忌箱(長編)

kandajinjya

これは高校3年の時の話。

俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。

そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3人くらいで集まって煙草を吸ったり酒飲んだり、たまにギター持って歌ったりしてた。

その廃神社は人が全く来ないし、民家や商店がある場所からは結構離れていたから、高校生の俺達にはもってこいの溜まり場だった。

ある日学校が終わって、まあその日も自然と廃神社に溜るかみたいな流れで、俺と他の3人の計4人で自転車で廃神社に行ったんだ。時間は4時過ぎくらい。そこで煙草吸ったりジュース飲んでたりしてた。

11月頃で、ちょっと寒いなあなんて言いながらくだらない話に花を咲かせて溜ってたんだよね。そしたら「ザッザッザッザッ」って神社の入り口から足音が聞こえてきたんだ。

最初は他の連れが溜まりに来たのかなあと思ってたんだけど、神社の境内に入ってきたのは、70代位のおばあさんだった。俺を含めた4人とも会話がピタッと止まってね。

その廃神社に溜まり始めたのが高校1年の頃からで、約2年間溜まり場にしてたけど、これまで一度も人が来た事がなかったんでビックリしたというか、人が来る事自体が意外だったんだよね。

俺たちは神社内の端側にある段差のある場所に溜まってたんで、おばあさんは俺たちの存在に気づいてない。

俺や俺以外の連れも、なんとなくバレたらいけない気がしてたのか、みんな黙ったままジッとおばあさんを見てた。

おばあさんは神社の賽銭箱(賽銭箱には落ち葉やゴミしかないのは2年前にリーサチ済みです)の前に立って拝んでた。拝んでた時に聞き慣れない言葉で何かを呟いてた。

1分くらい拝んだ後、賽銭箱の後ろの方に、片手に持っていた鞄を置いて帰っていった。

「お〜ビックリした!」

「まさか人が来るとは(笑)」

「ちょっと怖かった~」

とか話してたんだけど、当然気になるのは、おばあさんが放置した鞄。俺はなんとなく嫌な予感がしてたんだけど、連れのAが賽銭箱のところまで走って鞄を持ってきた。

「札束が入ってたりして(笑)」とか言ってるんだけど、俺はわざわざ神社に置き去ったものだからロクでもないモンなんだろうなあと思って「そんなもんあそこに置いとけよお~」とか言ったんだけど、他の3人は興味津々。

仕方なくA達が鞄を開けるのを見てた。

「なんだコレ」と言うBの手には古新聞。相当古そうなのは新聞の黄ばみ方で分かった。記事はよく覚えてないけど「なんたら座礁」「○○が逮捕」みたいな文字が書いてあったのは覚えてる。

新聞の日付は1972年って書いてあった。

「なんで24年前の新聞が…」ってみんな不思議がってた。

Cもちょっと気持ち悪くなったのか「やめとくか?」と言い始めたんだけど、AとBは更にガサゴソと鞄を物色しはじめた。

今度は財布。Aは「おお、金入ってたら○○ストアで酒買って宴会するか(笑)」と言いながら財布を開けた。

見た事もない札が一枚(昔のお札じゃなくて外国の札のようなもの)とお守りとレシートと紙切れが入ってた。

AとBはすぐに興味をなくして「なんだよ~金入ってねぇよ」と言ったんだけど、俺は中身に興味があったんでCと一緒に見てみた。

お札は多分中国か韓国のかなり昔の札。レシートはボロボロでよく読めない。お守りには梵字みたいな、多分梵字ではないけど、中国語か韓国語で書かれたお守りかなあって感じの物。

俺とCが財布をくまなく調べてると、Aが中から小さな木製の箱を取り出した。

「なんだよコレ!お宝っぽくないか!?」と言ってAは開けようとするんだけど開かない。

俺は「やめとけよ。どうせロクなもん入ってないって」って止めて、Cも「気持ち悪くなってきた…」って言うのに、AとBは必死に開けようとしてる。

最初はこいつら馬鹿だなあ(笑)って思ってたんだけど、AとBはその箱を地面に叩きつけたり、二人が引っ張り合いをし始めたりして、開けようとする行為がだんだん激しくなり始めた。

