時を超えた電話

時間

高校の時に母から、

「昨日、お前から電話がかかってきた。○○(住んでいるところ)にもうすぐ到着するという電話だった。声は確かにお前だった」

と言われた事があった。

その時は家に居て寝ていたのだから、そんな事は有り得ない。その電話がかかってきたのは夜の事だった。

それから月日が経過し、高校も卒業し専門学校も卒業した。

そして2年前に、専門学校の同窓会をやるという通知が来たから行ったんだ。

八王子にある某専門学校なんだけど、実に楽しかった。

そして同窓会も終わり、帰るために特急へ乗った。

もう夜になっていたんだけど、その時なぜか猛烈に眠くなったんだ。

疲れていたせいかなと思ったが、物凄い眠気でガクンッとなった。

その瞬間、眠気が急に無くなってスッキリ。

電車には何も変化はないし、変な名前の駅に着いたと言う事もない。

ただ帰宅報告をするため、乗り換えする駅に到着した時、家に電話した。

そしたら『もしもし!』と、母の声が耳に飛び込んできた。

『え?』と思ったね。なぜならその時、母は病気で寝たきりになっていたから。

電話に出られる訳がないんだよ。おまけに元気な声。

一応、○○だけどと言ったら、電話の向こうの母は、

『○○は寝てるけど…誰? ほんと誰? え? え? 声は○○だけど…。こんな夜中にどっか出かけてるの?』と言うので、

「え? 俺は八王子の学校の専門学校からの帰りで、もうすぐ○○に到着するからというのを言うために電話したんだけど、母ちゃん病気治ったの?」

と言うと、電話の向こうの母ちゃんはますます慌てて、

『え? 八王子!? 病気? こわいこわいこわいこわい!』

と言い、電話を切られた。

『何なんだ?』と思ったけど、乗り換えする電車が来てしまったから乗った。

そして乗っている最中、また強烈な眠気。電車のガタンゴトンという音は眠気を誘うんだな。今度はがっつり30分ぐらい寝た。

気が付くと目的地を伝えるアナウンスが流れていたので、慌てて起きて目的地の駅に降り、家にもう一度電話。そしたら兄貴が出た。

母はどうしているか聞くと、相変わらず寝室で寝ているらしい。

取り敢えず兄貴に駅まで迎えに来てもらった。

兄貴の車の中で例の高校の時の不思議体験を思い出し、『あれって…ついさっきの俺!?』とかなり動揺した。

過去に数分の間、飛んじまったのかねぇ?

関連記事

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」と言われる事がある。霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。これは俺が実…

駅(フリー写真)

不思議な老人と駅

今年の夏に体験した話。雨がよく降る火曜日のこと。その日は代休で、久々に平日をゆっくり過ごしていた。妻はパート、子供達は学校。久しぶりの一人の時間に何をして良いや…

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。それでちょっと眠くなって…

煙草

子供の頃、田舎のおじいちゃんの家で、ひと夏過ごした事がある。ある日、沢までわさびを取りに山の奥までおじいちゃんと行った時のこと。季節は夏で、青々とした雑草やらシダやらがその細い…

山では不思議なことが起きる

この話を聞いたのはもう30年も前の話。私自身が体験した話ではなく、当時の私の友人から聞いた話。その友人は基本リアリストの合理主義者で、普段はTVの心霊番組や心霊本などは…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…

タイムスリップ(フリー素材)

時を隔てた憑依

最近ちょっと思い出した話がある。霊媒体質の人には意識が入れ替わることがあるらしいけど、これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。 ※ 数年前、ある人に連れ…