子供にしか見えない

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

il_fullxfull.339873873

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。

友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげていたそうです。

友人が言うには、その子は少し変わった所があるようでした。

初めて歩く場所で「ここは行きたくない」と歩道橋の前に座り込み、意地でも動かない事がありました。

根負けした友人は、仕方なく遠回りして横断歩道へ向かいましたが、その時に何気に歩道橋を見るとお花とビールが添えてあったり、前を走っている自転車に向かっていきなり指をさし「あっ!」と叫んだかと思うと、その自転車が転んだり。

友人はその子の不思議な何かに気がついてはいましたが、本人があまり意識をしないようにあえてその話には触れずに、幼稚園の友達の事や、毎日の出来事などを話しながら楽しい散歩を心掛けていたそうです。

そして問題の日。いつものように公園に遊びに行き、友人は公園のベンチに腰をかけ、タバコをふかしながら息子がジャングルジムや滑り台で遊ぶのをぼんやりと見ていました。

すると、そこに見かけない男性がやってきて友人の隣に腰を掛けました。特に何を話すわけでもなく、軽く会釈をしただけで2人は黙って座っていました。

ふと息子を見ると、息子は滑り台の上でじぃっとこちらを見ていました。さっきまでは夢中になって走り回っていたのに、食い入るように2人が座るベンチの方を見ているのです。

『なんだろ…?』友人はそう思いましたが、別段気にも留めずに時計を見ると、夕食にちょうど良い時間になっていたので、友人は手を振って子供を呼んだそうです。

しかし、息子は首を横に振ってこちらに来ようとしません。

『ん? またか…。今度はなんだろう…。まさかこの男性がお化け? そんな訳はないよな、霊感のまったく無い俺にもはっきり見えるんだし』

友人はそう思いつつも、その男性が本当にお化けじゃないかを確かめるために、さりげなく、しかしハッキリと確認したそうです。

『足はついてるな…。実体感もあるし。…気のせいか』

結局息子はこちらに来ないので、滑り台の所まで迎えに行き手を差し伸べたそうです。

「帰るよ」そう言いながら息子の手を取ったのですが、氷のように冷たくなっていた息子の手に、友人は一瞬ギクリとしたそうです。

公園の出口で振り返った時には、その男性の姿はなかったそうです。

息子と手を繋いだまま帰り道に向かっていると、その小さな手にギュっと力が加わったので友人はなんとなしに周囲を確認しました。

すると、前方の公園の角から先ほどの男性が歩いて来ます。道に迷ったようでキョロキョロと周りを見回していました。

そしてこちらに気が付くと、まっすぐこちらに歩いてきました。友人が軽く会釈をして通り過ぎようとしたところ、

「○○○駅はどちらの方向ですか?」

と話し掛けてきたので、行き方を教えてあげるとその男性は礼も言わずに走って行ったそうです。

その男性が現われてから、息子が力いっぱい手を握っていたのを友人は知っていました。

男性が去った後に気づいたそうですが、手は汗でびっしょりで、小刻みに震えていたそうです。

そしてその男性の姿が完全に見えなくなった時に、息子が言ったそうです。

「…ねぇパパ…。さっきのおじさん、どうして血だらけのおばさんと一緒なの?」

翌日の朝刊で、その男性が指名手配された殺人犯と知ったそうです。

関連記事

未来の自分から

今から20年くらい前の出来事。 一人っ子だった俺は、幼稚園から帰ってくるとファミコンをするか家の目の前の公園で一人で遊ぶのが日課だった。 最初はどんな出会いだったかは憶えて…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。 その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。 山一つと言っても、子…

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。 彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…

抽象模様(フリー素材)

魑魅魍魎

今から2年くらい前の夏。 会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。 その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。 …

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。 便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。 残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

後悔の念

俺は過去に二度、女の子を中絶させたことがある。一度目は完全に避妊ミス。17歳の若かりしころ。 二度目は、23歳の時。 2年程付き合った彼女なんだけど、俺は結婚を意識してた。…

深夜の研究室

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。 卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をし…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。 日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。 ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。 あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。 ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…