隠し部屋

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験 | 怖い話

e5b225dc86a954b83f6444a259d1e8151

20年以上前の話なのですが聞いてください。

友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。しかし、たまに冷たい風がすーと吹き込んできます。

古いアパートでしたがサッシは新しいものでしたので、どこから抜き込んでくるのか不思議でした。しばらく飲んだ後、どうしても気になったので友人に訊いてみると、いつもこんな感じだから平気だと言います。

共同トイレで用を足した後、おかしな事に気付きました。そのアパートは2階建てで階段を上った右側にトイレが、左側に10メートル位の通路があり、その両側が部屋になっています。

トイレから見て左側に2部屋、右側に3部屋あり、その真ん中が友人の部屋です。と、思っていたのですが、右側には2部屋しかありませんでした。

左側は階段があるせいで狭いため、少し大きめの部屋が2部屋で右側は小さい部屋を3部屋にしているのでしょう。

廊下の突き当たりに左側の奥の部屋の扉があるのですが、その向かい側は壁になっています。

しかも、その壁は奥から3メートルくらいまで内側に10センチほど張り出していて、ただでさえ狭い廊下がそこだけますます狭くなっていました。

部屋に帰って友人に尋ねましたがそれまで気付かなかったそうです。まあ自分の部屋より奥なので気にはしないんでしょうが。

窓から顔を出して両側を見てみました。するとちゃんと両側に窓が一つずつあります。間違いありません。この部屋の隣にはもう一部屋存在しているのです。

これはきっちり調べなくては気が済みません。その部屋側の壁は上下2段の押し入れになっているためまず中の荷物を全部出しました。

奥は幅20センチほどのはめ板が並んでいてその隙間から冷たい風が吹いていました。あの妙なすきま風はここから吹き込んでいたのでした。

隙間から覗いてみましたが真っ暗で何も見えません。多分向こう側も押し入れになっているでしょうから、襖が閉まっていれば何も見えないでしょう。

無神経な友人も流石に気味が悪くなったようで、その日は別の友人の部屋に泊めてもらうことにしました。

建物の外からは隠れた部屋の窓は他の建物が邪魔で見ることが出来ず、何か調べるにしても昼の方が怖くないので友人の部屋に急ぎました。

翌日、部屋に戻って調査再開です。まず羽目板の隙間は昼でも真っ暗でした。ライトで照らしてみましたが隙間が狭いためうまく照らせません。

廊下で調べていると向かいの部屋の住人が出てきました。事情を説明すると不自然な印象はなかったそうです。

そうです、部屋の間取りはその住人しか分からないので廊下から見ると広い部屋があるようにしか見えないのです。

隠し部屋の存在は友人の部屋に住んだ者しか知り得ないのです。廊下の壁はしっかりしていて他の壁と同じ色で塗ってあるため張り出している以外はおかしな点はありませんでした。

それ以上何も出来ないので、思い切って近所に住む大家さんに聞いてみることにしました。

大家さんは人の良さそうな50代の女性でした。でも、謎の部屋の話は一切してくれず、管理している不動産屋に聞いて欲しいと言われました。

管理会社に行くと、担当者が出てきて開口一番謎の部屋の話を始めました。多分大家さんから連絡が行っていたのでしょう。

色々細かい説明はありましたが、今は部屋ではなく納戸として使用しているそうです。出入り口がないことについては一切説明がありませんでした。

自分が入社したときはあの状態だったので理由は分からないそうです。工事業者の手違いかもしれませんねって言ってました。

説明の後で賃貸契約書を出してきて、家賃を2.5万円に下げさせてもらいますのでそれでどうでしょうと言ってきました。友人は考えさせてもらいますと言って部屋に戻りました。

管理会社からの帰り道、友人と相談して隣の部屋へ入ってみることにしました。入ってみて何かあれば解約して何もなければそのまま住もうということになったのです。

もしかしたらこっそり隣の部屋を使うことも出来るんじゃないかと思っていました。その時は…。

押し入れの羽目板を切れば簡単に入れそうでしたので、金物屋で道具を揃え早速決行しました。

作業がしやすそうな上段の羽目板を2枚切ることにしました。まず板に手回しのドリルで3センチくらいの穴を開けそこから鋸で切り始めました。

板の厚みは1センチくらいでしたのですぐに切れるかと思ったのですが、素人ですのでなかなか切れません。

ドリルを多用して何とか縦50センチ×横40センチ位の穴が開いたのが4時頃でした。2時頃に作業を始めましたので約2時間もかかってしまいました。

作業中気付いたのですが、板の裏側に紙が貼ってある様なのです。ドリルや鋸の刃におが屑と一緒に紙が混ざっていました。板を外してみるとそれはお札でした。

そこで、少しやばいかなと思ったのですがとりあえず中に入ってみました。押し入れに襖はなく目が慣れてくると薄暗い部屋の様子が徐々に見えてきました。

6畳程のその部屋は角部屋でしたので窓が二つあるのですが、そのどちらもベニヤ板で塞がれていました。玄関の扉はそのままですが、廊下の様子からすると多分開かないでしょう。

