山に住む神様

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

山

学生時代、週末に一人でキャンプを楽しむことがありました。

金曜日から日曜日にかけて、山や野原で寝泊まりするだけの単純なキャンプです。友達のいない私は、寂しさを自然の中に紛れ込ませて過ごしていました。

その日は岐阜方面へ向かっていましたが、地図も持たず、どこへ行くのかもはっきりしないまま野営に適した山を見つけて一泊することにしました。

夕食を済ませ、ヤングジャンプを読みながら夜中を過ごしていたところ、突然テントのチャックが開きました。

「何だ、管理人か?それとも通報されたのか?」と、驚いて立ち上がると、そこに立っていたのは普通のお爺さんでした。

彼は中を覗き込んで、

「もし、旅かな?」

と聞きました。

私は驚きと恐怖で返事もできず、頭だけコクコクと頷きました。その後、お爺さんは静かに去って行きました。

山奥の民家まで1キロメートルも離れた場所に人がいるとは思ってもいませんでした。最初は幽霊かと思いましたが、どう見ても人間でした。

むしろ変質者や泥棒のように感じ、寝ることもできずにいました。「どうしよう…」と悩んでいると、再びチャックが開き、中年のおっさんが入ってきました。

彼もまた、

「もし、旅かな?」

と聞いてきました。頷くと、またどこかへ去って行きました。

この状況に不安を感じ、「ここは危険だ」と思い、テントを撤収する決意をしました。しかし、外は月明かりもない暗闇で、変質者が二人もうろついているのです。

「包丁で刺されるかもしれない…」と恐怖にかられながらも、30分ほど悩んだ末にテントを出ることにしました。護身用にマグライトを手に持ち、恐る恐る外に出ると誰もいませんでした。

「今のうちに」と猛スピードでテントの片付けを始めました。その時、二人が再び近づいて来たのです。

心臓がバクバクしながらテントを片付けていると、

「帰るのかい?まだ夜なのに」

と声を掛けられました。

「ええ、まあ、急用を思い出しまして」と答えつつも、荷物をバイクに括り付け、ライトを向けた時、光が何か変だと気づきました。途中で途切れているのです。

「何だこれ」と後ろを見た瞬間、全長4メートルくらいの黒い衣を纏った存在が、屈んでおっさんと爺さんを動かしているのが見えました。その顔の垂れみたいなものの奥に、光る目があり、口をモゴモゴさせて喋っていました。

恐怖で短い命だと思いながらも、バイクに飛び乗り、その場を逃げました。麓の神社に辿り着き、迷惑にならない場所にテントを張って一夜を過ごしました。

翌朝、騒がしい音で目を覚ました。ちょうどテントのチャックが開くところを見てしまい、追いかけられているのかと絶望的な気分になりましたが、そこにいたのは神主さんでした。

「ここにテントを張るな」と怒鳴っていました。

私は、かくかくしかじかと事情を説明しました。

「それはあそこの山の神様だから、どうにもできないよ。良かったね、神様に会えて。僕は見たことないけど、たまに見たっていう人もいるんだよね」と言われました。その口調には何とも言えないイラッとするものがありました。

「害はないらしいから、そのまま帰ってきた」と神主さんは言いました。

害がないとかいう問題ではありません。あんなものを野放しにするのは許せません。あの神様の存在は、どう考えても異常です。

関連記事

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。 当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。 皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。 実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。 その日は遊べる友達が居なかったので…

田舎の風景

消えた時間

小さいころ、私は人と異なる一面を持っていました。 言葉や文字に対する理解は普通だったものの、人とのコミュニケーションに大きなギャップがありました。 目を合わせることはせず…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。 私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。 曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。 普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

前世記憶がある俺の話

まず、前世の記憶と言ってもしっかりとはしていない。 生まれた時から記憶が全てあるとか、そういうものではないという事は前提で聞いて欲しい。 ※ 始まりは小学校だった。その頃から…

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。 こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。 家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートして行く。 とても悲しかった…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。 本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

葛飾北斎(フリー浮世絵素材)

カゴカキ

昔から続く怪異。 愛知県○○市。その昔、少なくとも200年以上前の話。 岡崎城の城下町は、天下を二分するほど賑わっていたらしく、駕籠を担いで人を運ぶ『カゴカキ』と呼ばれる人…

夜の自動販売機(フリー写真)

売り切れの自動販売機

ある夏の深夜、友人と二人でドライブをした。 いつもの海沿いの国道を流していると、新しく出来たバイパスを発見。 それは山道で、新しく建設される造成地へと続くらしかった。 …