「ちくしょおお!開けよコノヤロ~」

「なんで開かないんだよおおお!」

AとBはそう叫びながら必死に木箱を開けようとしてるんだけど、その姿が尋常じゃないって感じになってきて、俺もCも唖然として見てた。力づくで止めさせようとも思えないくらい、目が血走ってて必死なんだよ。

「お、落ち着けよ」と言ったんだけどAとBには、俺やCの存在すら目に入ってないみたいな感じで、木箱をガンガン地面に叩きつけたり踏んづけたり、引っ張り合いしてる。

ヤバイなコレと思ってさすがに止めに入ったんだけど、Aはガグガッと口からわけのわかんない声というか音を出して俺を突き飛ばした。

俺とCだけじゃどうしようもないから他の連れを呼ぼうにも、当時まだ誰も携帯電話を持ってなかったから、誰かを呼ぶにもその場を立ち去らないといけない。

俺もCも一人になりたくないけど、仕方ないからCとジャンケンして俺が勝って、俺が他の連れ達を呼んで来る事になった。

もう5時過ぎくらいで、少しずつ夕陽が落ちかけて暗くなり始めたんで、Aたちの行動とか周りの雰囲気がすごく気味悪く感じた。

2年間溜まり場にしてた場所がまるで別の空間に思えたんだよね。AとBがコンビプレーしながら木箱を必死に開けようとしてる異常な姿を見ながら。

「じゃすぐ戻る!」と走り去る俺に「頼むから早めに帰ってきてくれよ~」とCは泣きそうな感じで返事した。

神社の階段をダッシュで降りて、自転車を置いてる場所まで走って自転車に跨いで走り出そうとした時にギョッとした。

さっきのおばあさんが神社の向かい側の道でニタニタ笑ってた。俺の方じゃなく神社方向を見て笑ってた。

俺は神社に戻るわけにもいかず、おばあさんに話かけようなんて事も怖くて出来ず、必死に自転車をこいで、神社から一番近いDの家に向かった。

家から出てきたDは最初「は? なにそれ」と言っていたが俺が必死に説明してたら、ようやくヤバイ状況に気づいたみたいで「早く行こう!いや、Eも呼ぼう」とDの自宅からEに電話して「早く家に来てくれ」と頼んでくれた。

それからEの到着を待ってたんだけど、Eは20分以上待っても来ないし、外がかなり暗くなり始めた事に焦って、Dの弟にEが来たら神社に来るように伝言を頼んで、俺とDだけで神社に戻る事にした。

二人で自転車こいで、神社に到着した時は、さっきいた場所におばあさんはいなかった。俺とDは神社の階段を駆け上がった。

記憶はここで途切れている。

次の瞬間、俺は病院にいた。

エッと思って起き上がろうとしても起き上がれない。一生懸命起き上がろうとしたら、足にギプスがはめてあって、腕には手首に包帯。

急に全身に鈍い痛みが走って「うおお」って小さい声が自然に出て、寝たまま苦しんでたら、しばらくして病室に看護婦か入ってきて、そこからもよく覚えてないけど、とりあえず家族が来たり先生が来たりして慌ただしい感じになった。

どうやら交通事故に遭って4日間目を覚まさなかったらしい。

「Aは? Bは? 神社は? Dは?」とまくしたてて聞く俺に、母さんは最初は「今はいいの。今はゆっくり休みなさい」とか言ってはぐらかしてたんだけど、何度もしつこく聞いたら「A君もB君も亡くなって…D君は重体で…」と言われた。

意味が分からずポカーンとしていると、A、B、D、俺の4人が自転車に乗って歩道を帰っていたら、トラックが突っ込んできて、AとBは即死。Dは意識不明の重体だったらしい(後日、図書館で地元新聞読んだら確かにそう書いてあった)。

