途切れさせてはいけない

山道

俺の嫁が学生の頃の話。

オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。

東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があり、それを一人で跨ぐと帰って来られなくなるという。

真偽の程を検証すべく、メンバーである男子学生P太が一人でその場所に向かったところ、彼と連絡が取れなくなった。

心配したサークルのメンバー一同は、皆で様子を見に行くことにした。

そしてそこで嫁とK子が体験したのが以下のような話。

嫁はそこそこ霊感があるものの、御祓いとかはさっぱりなので、出発に際して霊感の強い先輩に同行してくれるよう頼んだ。

K子の情報通りの場所には、確かに注連縄で囲まれた神社らしきものがあり、P太がここに来たであろうことも間違いないように思われた。

先輩はその神社を見るや苦い顔をして、「ここにはいるのは怖い」と入るのを拒否した。

しかし仲間の様子が心配なメンバーとしては、ここで引き下がる訳にもいかない。

注連縄を越えて進もうとする彼らに、先輩が言い聞かせたことには、

「この注連縄の中には、強力な力が満ち溢れている。

これに一度囚われたら、自力で抜け出すのは難しいだろう。

この力に付け入る隙を与えないために、彼を連れ帰りこの注連縄を越えるまで、決して会話を途切れさせてはいけない。

大人数で入って会話には入れない者がいるのは危険だから、二人で入るのが一番だと思う」

その場にいたメンバーの中では嫁とK子が最年長の女性であり、おしゃべりなら男性より女性の方が得意だろうということで、二人がペアになって中に入ることにした。

話す内容は何でも良く、二人は趣味やスイーツやファッションなど、ありとあらゆる事を話しながら進んで行った。

しかし、会話を途切れさせてはいけないという義務感や、心霊スポットの只中にいるという緊張感から、精神的にかなり苦しかったそうだ。

鳥居をくぐり、拝殿のような場所に辿り着いた嫁が戸を開くと、ぼんやりした暗闇の中、探していたP太がこちらに背を向けて座り込んでいた。

嫁が目を凝らすと、彼をコの字に囲む古びた日本人形が多数見え、そして嫁とK子の声に交ざって彼がぶつぶつと何か呟いているのが聞こえる。

二人に促されると、彼はぼんやりしながらも立ち上がり、のろのろと外へと歩き出した。

そろそろ話すネタも尽きてきた二人は焦り始め、K子はP太の腕を掴んで走り出し、嫁も後に続いた。

息を切らしながらも会話を続け、ようやく注連縄と応援する仲間たちの姿が見えてきた。

一足先に縄を跨いだK子は、話し続けなければならないという緊張から解放されたためか、一つ大きな溜め息を吐いた。

そして会話が途切れたその瞬間、嫁はまだ縄を潜っていなかった。

投げかけた言葉に返事が無かったその時、耳の直ぐ側で何人もの人間が大声で怒鳴るような大騒音が耳に飛び込んできた。

驚いて耳を塞いだが声は全く小さくならず、激しい頭痛と恐怖で頭がおかしくなりそうになって、思わずその場にしゃがみかけた。

その時、先輩が目いっぱい手を伸ばして嫁の腕を掴み、強引に縄の外に引っ張り出してくれた。

縄を越えた瞬間、その声は嘘のように消え去ったという。

嫁は呆然として辺りを見回したが、自分たち以外の人間の姿は見えず、そしてその場にいた誰も嫁が耳にした声は聞いていないという。

P太はしばらく呆然としていたが、帰りの車の中で徐々に自分を取り戻し、何があったのかを話してくれた。

と言っても、あの縄を越えた途端に酷い耳鳴りと頭痛がして、気が付いたら仲間に囲まれて神社の外にいたということしか覚えていなかったが…。

嫁は持前の霊感のせいか判らないが、P太には解らなかった声の内容が聞き取れたようで、なんでも「帰さん」「新参だ」「ここにいろ」というような事を言っていたらしい。

彼はその後、先輩の勧めで御祓い兼お勤めみたいな感じで、夏休みいっぱいどこかの寺で過ごしたという。

関連記事

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

ベランダの女

俺が小学4年生の時の実体験。俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。姉貴と両親が出か…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

彼の予見

昔付き合っていた彼氏の話。当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったん…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。親方に呼ばれ、 …

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

ハイハイ

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。 …

障子(フリー写真)

女の影

今から15年前、中学の野球部合宿での話。夏の合宿で毎年使っていた宿が廃業し、その年から宿が変わった。民宿でもホテルでもなく、そこは公民館というか町営の集会所のようなとこ…

友子が二人

一人で繁華街を歩いていると、ガラス張りのカフェ店内の窓際席に一人でいる友子を見つけた。友子の携帯に電話して驚かせようとしたが、友子は電話に気付かない。じっと座り、目を左…

ベンチに座る女

僕が中学生の頃の実体験。当時、僕はその辺りでは一番大きなマンションの7階に住んでいました。受験を控え、一応は深夜まで勉強する事が多かった僕は、2時頃から3時頃までの間に…