた町ではある噂が実しやかに囁かれていた。それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと、その暗闇から細長い腕が伸びてきて引き摺り込ま…

犬に呪われたら

お前ら犬に呪われたら本気でヤバイぞ。マジで注意しろ。俺もいろいろ調べてはいるんだが、どうも要領を得ない。呪いに詳しいやつがいたら助言がほしい。もともと家には俺が生まれる…

まりも

今の部屋に引っ越してきてすぐのこと。夜ふと目を覚ますと、目の前に黒くて丸いものが2つ浮かんでぼうっと光っている。オカルト体験がほとんどない俺は動揺し、布団を被ってガタガタ震えた…

睡魔

手術を受ける事になり入院。その手術の前日、深夜。私は病室の一番端のベットで寝ていたが、何か異様な気配を感じて目を開けた。ベッドと壁の間からわらわらと何本もの手がのびてき…