彼の予見

pb_b_20070401

昔付き合っていた彼氏の話。

当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。

当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったんだけど、夜中に泣いていると必ず『アイタイ』と彼氏からメッセージが。

『イイヨ』と返事をすると、本当にすぐまた返事が来る。

道が混んでいなくても車で15分はかかる距離なんだけど、いつもぴったり15分で来る。

ポケベルを鳴らしてすぐ出掛けたとしか思えないくらいの時間。

泣いていない日はそういうメッセージが来ないという事に気付いたある日、さりげなく「何でそんなしょっちゅう会いに来るの?」と、冗談めかして聞いてみた。

すると彼氏は、最初は話したがらなそうな素振りをしていたので世間話に変えたが、一時間程してポツリと呟いた。

「いつも夢でお前が泣いてっから、気になって来たら、真っ赤な目パンパンに腫らしてっから、夢を無視出来なくなった」

そんな彼氏が亡くなって7年経つ。

亡くなった7年前は、彼氏は東京の大学に行って遠距離恋愛でした。

家業を手伝っていた都合上、地元の京都と東京を週2回は往復していたので、週1回は会っていたと思います。

学校も真面目に出席していて、睡眠時間は1日3時間ぐらい。

心配していましたが、彼は取り合いませんでした。

5月のある日、彼氏からポケベルに『ゴメンナ』とメッセージが入りました。

謝られる覚えはなかったので、『何の事?』と返したものの、返事は来ない。

その数時間後、彼氏は亡くなりました。

風邪をこじらせて入院していたのは知っていましたが、実は心臓が悪かったらしく、過酷なスケジュールをこなす為に睡眠薬とカフェイン系の薬を交互に過剰摂取した結果、過労で倒れて風邪をもらい、弱かった心臓に負担が掛かった事が原因でした。

私はもちろん、彼のご両親も心臓の事は知りませんでした。

でも後から考えると、おかしな事が何度もあったのです。

二人で眠っている夜、話し声に目を開けると、彼氏が誰かに喋りかけている事が何度かありました。

大抵は、

「何でそんなに早いんだよ」

「時間をくれ」

「あと○年でいい」

そんな内容だったと思います。

後年になって彼の周りの人が、彼は亡くなる前に自分の死を必ず予見していたと、彼のご両親も話していました。

もしかしたら彼は、『彼を迎えに来てた人』と会話していたのかもしれません。

人より第六感というか霊感というか、そんな感覚が優れていたらしい彼が、どんなに恐くて怯えていただろうか…と、何も出来なかった事だけが心残りです。

ちなみに彼の死後、ご両親によれば、

「部屋の整理どころか、捨てる物と誰々に譲って欲しい物を、全部分けていた」と話していました。

「遺品の整理までしやがって。親孝行に見えるけど、親より先に逝くのを知ってたのに隠して、何て親不孝な息子だ」

親父さんが泣きながら笑っていた事を、今でも忘れられません。

ローカル駅(フリー写真)

無音の電車

学生時代の当時、付き合っていた恋人と駅のホームで喋っていました。 明日から夏休みという時期だったので、19時を過ぎても空が明るかったのを覚えています。 田舎なので一時間に一…

アパートのドア(フリー写真)

異界の部屋

当時はアパートに住んでいて、その頃に体験した不思議な話。 母ちゃんに頼まれ、回覧板を他の部屋に渡しに行った。 さっさとドアのポストに回覧板を入れ、自分の部屋に帰って行った…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。 奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

森(フリー写真)

森の中の人

俺は中学の時、死のうと思っていた。凄い虐めに遭っていて、教師も見て見ぬ振り。両親共に不倫していて俺に興味なし。 身体中に痣があり、その日は顔もボコボコで、もう息をするのも辛かった…

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…

森(フリー写真)

不思議な子供とおじいさん

20歳の頃だったか、まだ実家でプータローをやっていた時の話。 うちは物凄い田舎で、家のすぐ傍が森や山みたいな所だったのよ。 それで何もやる事がないし、家に居たら親がグチグチ…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。 でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。 山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。 そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。 親方に呼ばれ、 …

プラットフォーム(フリー素材)

プラットフォームの死神

小学生の時の事なので思い違いかもしれないけど、謎だった体験。 家族と出掛けた帰り、確か夜の21時頃に、駅のホームで電車を待っていた。 ホームには他にも少数の人が居て、少し離…

京都(フリー写真)

かわらけのお狐さん

小学生の頃に学校の畑を掘ったら、土の中から陶器の狐が出てきた。 真っ白のかわらけで出来た狐のお面みたいなもので、他にも沢山出て来た。 七福神や打出の小槌などの縁起物もあっ…