ねぇ、どこ?

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

woman_face_pm

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。

驚いて体を起こそうとするが動かない。目を閉じたくても、なぜだか閉じることができない。冬だというのに脂汗が滲んできた。

その女は無表情のまま、目だけを動かして部屋をきょろきょろ眺めていた。こっちを見ないだけ、救いだった。

固まったままどうすることもできず女を見つめていると、急にこっちを見てつぶやいた。

「どこ?」

何が何だか解らない。何を探しているんだ。俺の部屋に何かあるのか? さっぱり見当もつかない。

震えていると、浮かんだ顔が急に近づいてきた。すぐ目の前、息がかかるほどの距離で

「ねぇ、どこ?」

目を見開き、口をかっと開けたその表情に恐怖が増し、とっさに、

「今はない!」

と答えた途端、意識を失ったのか、気が付けば朝だった。

夢とは思えない感触に震えは止まらず、すぐに家を出て友達のAの家に行った。

そのままAの家に泊めてもらおうかと思ったが、その日は良くても次の日家に帰って出たらどうしようと不安になり、結局Aにうちに泊まってもらうようにした。

夜更けまで話をして気を紛らわせていたが睡魔には勝てず、いつしか眠ってしまっていた。再びあの気配がして、目を覚ました。

いた。俺の上ではなく、Aの上に。Aの顔を覗き込み、じっとしている。Aは気付かず眠っているようだった。

がたがた震えながら目を逸らすこともできず凝視していると、すーっとこっちへ寄って来て目の前で

「違う。ねぇ、どこ?」

息がかかるのがわかる。

「今はない!」

また気を失ったようで、Aに起こされて目が覚めた。夕べの話をしても、Aは夢だろうと笑った。

俺にはそう思えなかった。心当たりは何もない。部屋にはたいした荷物もないし、何を探しているのかさっぱりわからない。

今日も泊まっていってくれとAに懇願したが、用事があると断られた。仕方がないので別の友人Bに、泊まりに来ないかと電話をかけた。

結果は同じだった。

Bの顔を覗き込み、

「違う。ねぇ、どこ?」

「今はない」

俺は意識を失う。

恐くなった俺は、友人Cのところへ泊まりに行った。部屋を替えれば何ごとも起こらないだろう。

友人Cは快く泊めてくれた。しかし、Cの部屋にもあいつはやってきた。眠ったCの顔を覗き込み、

「違う。ねぇ、どこ?」

少し慣れたのか、思わず

「知らねーよ!」

と答えた途端、顔がぶわっと視界一面に広がり、弾けたように消えた。良かった。いなくなった…。そう安堵して、自分の部屋へ帰った。

甘かった。

その夜、また

「ねぇ。どこ?」

今までと違ったのは、顔に怒りの表情が見えることだ。俺を責めるように、問い掛ける。

「ねぇ、どこ?」

「ねぇ、知ってるんでしょ? どこにいるの?」

神経がおかしくなりそうだった。

あいつは誰かを探しているんだ。

俺に関係するのか?

何も判らない。

それから俺は、友人を片っ端からうちの部屋に泊めた。誰も何も見ない。何も感じない。しかし、あの女は毎晩俺に尋ねてきた。

「ねえ。どこ?」

そんな毎日が続いた。気が狂いそうだった。しばらくして、友人のHが泊まった時のこと。

目が覚めるといつもの女。もう大分慣れてしまった俺は、女を見つめていた。Hの顔を覗き込みじっとしていたが、俺の方に顔を向け、ぐぐっと寄って来た。

しばらく俺の顔を見つめ

「み~つけた」

と、にたりと笑った。

歪んだ笑みは何とも言いがたい、不気味さだった。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

叫ぶと体が動き、思わず外へ飛び出した。近くの友人のとこへ飛び込み、がたがた震えて今までの話をした。

一旦、家に行こうと言われ、一緒に部屋へ帰ってみると寝ているはずのHの姿はなかった。

それ以来、Hの行方は知れない。Hの家族に色々聞かれたりもしたが、正直に話をしても頭のおかしな奴だと思われたようだ。

俺が殺して埋めたんじゃないかという噂もあった。当時の友人も離れて行ってしまった。俺のせいなのか。

こんなことになるとは思っていなかったんだ。

Hとその女の関係は判らないまま。

Hはどこへ行ってしまったのだろう。

関連記事

俺神様

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、…

雪(フリー写真)

片道の足跡

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。 ※ 当…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…

あなたが押したの?

少し困ってしまうことがありまして、ここに書かせてください。5年前、私の友達が通っていた小学校で、陰湿ないじめがあったそうです。いじめの首謀者のM子さんは誰もが認めるほど容姿端麗…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。でも、いざ到着するとみんな…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。ふと一枚の写真が目についた…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…