消えた数時間

The_Time_Traveler_by_xetobyte

今日、変な体験をした。

早目に仕事が終わったから、行きつけのスナックで一杯飲んで行くかと思い、スナックが入ってる雑居ビルのエレベーターに乗った。

俺は飲む時に使う金を決め、財布から胸ポケットに入れる癖があるのね。

それでいつものように胸のポケットに三千円を入れ、スナックがある5階に着いてエレベーターを降りたら、視界一面が真っ白だった。

壁は元より、ドアや看板など、白くないはずの所まで真っ白。

『全店改装か? 全店で一斉引っ越しとかないだろ。ママも一言連絡くれてもいいのに』

そう思い仕方無くエレベーターに向き直ったら、まだエレベーターは別の階に移動していないはずなのに、「チン」という音がしてドアが開いた。

そしたら作業服と言えば良いのかな、工事現場で働いているような格好をした初老の男性が降りて来た。

そして俺を見て目を見開き、開口一番、

「何故、ここに居るんだ!どこから入った!」

と、いきなり怒鳴られた。

『もしかしてビルの取り壊しでもするのか?』と思い直し、説明をした。

「エレベーターで上がって来たら、お店が一つも無くて。このビル、建て直すんですか?」

「そうじゃないんだよ、ここはダメなんだよ」

「もしかして塗装中とか? すんません、知らなくて」

「そうじゃなくて、ここは少し外れているんだよ」

意味が解らない。

まあ改装中なら仕方無いと、エレベーターに乗ろうとしたら男性が

「そっちじゃないよ。ちょっと待ってて」

と携帯電話を取り出し、ダイヤルも押さないまま耳に当てて、こんなことを言った。

「あ、はい、一名です。ヒグスデンカデしてください」

「え?」

「悪かったね、いきなり怒鳴ったりして」

男性がそう言ったのは覚えている。

次の瞬間、ビルの前に立っていた。

俺はスナックがある5階に居たはずなのに。どう言えば良いんだろう。瞬間移動というのが本当にあるのなら、きっとこんな感じだと思う。

腕時計を見たら23時半だった。俺は今日は仕事が早く終わって飲みに来たのだから、23時半なんておかしい訳だ。携帯電話の時計も確認したけど、23時半丁度。

胸ポケットを触ったら、そこにはさっき入れた千円札が3枚入っていた。

あの初老の男性が一体誰だったのかも気になるけど、俺はあの数時間、一体どこに居たんだろう?

関連記事

キャンプ場(フリー素材)

黒い石

大学時代のサークル活動で不思議な体験をした。主な登場人物は俺、友人A、先輩、留学生3人(韓国、中国、オーストラリア)、友人Aの友達のアメリカ人、他は日本人のサークルメンバー。 …

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。山一つと言っても、子…

すたかという駅

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と…

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。当時、私たち姉弟の間…

迷いインコの怖いつぶやき

これはテレビ番組の『探偵!ナイトスクープ』で実際にあった話である。依頼の内容は、迷いインコを保護したのでその飼い主を捜して欲しいというもの。インコは「ピーコ」や「な○た…

エレベーター

今から5年前、渋谷のとある会社に勤めていた時の体験。深夜残業になり、夜中まで仕事をしてた。事務所は6階建ての雑居ビルの4階で、深夜になると非常階段は閉められてエレベーター以外降…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…