ミルクキャラメル

公開日: ほんのり怖い話

京都のお寺(フリー写真)

小学1年生の頃、よく自分の家のお墓があるお寺で一人遊んでいた。

池の鯉を見たり、お寺に飼われていた猫のミケと遊ぶのが楽しかった。

じいちゃんのお墓参りをして、周りに生えているタンポポを摘んでお供えしたりしていた。

ある日、いつものようにタンポポを摘んでいたら、着物を着たおばあちゃんが声をかけて来た。

「泉さんとこの和子ちゃんでしょ? しばらく見ないうちに大きくなって」

と、おばあちゃんは笑っていた。

おばあちゃんはどこのお家のおばあちゃんかと聞くと、

「山口先生のとこのおばあちゃんよ」

と答えた。

山口先生は近所の小児科の先生で、私も熱を出したりするとその先生の所で診てもらっていた。

「おばあちゃんね、迷子になっちゃたのよ。

お墓までは来られたのに、先生のお家まで行く道が分からなくなって困ってたの」

「大人でも迷子になるんだね。

あっちの門を出て、まっすぐ行って、車が沢山通っている道を左に曲がって、またまっすぐ行くんだよ。

信号は渡っちゃだめだからね」

と教えてあげた。

おばあちゃんは、

「どうもありがとう。きちんと教えられて偉いわね。これはお礼」

と言って、明治ミルクキャラメルをくれた。

その夜、風邪をひいたのか熱を出した。

夜の20時頃、山口先生が往診に来てくれて、お尻に注射を打たれた。

おばあちゃんに偉いねと褒められた事を伝えたくて、昼間の事を話し、先生のおばあちゃんからもらった明治ミルクキャラメルを見せた。

先生と母親はびっくりしたように顔を見合わせた。

私は多分そのまま眠ってしまったのだろう。

目が覚めたら朝になっていて、熱もすっかりひいていた。

後から知ったのだけど、おばあちゃんは前の年に亡くなっていて、事情があり分骨したのだそうだ。

キャラメルはおばあちゃんの大好物で、入れ歯に付かないように、ゆっくり時間をかけて一粒ずつ噛まずに舐めていたらしい。

関連記事

霧のかかる山(フリー写真)

酒の神様

去年の今頃の時期に結婚して、彼女の実家の近くのアパートに住んでいる。市内にある俺の実家から離れた郡部で、町の真ん中に一本国道が通っており、その道を境に川側と山側に分かれている。…

ロールプレイングゲーム

ある小学5年生の男の子が、持病が悪化したため、1ヶ月間入院する事になった。病室は4人部屋で、その男の子の他に、おばあちゃんとおじいちゃん、もう一人は同い年くらいの女の子だった。…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。夕方になってかくれんぼをして…

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。それでちょっと眠くなって…

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

和室(フリー写真)

回転する位牌

昔ニュースになったので、知っている人は知っているかもしれません。一人暮らしのおばあさんが、マンションの一室で孤独死した。死因は、ノイローゼが昂じて、弱った心臓が耐え切…

優しい抽象模様(フリー素材)

ともだち

最近、何故か思い出した。子供の頃の妙な「ともだち」。当時の自分は両親共働きで鍵っ子だった。とは言っても託児所のような所で遊んで帰るので、家に一人で居るのは一時間程度。そ…

家(フリー写真)

バイバイ

4月の統一地方選挙で、某候補者のウグイス嬢をしました。その時、私はマイク担当ではなく、手振りに専念していました。手振りは、候補者を支持してくださる方が振っている手を漏ら…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

樹木(フリー写真)

根付

これは私が小学3年生の時に体験した話です。当時の私の家族構成は、母方の祖父母、父母、姉、でした。祖父の生家を建て直す事になり、壊す前に家族全員でご挨拶に伺いに行きました…