迷い道

abstract-art-colorful-15-HD-pics-3

昔、某電機機器メーカーの工場で派遣社員として働いていた時の話。

三交代で働いていて、後一ヶ月で契約が切れる予定で、その週は準夜勤(17:00~0:30)でした。

当時は運転免許も持っておらず、通勤は自転車でした。

工場から自宅アパートまでは一本道の国道で、時間的には30分くらいの距離でした。

その日もいつものように仕事を終え、会社を出て家路についたのですが、10分くらいして、今自分が全然知らない道を走っている事に気がついたのです。

仕事で疲れていて、知らないうちに道を間違えたのかと一瞬思いましたが、家までは一本道だし、もう一年以上も行き来しているので間違えるはずがありません。

今自分が走ってる道も見た感じは国道ですし、知らない場所という以外は、特に変わったところもないように思いました。

まだ携帯電話などは持っていませんでしたので、誰かに連絡を取ることも出来ず、取り敢えずこのまま行ってコンビニか公衆電話を探すことにしました。

しかし、いくら行ってもどちらも見つからず、時間も2:30を越えていました。

その時気が付いたのですが、この辺は確かに田舎だけど、いつもなら国道は夜中でも車が時々走ってるはずなのに、道が分からなくなってから一台も見てないのです。

あまりの異常さに段々パニックになってきて、それから多分40分くらい訳も分からず必死にペダルを漕いでいました。

そして「このまま走ってても埒が明かない。その辺の人家で道を聞くしかない」と、やや朦朧とした意識の中でそう思った時に、急に見慣れた場所にいる事に気が付いたのです。

そこは自分のアパートを200メートルくらい過ぎた場所だったのです。

急激な安堵感が頭を駆け巡ると共に、一刻も早く帰りたかったので、急いで道を引き返してアパートに帰りました。

そして、部屋に入るなり倒れ込むようにして、暫く身動きが出来ませんでした。

段々落ち着いきてから時計を見ると、もう3:30を回っていました。

冷静になって考えてみると、真っ直ぐ走ってきてアパートの前を通り過ぎたということは、道は間違ってなかったという事だから何時間もかかるはずがないし、アパートの横はコンビニだったので、その前を通過したのならいくら朦朧としていても、店内や看板の強い照明で通り過ぎる前に気が付いたはず。

もう考えれば考える程訳が分からなくなって、その日は眠りに就きました。

その週は、残り三日を体調不良で休んで、次の週は本当は夜勤だったのですが、無理を言って残りの一ヶ月は全て昼間の勤務に変えてもらって退職しました。

あれからもう17年経ちましたが、この事があってから夜はあまり出歩かなくなり、仕事も夜勤などは怖くてなるべくしないようにしてきました。

それにしてもあの体験は一体なんだったのでしょうかね。

関連記事

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。その時に借りた家で体験したお話です。場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。班…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

フラクタル模様(フリー素材)

予知夢

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってし…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

時が止まる場所

昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…。当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。ある日、リーダー格の友人Aの意見で、公園内だけではつ…

黄泉の国の体験

同窓会の案内が来て、中学生だった当時を懐かしんでいたら思い出したことがある。この間の夜、ふと目が覚めると目の前に血を流した女の人がいた。寝ぼけていたし起こされてムカつい…

住宅(フリー写真)

苦労かけるな

夜に2階の自室で、一人で本を読んでいた時のこと。実家は建てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えなかった。自分は単に家鳴りだと思っていたのだが、その日はポスターから音が…

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。彼は登山歴3年くらいの経験…