北陸本線

0df6a1b3

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。

音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。

「うぉっ、時刻表より10分ぐらい早いけど、ラッキー♪」って感じで乗ろうとしたら、なんかその電車変。

妙に長い。いつもは3〜6両ぐらいの編成なのに、青い車体の車両が10両以上つながってる。

後ろのほうなんてホームからほとんどはみ出てるし、寝台列車かなと思ったけど、そんな列車がこんな小さな無人駅に停まるはずがない。

そして車両があまりにも古臭い。

鉄道にそこまで詳しくない俺でもそれぐらい解る。どの窓もカーテンが閉まってて中の様子がほとんど伺えない。

この列車がだんだんこの世のモノではないなと思えてきた俺は、周りに誰か居ないのかキョロキョロしてみたけど案の定ホームには俺1人。

俺を誘ってるのかと勝手に妄想した俺は、音楽の音量を大きめにして早くこの駅から去って行ってくれと必死に願った。

正直半泣きだったと思う。

しばらく経ってうつ向いてた顔を上げると、その列車はホームから消えていた。後から思えばその列車だけ音が全くしなかった気がする。

いつの間にかホームに現れて、いつの間にか消えていた。

いくらヘッドホンをしてるとは言え、全く気付かないのはおかしい。

やがて列車接近のベルとアナウンスが流れて、見慣れたいつもの電車がホームへ入ってきた。

明るい車内にいる他のお客さんの顔を見た時の安心感はもう忘れられない。

冷静に考えてただの夜行列車が臨時で停まっただけなのかも知れないけど、あまりにも妙な列車だったので本当に怖かった。

補足

何故俺を誘っているんだなんて妄想をしちゃったのかと言うと、俺の位置にいる車両だけ何故かドアが開いてるんだよな。

ドアの先は真っ暗で何も見えない。本当に真っ暗。

旅客列車なのに灯りの一つも灯さないなんて明らかに不自然だし、その真っ暗な空間に足を踏み入れたらもう2度と戻れないんじゃないかと思ってガクブルだった。

本当ビビりだから一度焦るとどんどん妄想が膨らんでいくんだよなあ、俺。

編集者考察

北陸本線といえば昔、北陸トンネル事故があった路線。

たとえ定期列車だとしても日本海は8時ぐらいに通過。そしてきたぐには電車。

とすれば考えられるのは昔事故にあった「きたぐに」と推察。当時のきたぐには10系というかなり古い列車を使っていたので、もしかしたら事故にあった人の思いを乗せた幽霊列車だったのかもしれない。

ちなみに事故は11月6日に発生。

関連記事

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

田舎の風景(フリー素材)

サ○○

20年程前の実話です。私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。実家の近くの山中に○○○○苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒が偶に脱走…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。実際に何…

学校の校庭(フリー素材)

逆上がりさん

小学生の頃、学校の七不思議が幾つもありました。それはとっくに七不思議を超えていて、私が知る限り50個はあったのです。その中に『逆上がりさん』という七不思議があって、当時…

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。暫くは私のアルバム…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、「…