魔法の絆創膏

猫の親子(フリー写真)

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。

転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。

金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。

ミヤちゃんは「全部あげる。無駄使いしちゃだめよ」と言って渡してくれた。

家に帰ってお袋に「絆創膏? 怪我したの?」と言われたので、剥がして見せた。

怪我なんてどこにも見当たらない。不思議だったけど、絆創膏のパワーだと信じた。

何日か経ち、朝御飯の時に自分のお気に入りの茶碗にヒビが入っているのを発見。

ガキの浅知恵で、ヒビに絆創膏を貼ってみたんだ。

そしたら、夕飯の時に剥がすと綺麗さっぱり直っていた。

次いで手押し車にアヒルが付いている玩具。

アヒルの首が取れちゃったんだけど、絆創膏を貼っておいたらやっぱり直った。

『大切に使わなきゃ』と流石に絆創膏の重要性に気付いた矢先、うちの猫のヤーヤが車に轢かれた。

残っていた絆創膏を全部貼って毛布を掛け、幼稚園を休んで看病した。

いつの間にか泣き疲れて寝てしまった俺は、ヤーヤに顔を舐められて目を覚ました。

そしたら何事も無かったかのように治っていたんだ。傷痕すら残っていない。

明日、幼稚園に行ったらミヤちゃんにお礼言わなきゃ。

「絆創膏くれてありがとう」と。

幼稚園に行って気が付いた。ミヤちゃんなんて女の子は居ない。

絆創膏を貰った時以外に彼女を見たことなど無かった。

それなのに僕は彼女を見た時、何故だかミヤちゃんだと思った。

そう言えば、ヤーヤを産んですぐに死んでしまった母猫もミヤという名前だった。

関連記事

時空の狭間の少女

これは俺が保育園に通っていた時の話。俺が住んでた町には第一から第三まで保育園があり、俺は第一保育園に通っていた。ある夏の日、合同お遊戯会の劇の練習で第一保育園の園児が第…

チャイムが鳴る

ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は自宅の2階で昼寝をしていた。「ピンポ~ン、ピンポ~ン」誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし、面倒くさいので無視して寝ていた。「…

アマヒメ様

その山村には、奇妙な言い伝えがあった。寛政年間(18世紀終盤)のある年、雲一つ無いよく晴れ渡った空から、にわかに雨が降った。おかしな事もあるものだと村人が空を見上げてい…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。辺りも薄暗くなってき…

浮世絵のフリー素材

灯籠と火の玉

じいちゃんから聞いた話。真夏の夕方、お使いの帰り道。お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行った。人だ…

飲み屋街(フリー写真)

仏壇の異変

叔母さんが久々に俺の家に遊びに来た時、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になり、「幽霊とか居る訳ねーじゃん!」という会話をしていた時だった。その叔母さんが、お客さ…

公園(フリー素材)

謎のおじいちゃん

今になっても一体何だったのか解らない謎な体験です。小学5年生の時でした。日曜の夕方、通っていた小学校の校庭の砂場で弟と遊んでいました。段々と辺りが暗くなってきて、そろそ…

アンテナ鉄塔の異変

私はドコモ関連の設備管理の仕事をしている者ですが、昨年の年末にちょっと信じられない体験をしました。これまで幽霊とか妖怪とか、そういうものは信じていませんでしたし、そういった現象…

きよみちゃん

私が小学校三年生の時の話です。そのころ、とても仲よしだった「きよみちゃん」という女の子がクラスにいました。彼女と私は、学校が終わると、毎日のようにお互いの家を行き来して…

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…