コの字の家

公開日: 心霊体験 | 怖い話

廊下(フリー素材)

私の家は都市から少し離れた町に位置しており、周りには古い日本家屋が立ち並んでいました。

地元の噂では、私の家は元々遊郭だったと言われています。

形状はカタカナの「コ」の字のようで、2階建ての家でした。

「コ」の字の中央は中庭になっており、1階の廊下から庭へと降りることができました。

また、2階にも庭が見渡せる窓付きの廊下がありました。

ある夏休みの日、私は「コ」の形状の中で一番上の部分にある広い和室で宿題をしていました。

そこは涼しく、勉強がはかどる場所でした。

その日、両親は買い物に出かけており、私は家に一人で留守番をしていました。

朝の9時から1時間ほど経った頃、トイレに行きたくなりました。

トイレは1階と2階の両方にあり、どちらも「コ」の字の下部分の両端に設置されていました。

私は庭を見下ろす廊下を通り、2階のトイレで用を足し、トイレから出ました。

そのとき、何気なく窓を見ました。

その窓からは、「コ」の字の上部分の端にある物置部屋が見えました。

その物置部屋の襖が揺れているのを見つけ、私は驚きました。

すぐに泥棒だと思いましたが、朝からこんなに大胆に行動するなんてと思いながらも、恐怖に襲われて足が竦んでしまいました。

どうすべきか迷いましたが、最終的には泥棒の顔を確認しようと決心しました。

再びトイレに入り、ドアを少し開けて物置部屋を覗きました。

そのとき、私の目の前に信じられない光景が広がっていました。

ガタガタと揺れていた襖が突然静止し、スーッと開き、中から一人の女性が現れました。

彼女は上半身裸で、肌は真っ白でした。

下半身には着物のようなものを巻いていました。

彼女の髪はボサボサで、全体的に気だるい雰囲気でした。

しかし、彼女の目だけは血走っているように見えました。

私はその光景に驚き、その場に倒れました。

彼女は明らかにこの世のものではなかったからです。

さらに、その女性を見て、私は地元の噂を思い出しました。「この家は元遊郭だ」という噂を。

その女性の幽霊は突然、ゆっくりと歩き始めました。

見ていると、なんと「コ」の字の廊下を歩いてくるようでした。

このままでは、幽霊は私のいるトイレに来てしまいます。

しかし、私は恐怖で動くことができませんでした。

その幽霊は私のところに歩いてきました。

そして、「コ」の字の縦の部分にある、私が宿題をしていた和室まで来ると、突然、スーッと和室に入って行きました。

これがチャンスだと思った私は、トイレを出て中庭に飛び降りることを決意しました。

そのとき、幽霊が和室から飛び出し、窓越しに私を見つけました。

そして、彼女は私に向かって走ってきました。

私は生命の危険を感じ、窓を開けて一気に飛び降りました。

着地は失敗しましたが、即座に玄関に向かいました。

その間にも、幽霊が2階から降りて来ると思いました。

私は家から飛び出し、向かいの祖母の家に転がり込みました。

そして、祖母に向かって「おばあちゃん、おばあちゃん、幽霊がくるー!」と叫びました。

祖母は私の異常な状態にすぐに気付き、玄関を閉めて私を家の中に引き入れました。

私は震えながら祖母に先程見た光景を話しました。

そして、優しい祖母の表情は徐々に硬くなりました。

祖母は台所に行き、塩の壺を持って来ました。

その後、祖母は私を連れて「コ」の字の家に行きました。

祖母は2階に駆け上がり、物置部屋まで行くと、中に向かって叫びました。

「なにしよるんや!この子に手を出そうとしたんか!この子に手を出してみぃ、私が許さないからな!お前、私の前に出て来てみろ!塩をまいてやるわ!」

そのとき、物置部屋の中からガタガタと音がしました。

しかし、その音はすぐに止まりました。

祖母は私に向かって、「もう大丈夫よ。怖かったやろう」と言いました。

その後、両親が帰ってくるまで祖母は一緒にいてくれました。

私は祖母に詳しいことを尋ねましたが、祖母は微笑みながら、

「私もよくわからんけど、この家は昔、ああいう場所だったからな」

と言いました。

その時、私は「やっぱりこの家は遊郭だったのか」と確信しました。

その家ではその後何も起こらず、私が高校に進学すると同時に家族で引っ越しました。

現在、祖母は車椅子生活を送っていますが、まだ元気です。

あの日以来、祖母が怒った顔を見ることはありません。

そして「コ」の字の家は取り壊されました。

しかし、その取り壊しの際に、何人かの作業員が怪我をしたと聞きました。

関連記事

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。 その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。 目的のエリアに着いて『…

ゲームセンター(フリー写真)

早く閉まるゲーセン

もう3年以上前になるかしら。 当時行き付けだったゲーセンは、何故だか知らないが必ず22時に閉店していた。 元々寂れたゲーセンではなかったし、大学の近くだったのもあってか、…

夜のキャンプ

バックミラーの男

私の妹が体験した話を書かせていただきます。 以前、海へキャンプへ行った時のことです。 そこは自然のビーチで、近くには御手洗い等がなく、御手洗いに行きたい時は、少し離れた港…

兄妹(フリー写真)

視える弟

最初に気が付いたのは、私が小学4年生で、弟が小学2年生の時。 一緒にガンダムを見ていたら、普段滅多に口を開かない大人しい弟が不意に後ろを振り返り、 「聞こえない」 と…

海沿いの崖(フリー写真)

無数の手

昔、趣味で釣りによく行っていた時の話。 海釣りと言っても沖の方に出るのではなく、磯や岩場で釣る方だ。 その日も朝早くから支度をして車で出掛けた。 今回選んだ場所は、…

医療器具(フリー素材)

謎のカルテ

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。 その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。 何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした…

揺れる木

2年程前の話。その年の夏、俺は大小様々な不幸に見舞われていた。 仕事でありえないミスを連発したり、交通事故を起こしたり、隣県に遊びに行って車に悪戯をされた事もあった。 原因…

窓ガラス(フリー写真)

お通夜を覗く女性

15年程前、不思議な体験をしました。 当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。 崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。 …

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…