バイバイ

公開日: ほんのり怖い話

家(フリー写真)

4月の統一地方選挙で、某候補者のウグイス嬢をしました。

その時、私はマイク担当ではなく、手振りに専念していました。

手振りは、候補者を支持してくださる方が振っている手を漏らさず目で捉え「ありがとうございます」と手を振り返すこと。

それともう一つ、興味半分でもこちらへ視線を向けてくださった方に手を振り、どれだけ笑顔で返していただけるか、手を振り返していただけるかの行為です。

その日は生憎の雨で人通りが少なく、そんな時は失礼とは思いながら、屋内へ目をやることが多くあります。

するとあるお家の二階の窓のカーテンが開いていました。

天井がクロス張りであることも判る距離でした。

その窓の下方に、小学低学年くらいの女の子の顔が見えました。

ちょうど顎から上だけ。首は窓枠に遮られて見えません。

子供さんはにっこり笑ってくださることが多いので、彼女に向けて手を振りました。

彼女の反応はありません。

私の乗る遊説車は徐々に通り過ぎ、間もなく彼女の姿も見えなくなるであろう頃。

彼女は頭を揺らし始めました。窓から見える頭だけ。

表情はなく、ただ頭が揺れています。手でバイバイをするように、窓に平行に、かなりのスピードで。

そのまま彼女の姿は私の視界から消えました。

子供のいたずらだったのかもしれません。

でもあの無表情さ、ほんのり怖かった。

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。 そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。 性格は温厚で意外…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。 百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

犬と結婚した男

現在、インドには日本の人口の約10倍となる約12億人が暮らしている。ゆえに、それだけ人がいれば変わり者も多い。 2012年に『犬と結婚した男がインドいる』とネット上で話題になった…

金色の金魚(フリー写真)

浮遊する金魚

小学2年生くらいまで、空中を漂う金色の金魚みたいなものが見えていた。 基本的には姉ちゃんの周りをふわふわしているのだけど、飼っていた犬の頭でくつろいだり、俺のお菓子を横取りしたり…

葛飾北斎(フリー浮世絵素材)

カゴカキ

昔から続く怪異。 愛知県○○市。その昔、少なくとも200年以上前の話。 岡崎城の城下町は、天下を二分するほど賑わっていたらしく、駕籠を担いで人を運ぶ『カゴカキ』と呼ばれる人…

冬景色(フリー写真)

おあしという神様

『おあし』という神様の話。 父が若い頃、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。 お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情で暫く父の家から学校に通っていた。 父の実家は当時…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。 トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。 テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。 30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。 父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。 飛行機で沖縄経…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルでの肝試し

学生時代の夏、男4人と女1人の計5人で、とあるホテルの廃屋へ肝試しに行った。 そのホテルの場所は別荘地のような、周りを森に囲まれた場所に建っていたので、夜23時過ぎに着いた頃には…