首長リーマン

mission_vlad03_011

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。

電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。

電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を見て過ごしていた。

ちょっと恋愛関係で良い事があった帰りだったもんで…。

ずーっとそのおっさんと二人だったけど、ある駅に停車した時、おっさんの近くのドアの外側に一人のリーマンが立っているのが見えた。

別に気にもかけずにそのまま携帯を見ていたら、

「なに見てんだよ」

と機械的な声で急に言われた。

驚いて目を上げると、そのリーマンのニヤニヤ顔がすぐ近くにあって、俺の携帯を覗き込んでいる。

『うお、何だこいつ』って滅茶苦茶ビビりながらよく見ると、第二の衝撃。

リーマンに体が無い。っていうか、“ここに”無い。

そのリーマンは体をホームに置き去りにして、ろくろ首みたいに首だけを伸ばし電車内に入って来ていた。

酒を持ったまま固まっているおっさんが目に入る。

おっさんにも明らかにリーマンが見えている。

リーマンの顔に目を戻す勇気がなくて、暫くおっさんと見つめ合っていると、電車が閉まる音楽が鳴った。

車内に入って来る気はないのか、その首長リーマンの顔が

「いいいいい~」

と笑いながらスルスルと車内から出て行く。

『良かった~』と安心していたら、首が完全に出る直前に、閉まっちゃったんだよね、ドア…。

車掌さん、あんたリーマン見えてないの、何で閉めるの…と今では思う。

ろくろ首じゃなくて、ゴム人間だったのかな。伸びた首がドアに潰されてペチャンコになりながらも、リーマンはニヤニヤ笑っていた。

電車が動き出す。挟まった首はビヨーンと伸びて付いて来る。

窓の外に、棒立ちのままのリーマンの体が後方に流れて行くのが見えた。

「いいいいいいいいいいいいい!!」

奇怪な笑い声を上げながら顔を左右にビチンビチンとドアに打ち付けて尚付いて来るリーマン。

『もうやめてくれ!』と思いながら暫く震えていると、伸び縮みの限界が来たのかドアの隙間を「スポンッ!」と抜けて夜の闇に消えて行った。

その後、すっかり酔いが醒めた様子のおっさんと震えながら次の駅で降り、なんやかんや二人で飲みに行くことにした。

間近で顔をブンブン振られていたおっさん。俺の何倍も怖かっただろうな。

連絡先は交換しなかったけど、元気にしているだろうか。

関連記事

道の駅

自分が2005年に旅をしていた時、実際に体験した話。当時、私は大学生で授業をさぼって自転車で日本縦断の旅の真っ最中。もちろん一人旅だ。その日は朝から雨で、秋田から山形に…

胸騒ぎ

小学校のころ、塾の先生に聞いた話です。その先生は現役の大学生で、その大学の友人に妙な体質の人がいたそうです。仮にその友人Aさんとしますが、彼はごくたまにものすごく胸騒ぎ…

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。俺は『下の階の人のと…

花(フリー写真)

連れて帰って来た子

小学3年生の時、友達の妹が亡くなった。医療事故とのことですが、詳細は不明。私もよく一緒に遊んでいたので、お葬式に行った。 ※ 家に帰ると、当時3才の弟が普段とは違う…

御業(ゴギョウ)様

俺がまだ小学生だった頃、母方のじっちゃんの田舎で体験した洒落にならない話。口止めされていたけど、もう爺ちゃんが他界して十年くらいになるから話す。関わりたくない人は、読まない方が…

脳(フリー素材)

脳の限界

俺は大学時代に心理学を専攻していて、その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊などその類は一切出てこない。先生からその話を聞いた日は、ゼミの後に飲み会を開くことになっていて…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

みさきとおばあちゃん

朝起きて家の前でタバコをふかしていると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど……。ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小…

小学校の廊下(フリー写真)

パソコン室の幽霊

これは俺が当時通っていた小学校の話だ。俺はその日、パソコン室に筆箱を忘れた。それに気付いたのは六時間目が始まってから(その時間は隣の女子に鉛筆を貸してもらっていた)。仕…

下心

これは7年ぐらい前の話です。高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。一人暮らしを始めて3ヶ月…