その時、壁の様子がおかしいのに気がつきました。何か模様があるようです。懐中電灯を点けて壁を照らした瞬間、私は息を飲みました。

模様だと思ったのは壁一面に貼られたお札でした。扉にも窓をふさいである板にも今顔を出している押し入れの中もお札で埋め尽くされていました。

あまりの恐怖に身動きが取れずにいると後ろから友人が声をかけてきました。

早く入れと言う友人と入れ替わって中の様子を見せると絶句していました。とりあえず入ってみることにして友人、私の順で狭い穴をくぐり部屋の中に入りました。

入ってみるとお札は床にも天井にも貼ってありました。白いものと赤いものが入り乱れて張ってあります。が、それ以外は別になんということもありませんでした。

友人は引っ越すかどうかを考えていたようです。その時「バーン」と凄い音がしました。

驚いて音のした方を見ましたが何もありません。すると立て続けに同じ音が部屋中からして振動まで伝わってきました。その音は何か大きなもので壁を叩いている音なのですが内側から叩いているように感じました。

音と振動はどんどん大きくなって建物全体が揺れているようでした。立っているのもままならない状態になり二人同時に押し入れの穴へ飛びつきました。

狭い穴をくぐろうともがいている時、友人が私の足を掴んで引っ張りました。ですがこちらも必死でしたのでその手をふりほどくようにして友人の部屋へ逃げ込んだのです。友人も無事でした。

というより私より先に部屋に入っていました。そして私にこう言いました。

「なんで足ひっぱったんだよ」

私は驚きましたが慌ててたとか言い訳をしてごまかしました。外が騒がしかったので出てみると、アパートと近所の住人と思しき人がちょっとした人だかりを作っていました。

どうやら私達が経験した音や振動は外でも聞こえたようで大騒ぎになっていました。周りの人に調子を合わせて、心配そうに話しているうちに、もう大丈夫だろうと徐々に解散していきました。

私達も部屋へ戻り恐る恐る羽目板を用意していたベニヤと釘で戻しました。当初はベニヤで蓋をするつもりでしたが、はずした羽目板の裏のお札が気になり、ベニヤに羽目板を打ち付けてからそのベニヤで蓋をしました。

友人は持てるだけの荷物を持って私の部屋へ来て、翌日アパートを解約し引っ越しも業者に任せ、それ以降近寄りませんでした。もちろん私も同様です。

なぜ20年以上も前の話を思い出したのかというと、実は先日その友人に会ったのです。

現在はお互いに家庭を持ち離れた土地で暮らしていますが、所用でこちらへ来るので飲もうと連絡があり15年ぶりに会うことになりました。

学生時代の思い出やバカ話をしている内に例のアパートの話になり、恐ろしい体験を鮮明に思い出しました。

友人は何年か前にアパートへ行ってみたそうです。そこは三軒茶屋というところで、もう20年前の面影は全く無く建物どころか道路さえ新しく造り替えられ場所もはっきり解らなかったようです。

それを聞いてなぜか私はほっとしました。長い年月で薄れていたとはいえあの恐怖の元凶となった場所が無くなっていたのですから。

その後は色々と取り留めのない話に終始し、夜半を過ぎたところでお開きにしました。

でもお互いにどうしても尋ねたいことがあったのです。それはあの事件からずっと聞きたいことでした。私はもちろん自分のことなので解りますが、友人もきっと同じだと思います。

あの事件の後、友人とは旅行も行きませんでしたし、二人共常に靴下を履いていましたので確信はありません。

いえ、常にどんなに暑い日でも靴下を履いていたことで逆に確信できたのかもしれません。

友人は私に訊きたかったでしょう。

「お前の足首にも手の形の痣はあるか?」

と…。

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。 父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。 風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。 当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。 市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。 田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。 本命は猪なんだけど、…

入れ替わった友人

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。 俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。 …

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。 父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。 祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。 そ…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。 小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。 雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

山遊び

子供の頃の話。 大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。 小学校が休みの日…

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。 店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。 心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。 操車場は…