子供にしか見えない

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

il_fullxfull.339873873

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。

友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげていたそうです。

友人が言うには、その子は少し変わった所があるようでした。

初めて歩く場所で「ここは行きたくない」と歩道橋の前に座り込み、意地でも動かない事がありました。

根負けした友人は、仕方なく遠回りして横断歩道へ向かいましたが、その時に何気に歩道橋を見るとお花とビールが添えてあったり、前を走っている自転車に向かっていきなり指をさし「あっ!」と叫んだかと思うと、その自転車が転んだり。

友人はその子の不思議な何かに気がついてはいましたが、本人があまり意識をしないようにあえてその話には触れずに、幼稚園の友達の事や、毎日の出来事などを話しながら楽しい散歩を心掛けていたそうです。

そして問題の日。いつものように公園に遊びに行き、友人は公園のベンチに腰をかけ、タバコをふかしながら息子がジャングルジムや滑り台で遊ぶのをぼんやりと見ていました。

すると、そこに見かけない男性がやってきて友人の隣に腰を掛けました。特に何を話すわけでもなく、軽く会釈をしただけで2人は黙って座っていました。

ふと息子を見ると、息子は滑り台の上でじぃっとこちらを見ていました。さっきまでは夢中になって走り回っていたのに、食い入るように2人が座るベンチの方を見ているのです。

『なんだろ…?』友人はそう思いましたが、別段気にも留めずに時計を見ると、夕食にちょうど良い時間になっていたので、友人は手を振って子供を呼んだそうです。

しかし、息子は首を横に振ってこちらに来ようとしません。

『ん? またか…。今度はなんだろう…。まさかこの男性がお化け? そんな訳はないよな、霊感のまったく無い俺にもはっきり見えるんだし』

友人はそう思いつつも、その男性が本当にお化けじゃないかを確かめるために、さりげなく、しかしハッキリと確認したそうです。

『足はついてるな…。実体感もあるし。…気のせいか』

結局息子はこちらに来ないので、滑り台の所まで迎えに行き手を差し伸べたそうです。

「帰るよ」そう言いながら息子の手を取ったのですが、氷のように冷たくなっていた息子の手に、友人は一瞬ギクリとしたそうです。

公園の出口で振り返った時には、その男性の姿はなかったそうです。

息子と手を繋いだまま帰り道に向かっていると、その小さな手にギュっと力が加わったので友人はなんとなしに周囲を確認しました。

すると、前方の公園の角から先ほどの男性が歩いて来ます。道に迷ったようでキョロキョロと周りを見回していました。

そしてこちらに気が付くと、まっすぐこちらに歩いてきました。友人が軽く会釈をして通り過ぎようとしたところ、

「○○○駅はどちらの方向ですか?」

と話し掛けてきたので、行き方を教えてあげるとその男性は礼も言わずに走って行ったそうです。

その男性が現われてから、息子が力いっぱい手を握っていたのを友人は知っていました。

男性が去った後に気づいたそうですが、手は汗でびっしょりで、小刻みに震えていたそうです。

そしてその男性の姿が完全に見えなくなった時に、息子が言ったそうです。

「…ねぇパパ…。さっきのおじさん、どうして血だらけのおばさんと一緒なの?」

翌日の朝刊で、その男性が指名手配された殺人犯と知ったそうです。

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

手(フリー写真)

死者の夢

俺の友人Aは、小さい頃から長い休みになると毎回父方の田舎に一人で帰省していた。Aが中学2年生の時、数日前から体調を崩して寝込んでいた爺ちゃんが、Aと叔母さん(A父の姉)にこん…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

灯篭流し(フリー写真)

灯籠流し

小学生の頃、よくH瀬村と言う山奥にある村に遊びに行っていました。毎年夏になると、写真好きの父に連れられて村を訪れ、村外れにある川で泳ぐのを楽しみにしていました。私が小…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

千仏供養(長編)

大学一回生の春。僕は思いもよらないアウトドアな日々を送っていた。それは僕を連れ回した人が、家でじっとしてられない性質だったからに他ならない。中でも特に山にはよく入った。うんざり…

幽霊船

これは、もう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。曾祖父が亡くなる数ヶ月前、どうしたことか、親戚を集めて色々な話を聞かせてくれたのです。私の実家は鹿児島県のとある離島なんで…

夜桜(フリー写真)

桜の精

うちのおかんの話。当時おかんは6人兄弟(男3人、女3人)の長男の嫁として嫁いで来た。長男の弟妹はまだみんな学生で、謂わば小姑的存在。かなりの貧乏で、姑とお舅との…