彼の予見

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

pb_b_20070401

昔付き合っていた彼氏の話。

当時高校生だった私は、思春期にありがちな『情緒不安定』で、夜中に一人で泣く事が多かった。

当時はまだ携帯なんて高嶺の花で、ポケベルしかなかったんだけど、夜中に泣いていると必ず『アイタイ』と彼氏からメッセージが。

『イイヨ』と返事をすると、本当にすぐまた返事が来る。

道が混んでいなくても車で15分はかかる距離なんだけど、いつもぴったり15分で来る。

ポケベルを鳴らしてすぐ出掛けたとしか思えないくらいの時間。

泣いていない日はそういうメッセージが来ないという事に気付いたある日、さりげなく「何でそんなしょっちゅう会いに来るの?」と、冗談めかして聞いてみた。

すると彼氏は、最初は話したがらなそうな素振りをしていたので世間話に変えたが、一時間程してポツリと呟いた。

「いつも夢でお前が泣いてっから、気になって来たら、真っ赤な目パンパンに腫らしてっから、夢を無視出来なくなった」

そんな彼氏が亡くなって7年経つ。

亡くなった7年前は、彼氏は東京の大学に行って遠距離恋愛でした。

家業を手伝っていた都合上、地元の京都と東京を週2回は往復していたので、週1回は会っていたと思います。

学校も真面目に出席していて、睡眠時間は1日3時間ぐらい。

心配していましたが、彼は取り合いませんでした。

5月のある日、彼氏からポケベルに『ゴメンナ』とメッセージが入りました。

謝られる覚えはなかったので、『何の事?』と返したものの、返事は来ない。

その数時間後、彼氏は亡くなりました。

風邪をこじらせて入院していたのは知っていましたが、実は心臓が悪かったらしく、過酷なスケジュールをこなす為に睡眠薬とカフェイン系の薬を交互に過剰摂取した結果、過労で倒れて風邪をもらい、弱かった心臓に負担が掛かった事が原因でした。

私はもちろん、彼のご両親も心臓の事は知りませんでした。

でも後から考えると、おかしな事が何度もあったのです。

二人で眠っている夜、話し声に目を開けると、彼氏が誰かに喋りかけている事が何度かありました。

大抵は、

「何でそんなに早いんだよ」

「時間をくれ」

「あと○年でいい」

そんな内容だったと思います。

後年になって彼の周りの人が、彼は亡くなる前に自分の死を必ず予見していたと、彼のご両親も話していました。

もしかしたら彼は、『彼を迎えに来てた人』と会話していたのかもしれません。

人より第六感というか霊感というか、そんな感覚が優れていたらしい彼が、どんなに恐くて怯えていただろうか…と、何も出来なかった事だけが心残りです。

ちなみに彼の死後、ご両親によれば、

「部屋の整理どころか、捨てる物と誰々に譲って欲しい物を、全部分けていた」と話していました。

「遺品の整理までしやがって。親孝行に見えるけど、親より先に逝くのを知ってたのに隠して、何て親不孝な息子だ」

親父さんが泣きながら笑っていた事を、今でも忘れられません。

関連記事

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。 俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。 俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。 俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。 でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

古い木造アパート(フリー写真)

白い木造建築

私が大学生の時に住んでいた部屋は、妙に雰囲気が悪かった。 日当たりは悪くないのに、何処となく薄暗いような感じがする。 いつもジメジメしていて、普段から気分が鬱々としたもの…

農村(フリー写真)

神隠しの森と村の伝承

ある山村に、不思議な伝承があった。 その伝承によれば、村の奥地にある古い神社には、神隠しの力があると言われていた。 神隠しとは、神や妖怪が人間を自分の世界に連れ去ってしま…

歪みが発生している場所

確か小学2年の頃の話。 クラスで仲の良い友人が、 「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」 と言うので付いて行った。 そいつは普段から「宇宙人を見た」などと言…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。 その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。 弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

社長室(フリー写真)

社長の話

以前勤めていた会社での事。 その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。 しかし所詮は個人企業。 社長も元々商売の才覚があった人…

夜の校舎

あんたがたどこさ

深夜23時。僕と友人のKは、今はもう使われていない、とある山奥の小学校にいた。 校庭のグラウンドには雑草が生え、赤錆びた鉄棒やジャングルジム、シーソーがある。 現在は危険と…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…