丹沢湖の女

img_7

去年の夏に職場の仲間4人と丹沢湖へ行った。

車で行き、貸しキャンプ場をベースにして釣りとハイク程度の山歩きが目的。

奇妙な体験をしたのは3泊4日の3日目だったはず。

そろそろ釣りも飽きてきたので、午後から林道の横の細い道をぶらぶら歩いていた。

林道は多分不老山方面に抜ける道ではないかと思うけど、山までは行く気がなく、途中で引き返す予定だったんだ。

暫くして仲間の一人が「あっ、熊だ」と横の繁みを指差した。

見ると10メートル程向こうにいるのは確かに熊なんだが…変なんだよ。

普通の熊よりずっと明るい茶色で、顔はゆるキャラよりはリアルだったけど、どう見ても作り物の熊。

それが四足で歩いていたんだ。

「なんだあれ、着ぐるみじゃないか。変わったやつがいるな」程度の会話をしたけど、その熊が道の脇の藪の中をずっと付いて来る。

「何してんですかー」と声を掛けたのだが返事はなし。何かの撮影をしている訳でもない。

かなりぶ厚い着ぐるみだったから声が出せないのかもしれないけどな。

それが約20分くらいに渡って俺たちの横を見え隠れしながら付いて来た。

考えられないだろ。そんな草丈はなかったけど、藪の斜面だし四足なんだから、普通の人間の体力が持つ訳がない。

あまりにも変なので、途中で4人で走ったりもしてみたんだよ。

そしたら熊も付いて走ってくる。動物の走り方とは違っていたけどな。

意を決してみんなで近付いて見ようとした。

すると熊の上の方の木の葉がザザザッと揺れて、俺らが側に行く前に峪の方にダイブして行ったんだ。

なんとか藪に入って、上から探しても姿は見えずなんだよ。変だろ。

その夜、最後の一泊だからとテントをやめてロッジを借り食事も頼んだ。

実はキャンプの管理棟に行った時に熊の話をしてみたんだが、首を傾げられるばかりだった。

22時頃かな。みんな酔っ払ってかなりグダグダだったけど、昼に見た熊の話をしていた。「ありえねえよ」ばっかりだったけどな。

一人が外のトイレに行くと言い出て行ったんだが、5分くらいしてロッジに駆け込んできた。

「熊だよ、あの熊がいて正体は女だった」って言うんだよ。訳分かんねえだろ。

面白そうだからまずそいつと一緒に外に出たんだが、熊が居たという共同炊事場には何も居ない。

「何だよ」と言ってロッジに戻りそいつの話を聞いたら、

「炊事場の屋根の下に、熊がうつ伏せになってた。

うつ伏せのまま、かなり苦労して背中のチャックらしいのを開けた。

すると背中から裸の女が出てきた。女は髪が長くて眉が太い、昭和風の美人だった。

こっちに気づくと、ニヤッと笑ってから着ぐるみを持って凄い速さで走り去って行った」

こんな妙なことを言う。

酔っ払って幻を見たというのは簡単だけど、昼間の奇妙な熊は俺らも見ているし、完全否定もできない。

キャンプ場の区画の外は真っ暗闇なので探しにいく訳にもいかないし、そのまま午前1時過ぎまで酒を飲んで寝た。

朝まで特に何もなかったと思う。

4日目はボートで釣りをして昼過ぎに帰ってきたんだが、女を見たやつは終始ぼーっとしていた。

心ここにあらずという感じだったな。

そいつは、帰って来てからも土日ごとに丹沢へ行くようになった。

一緒に行こうかと言っても首を振る。そのうち年休をとって山に入るようになったんだ。

何やってんだと聞くと、

「あの熊ー女を探している、すごい筋肉の尻が忘れられない」と言うんだ。

それで12月の月曜に、職場で顔を合わせた時に「仕事辞める」と言い出した。

「山で女と暮らす」って。

それで次の日から所在不明になってしまった。

アパートも引き払ってあるんだよ。そいつの実家から親も出てきて、警察にも捜索願を出した。

警察署に行って丹沢に始終行っていたという話はしたから、捜索したかもしれないがよく分からん。

今もって行方知れずだ。

関連記事

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

カーテン(フリー素材)

宗教施設での心霊体験

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。宿泊施設なので管理人と世話…

ジャングルジム(フリー素材)

不幸の言葉

下駄箱に手紙が入っていたことがあります。不幸の手紙です。「この手紙を24時間の内に同じ文で5人に送らなければ、お前に不幸が訪れる」と書いてあったので、家にあるコ…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…

存在しない廃墟

小学校低学年の頃に都内某区に住んでたんだけど、近所に有名な廃墟があった。ある日友人達数人と一緒にそこへ探検に行こうという話になって学校の帰りに行ってみた。でも、いざ到着するとみんな…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

飢饉があった村(長編)

俺の実家、岩手県のとある地方なんだけどさ、毎年帰省するんだけどね。よく田舎って「本家」みたいなのがあるのは分かるかな?その一族の本家っていうかさ、要は親戚縁者を統括する家みたい…