駆けつけた担任の先生はボロボロ泣きながら「よかったなあ、よかったなあ」って言ってくれてるんだけど「おかしい…俺は神社に向かってたんだけど。AとBは箱を開けようとしててDに助けを呼んで神社に行ったんだけど」と説明した。

支離滅裂だったのか親や先生は理解してくれなかった。

その日の夜は寝たり起きたりを繰り返しながら、連れが死んだショックより(もちろん悲しかったけど)「おかしい…」という感情が強かった。

翌朝一番でCとEが見舞いにきた。Cは泣きながら「すまん!俺、30分待ってもお前が帰って来ないからAとBを置いて逃げた」と言った。

俺は「あ~、そうなのかあ」としか返事が出てこなかった。せめて神社付近で待っておけよと思ったけど言えなかった。

Cは「あの後、Aが「もう少しで開く!開く!」って叫び出したんだよ。Bも「開く!開く!」って…それが怖くて逃げたんだ」と言った。

Eは「よく分かんないけど、Dの家に行ったら、Dの弟から神社に行くから来てくれってお前らが言ってたって聞いて、すぐに神社に行ったんだけど、お前らいなくて、別のがいたから仕方なく帰ったら、次の日事故ったって聞いて驚いたよ」

「別のって?」

「いつも溜ってる場所に何人かいて、暗くてよく見えなかったけど、お前らの自転車はないし、雰囲気がなんかおかしかったからすぐ帰ってきたんだよ」

CとEと神妙な顔をしたまま、20分くらい話して帰って行った。

その後は、刑事が来て色々聞かれたから正直に全部話したけど、神社の話より事故の瞬間の話しか興味がないみたいで「事故前後は全く覚えてないです」って言ったら、残念そうに帰って行った。

後日、何度かまた刑事や相手の保険屋や弁護士が来て話を聞かれたけど、神社のくだりより事故の時の話にしか興味がない感じだった。

事故を起こしたトラック運転手は精神的な疾患を持ってたらしくて、事故後に逃走して自殺を図ったらしい。

でも、死にきれずに病院にいて、会話にならない状態だって聞いた。重体だったDは結局あの後亡くなった。Dの弟は俺を恨んでいるみたいで、退院後にDの家に線香あげにいった時も無視された。

俺は、元々東京の大学に進学が決まってたから、1月から学校に登校して3月に卒業した。周りは妙に優しくしてくれたけど、俺は気まずくてCやEとは距離を置いた。

Cは4年前に自殺したらしいけど、俺は長い間地元に戻ってないから疎遠になってて詳しい話は知らない。

色々あったから地元とは距離を置いてきたけど、昨年11月に親父が亡くなったから12年ぶりに地元に帰った。

大学卒業の時に一度帰ったけど、日帰りで1時間位しかいなかったから、じっくり帰るのは12年ぶり。葬式など全部終わって、すぐ東京に帰ろうと思ったけど、母さんがなんか不憫でギリギリまで実家にいる事にした。

昼間やる事もないんで、12年ぶりに徒歩で田舎町をウロウロしてたら、急にあの廃神社が気になった。

本当は思い出したくもないんだけど、その気持ちに反して神社が気になる!行きたい!と強く思った。

あの時の関係者といえばEだけど12年間疎遠になっていたし、連絡しにくい。仕方なく一人で行った。

歩いてみると、神社は家や学校からかなり遠かったんだなあと思った。

神社に比較的近かった行きつけのスーパーは潰れてビルになってたり、近くにコンビニや大きなショッピングモールやマンションが出来てたり、12年前とは景観がかなり変わってた。

神社はまだあった。あの日以来の神社だった。俺は急に怖くなった。心臓が高鳴り、手のひらは汗でジトッとしてきた。

引き返そうと思ったけど、わざわざここまで歩いて来て今さら引き返すのも抵抗があったので、思い切って恐る恐る階段を登った。変わらない風景のはずだった。でも変わっていた。

