首長リーマン

mission_vlad03_011

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。

電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。

電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を見て過ごしていた。

ちょっと恋愛関係で良い事があった帰りだったもんで…。

ずーっとそのおっさんと二人だったけど、ある駅に停車した時、おっさんの近くのドアの外側に一人のリーマンが立っているのが見えた。

別に気にもかけずにそのまま携帯を見ていたら、

「なに見てんだよ」

と機械的な声で急に言われた。

驚いて目を上げると、そのリーマンのニヤニヤ顔がすぐ近くにあって、俺の携帯を覗き込んでいる。

『うお、何だこいつ』って滅茶苦茶ビビりながらよく見ると、第二の衝撃。

リーマンに体が無い。っていうか、“ここに”無い。

そのリーマンは体をホームに置き去りにして、ろくろ首みたいに首だけを伸ばし電車内に入って来ていた。

酒を持ったまま固まっているおっさんが目に入る。

おっさんにも明らかにリーマンが見えている。

リーマンの顔に目を戻す勇気がなくて、暫くおっさんと見つめ合っていると、電車が閉まる音楽が鳴った。

車内に入って来る気はないのか、その首長リーマンの顔が

「いいいいい~」

と笑いながらスルスルと車内から出て行く。

『良かった~』と安心していたら、首が完全に出る直前に、閉まっちゃったんだよね、ドア…。

車掌さん、あんたリーマン見えてないの、何で閉めるの…と今では思う。

ろくろ首じゃなくて、ゴム人間だったのかな。伸びた首がドアに潰されてペチャンコになりながらも、リーマンはニヤニヤ笑っていた。

電車が動き出す。挟まった首はビヨーンと伸びて付いて来る。

窓の外に、棒立ちのままのリーマンの体が後方に流れて行くのが見えた。

「いいいいいいいいいいいいい!!」

奇怪な笑い声を上げながら顔を左右にビチンビチンとドアに打ち付けて尚付いて来るリーマン。

『もうやめてくれ!』と思いながら暫く震えていると、伸び縮みの限界が来たのかドアの隙間を「スポンッ!」と抜けて夜の闇に消えて行った。

その後、すっかり酔いが醒めた様子のおっさんと震えながら次の駅で降り、なんやかんや二人で飲みに行くことにした。

間近で顔をブンブン振られていたおっさん。俺の何倍も怖かっただろうな。

連絡先は交換しなかったけど、元気にしているだろうか。

関連記事

シャッター(フリー写真)

未解決の行方不明者事件

この話は、ある探偵事務所のY氏から聞いた、未解決の行方不明者事件についてのものです。 消えた男性は、長距離トラック運転手でした。 男性はある日、青森へと向かう高速道路をト…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。 季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。 初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

インコ

インコのムウちゃん

2年程前から飼っているオカメインコのムウちゃんについてのブログを始めた。 始めた当初は誰も記事を見に来てくれないし、コメントも残してくれないので結構寂しかった。 でも他の人…

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。 俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …

泉の広場の赤い服の女

3年近く前、泉の広場のところで、変な女がうろついていた。 通勤の帰りによく見かけた。 30前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。 …

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。 そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。 最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

人形の夢

前月に学校を辞めたゼミの先輩が残して行った荷物がある、という話は久保から聞いた。 殆ど使われていない埃っぽい実験準備室の隅っこに置かれた更衣ロッカーの中。 汚れたつなぎや新…

イケモ様

昔ばあちゃんの家に預けられてた時、後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。 ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く、行く所も無かったから、その祠の近くにある池でよくじいち…

わたしはここにいるよ

俺が小学生の頃の話。 俺が住んでいた町に廃墟があった。 2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。 ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボ…