あやかし

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

d0058941_20375296

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。

俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な雰囲気。

入ってすぐに分かれ道発見。真っ直ぐには石碑のような物体を発見。

「キョン」「キクケ」などと人の名前が入ったそれが縦に一列に並んでいた。

相棒がよく調べようとしたんだけど俺は気味が悪いと無理矢理止めて左の道へ進んだ。

更に進んでいくと僧の行列に遭遇、と思いきや奴らはみんな木や植物でできていた。

俺のすぐ前にいた“奴”が
「あんたらも参拝かい?」と聞いて来たので
「はい、そうですが…」と言って思わず肌を見せてしまった。

その瞬間にそいつはニヤ~として
「おーい、助けてくれ。人間がいるぞー」と走り出しやがった。

俺の相棒が「まずい、そいつを殺せ」と言ったので後を追いかけた。松や木が歩いていたが無視して走った。

追いついた所で俺はそいつを殴った。相手は倒れる。しかしすぐ起き上がって笑いかけてきた。
もう1人の切り株みたいな奴が気づきやがったが背負い投げで崖から突き落としてやった。

俺と相棒はひたすら逃げて逃げて逃げまくった。幸運なことに先頭のほうにいる連中には気づかれていなかったようだ。

そいつらを掻き分けて仏閣に着いて見ると工事中。

今度はもっと変な化け物が
「こいつは俺が掘った穴だ」みたいなこと抜かしてやがる。

俺と相棒は無視して工事中の仏閣の中に入り込んだ。

相変わらず連中は
「おい、奴らが中に入り込みやがった」と喚いていた。

俺はまだ未完成のガラガラに賽銭を入れて助けてくれるようにお願いした。

相棒曰く、あいつらの穢れた心ではこの中に入れないだろうと。
外に出てみると化け物は1人もいなかった。

俺「なんだ?消えちまったな」
相棒「奴らはあやかしだったのかもなぁ」

関連記事

首刈り地蔵

小学生の頃、両親が離婚し俺は母親に引き取られ、母の実家へ引っ越すことになった。母の実家は東北地方のある町でかなり寂れている。家もまばらで町にお店は小さいスーパーが一軒、コンビニ…

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…

竹下通りの裏路地

今から5年前、当時付き合っていた彼女と竹下通りへ買い物に出掛けました。祭日だったと記憶しています。どこを見ても若者だらけで、快晴の空の下、人混みを避けながら買い物を楽しんでいま…

未来の夫

ある少女が、将来の結婚相手が分かると言う占いを実践してみることにした。その占いとは、真夜中の0時、口に剃刀を咥え、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るとい…

山根ェ

大学時代、サークルの友人と2人で深夜のドライブをしていた。思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。昼間は何度か通った…

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

工事現場(フリー写真)

マンホールの男

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。その細い裏道…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…

時空

時空トンネル

数年前、子供の頃に不思議だった出来事が繋がった話です。5才くらいの記憶で、その頃はよく畑仕事に兄と付いて行っていたんです。畑から数十メートル離れた場所に、大きな岩が何個…