神社は綺麗になっていた。賽銭箱や社や石造りの道も綺麗になっていた。

近くに若い女の子が箒を持って掃除していた。可愛い娘だった。俺は人見知りするタイプだから、普段は絶対に声をかけたりしないんだけど、神社のこの変貌っぷりを目の当たりにして、迷わず声をかけた。

「すみません。あの…あのですね。10年以上前に神社に来てた者なんですが」

すると女の子は「はい?」と答えた。

関係ない話だけど顔はアッキーナにソックリだった。髪のとても長いアッキーナだった。

「10年くらい前に神社によく来ていたんですよ、実は」と言ったら、

「少しお待ち下さい」と箒を置いて誰かを呼びに行った。

俺は周囲を見渡した。12年前にはなかった神社の横のアパートのバルコニーで洗濯物を干している主婦が見えた。

「どうされましたか?」

神主さんなんだろうけど、私服を着た上品な顔立ちの年輩の白髪のじいさんが近寄ってきた。

アッキーナは箒を持ってお辞儀して別の場所を掃除し始めた。

「すみません。12年前に…」と説明をしたら、神主さんは驚いた表情をしながら聞いていた。

一通り話をした。2年間溜り場にしていた事や、おばあさんの話、事故の話。

「あ~、なるほど…。実はこの神社は3年前に○○神社から分祀されて復興したんです」

俺は「はあ…そうですか…」と答えた。

「まさかそんな話を聞けるなんて思いもしていませんでした。その箱はその時におそらく開いたんでしょうなあ…。アレは冥界の門みたいなもんで、私も実際に手にとった事はないんですが…」

「なんですか?冥界の門って?あの箱どこに行ったんですか?」

「いやあ、アレには色々な呼び方があって私どもは忌箱(キバコ)と呼んでます。私がここに来たのが半年前で前任の者が失踪したんですよ。詳しい事は私も聞かされていないんですが、前任者が忌箱に取り込まれたという話を聞きましたが…」

「ええ~!!忌箱ってなんなんですか?Aたちが死んだのも何か原因があるんですか?!」

「分かりません。う~ん…命をとる事もあるのかもしれませんね…申し訳ないですが…」

それから神主さんはお祓いをしてくれた。神主さんは神主衣装に着替えて、30分くらい物々しい雰囲気の中でお祓いの儀式をしてくれた。

アッキーナはたまに様子を覗きにきた。俺は正座してお祓いをしてもらいながらアッキーナにさりげなく微笑んだ。

アッキーナは多分微笑み返してくれて、出て行った。

「忘れなさい。アレはあなたの人生にたまたま通りかかった通り魔のようなものですから」

と言われた。俺は話せて良かった事と、お祓いのお礼を言って帰った。

その後は東京に戻って普通に生活している。

東京に戻ってしばらく経った頃から夢をよく見るようになった。3日に1回は見る。

あの日、Dと神社に到着した後の光景だった。

神社に到着した後から事故に遭うまでの内容が断片的に夢に出てきた。

この前は、トラックに轢かれたのは運転手の責任じゃなく、俺とDがAとBと車道で揉み合いになっていたところに衝突してきた内容だった。

他にも神社の境内でのおぞましい内容の夢を見た。内容は誰にも言っていない。夢の内容を口にしたら、とても恐ろしい事が起こりそうだからだ。

最近になって、俺はこれは夢ではなく記憶なんじゃないかと思い始めている。

関連記事

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。山奥なので土地だ…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

ソックリさん

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。そしたら自動ドアで入って来た人とぶ…

山遊び

子供の頃の話。大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。小学校が休みの日…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

リョウメンスクナ

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。それでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「ちょっと来て…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

手伝うよ

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。そのせいか、電車の急停止が多い。急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った…

夢

記憶を追って来る女

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見てきた世界が別のものになる。例えば、俺などが同じように話しても、語り部のように人々を怖がらせたり楽しませたりは…