消えた数時間

The_Time_Traveler_by_xetobyte

今日、変な体験をした。

早目に仕事が終わったから、行きつけのスナックで一杯飲んで行くかと思い、スナックが入ってる雑居ビルのエレベーターに乗った。

俺は飲む時に使う金を決め、財布から胸ポケットに入れる癖があるのね。

それでいつものように胸のポケットに三千円を入れ、スナックがある5階に着いてエレベーターを降りたら、視界一面が真っ白だった。

壁は元より、ドアや看板など、白くないはずの所まで真っ白。

『全店改装か? 全店で一斉引っ越しとかないだろ。ママも一言連絡くれてもいいのに』

そう思い仕方無くエレベーターに向き直ったら、まだエレベーターは別の階に移動していないはずなのに、「チン」という音がしてドアが開いた。

そしたら作業服と言えば良いのかな、工事現場で働いているような格好をした初老の男性が降りて来た。

そして俺を見て目を見開き、開口一番、

「何故、ここに居るんだ!どこから入った!」

と、いきなり怒鳴られた。

『もしかしてビルの取り壊しでもするのか?』と思い直し、説明をした。

「エレベーターで上がって来たら、お店が一つも無くて。このビル、建て直すんですか?」

「そうじゃないんだよ、ここはダメなんだよ」

「もしかして塗装中とか? すんません、知らなくて」

「そうじゃなくて、ここは少し外れているんだよ」

意味が解らない。

まあ改装中なら仕方無いと、エレベーターに乗ろうとしたら男性が

「そっちじゃないよ。ちょっと待ってて」

と携帯電話を取り出し、ダイヤルも押さないまま耳に当てて、こんなことを言った。

「あ、はい、一名です。ヒグスデンカデしてください」

「え?」

「悪かったね、いきなり怒鳴ったりして」

男性がそう言ったのは覚えている。

次の瞬間、ビルの前に立っていた。

俺はスナックがある5階に居たはずなのに。どう言えば良いんだろう。瞬間移動というのが本当にあるのなら、きっとこんな感じだと思う。

腕時計を見たら23時半だった。俺は今日は仕事が早く終わって飲みに来たのだから、23時半なんておかしい訳だ。携帯電話の時計も確認したけど、23時半丁度。

胸ポケットを触ったら、そこにはさっき入れた千円札が3枚入っていた。

あの初老の男性が一体誰だったのかも気になるけど、俺はあの数時間、一体どこに居たんだろう?

谷川岳(フリー写真)

谷川岳の救難無線

大学のワンゲル時代の話。部室で無線機をチェック中に、「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」と部員が聞いて来た。その場に…

駅(フリー写真)

不思議な老人と駅

今年の夏に体験した話。雨がよく降る火曜日のこと。その日は代休で、久々に平日をゆっくり過ごしていた。妻はパート、子供達は学校。久しぶりの一人の時間に何をして良いや…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。何もないところで手をふると、そこだけスローになる。それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

団地(フリー写真)

ずれた世界

母がまだ幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。一番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りて行くと、一階の団地の入口に見知らぬおばさんが居た。その団地には、郵便受けが…

憩いの館

いなくなった犬猫が発見されることが、異常に多い廃屋があった。廃屋と言っても街中にあってわりと小ぎれいな一軒家。別に荒らされいるわけでもない、古い造りのちょっと雰囲気ある家。 …

京都(フリー写真)

かわらけのお狐さん

小学生の頃に学校の畑を掘ったら、土の中から陶器の狐が出てきた。真っ白のかわらけで出来た狐のお面みたいなもので、他にも沢山出て来た。七福神や打出の小槌などの縁起物もあっ…

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…

マスク(フリーイラスト)

空白の友人

偶に記憶の空白が訪れる。正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。まあ、…

山道(フリー素材)

異界の神社

夏の時期に自分が体験した、不思議で気味の悪い話。21歳の時だから3年前の夏。確か8月の二週目だった。上京して大学に通っていた俺は、夏休みを利用して実家に里帰りしていた。…