消えた数時間

The_Time_Traveler_by_xetobyte

今日、変な体験をした。

早目に仕事が終わったから、行きつけのスナックで一杯飲んで行くかと思い、スナックが入ってる雑居ビルのエレベーターに乗った。

俺は飲む時に使う金を決め、財布から胸ポケットに入れる癖があるのね。

それでいつものように胸のポケットに三千円を入れ、スナックがある5階に着いてエレベーターを降りたら、視界一面が真っ白だった。

壁は元より、ドアや看板など、白くないはずの所まで真っ白。

『全店改装か? 全店で一斉引っ越しとかないだろ。ママも一言連絡くれてもいいのに』

そう思い仕方無くエレベーターに向き直ったら、まだエレベーターは別の階に移動していないはずなのに、「チン」という音がしてドアが開いた。

そしたら作業服と言えば良いのかな、工事現場で働いているような格好をした初老の男性が降りて来た。

そして俺を見て目を見開き、開口一番、

「何故、ここに居るんだ!どこから入った!」

と、いきなり怒鳴られた。

『もしかしてビルの取り壊しでもするのか?』と思い直し、説明をした。

「エレベーターで上がって来たら、お店が一つも無くて。このビル、建て直すんですか?」

「そうじゃないんだよ、ここはダメなんだよ」

「もしかして塗装中とか? すんません、知らなくて」

「そうじゃなくて、ここは少し外れているんだよ」

意味が解らない。

まあ改装中なら仕方無いと、エレベーターに乗ろうとしたら男性が

「そっちじゃないよ。ちょっと待ってて」

と携帯電話を取り出し、ダイヤルも押さないまま耳に当てて、こんなことを言った。

「あ、はい、一名です。ヒグスデンカデしてください」

「え?」

「悪かったね、いきなり怒鳴ったりして」

男性がそう言ったのは覚えている。

次の瞬間、ビルの前に立っていた。

俺はスナックがある5階に居たはずなのに。どう言えば良いんだろう。瞬間移動というのが本当にあるのなら、きっとこんな感じだと思う。

腕時計を見たら23時半だった。俺は今日は仕事が早く終わって飲みに来たのだから、23時半なんておかしい訳だ。携帯電話の時計も確認したけど、23時半丁度。

胸ポケットを触ったら、そこにはさっき入れた千円札が3枚入っていた。

あの初老の男性が一体誰だったのかも気になるけど、俺はあの数時間、一体どこに居たんだろう?

関連記事

SOSやめてください

1984年の話です。大阪千里丘の〇〇第二小学校に通ってたんだけど、そこでは他の学校とかでは聞いたことがない怪談、というか存在の話があった。「SOSやめてください」 …

んーーーー

現在も住んでいる自宅での話。今私が住んでいる場所は特にいわくも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。 …

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

時間

時を超えた電話

高校の時に母から、「昨日、お前から電話がかかってきた。○○(住んでいるところ)にもうすぐ到着するという電話だった。声は確かにお前だった」と言われた事があった。そ…

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

女性のシルエット(フリーイラスト)

千明姉ちゃん

人間の顔が全く変わってしまうことなんてあるのかね?この前、久しぶりに従兄弟と一緒に親戚に会いに行ったら、親戚のお姉さんの顔が全く別人になっていた。整形ではない。何故なら…

タイムスリップ(フリー素材)

時を隔てた憑依

最近ちょっと思い出した話がある。霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるらしいけど、これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。 ※ 数年前、ある人に連れ…

田畑(フリー写真)

尻切れ馬

これは大学生の頃、年末に帰省した時の体験談です。私の地元はそこそこの田舎で、駅付近こそビルが多く立ち並んでおりますが、少し離れると田畑が多く広がっています。私の実家も田…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…