下心

DSCF3619

これは7年ぐらい前の話です。

高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。

実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。

一人暮らしを始めて3ヶ月ぐらいした時、会社から家への帰り道、毎日夕方6時頃いつも通る公園の横を歩いてると、何気にふと公園と道路の溝に目がいって見てみると赤いサイフが落ちてたのよ。

『ん?』っと思ってサイフを拾ってみると重い!

カード類が5~6枚入っていて、千円札が2枚ぐらいと、後は小銭がギッシリだった。

直感で女性のサイフって分かった。

一瞬ネコババしようと思ったけど、当時、俺には女友達がまったくいなかったので『これをキッカケに女友達が出来るかも!?』って思って近くの交番に届けた。

警察官から色々聞かれて、紛失届みたいな書類に記入したりしていたので、1時間ぐらいかかったかな。

警察「その書類はそちらで保管しててください。落とし主が現れた場合に必要な書類なので。では、落とし主が現れたらこちらから連絡しますので」

俺「はい」

『どんな人かなあ~』なんて想像しながら家路についた。

時計を見ると夜の9時。『風呂でも入って寝るか…』と思っていた時、

「ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン」

『おいおい3回も押すなよ…』

こんな時間に誰だと思って玄関を開けると、そこには冬場なのに赤い超ミニスカでキャミソールの美人が!

俺「…どちら様で?」

女「…すいません、サイフを落とした者なんですけど…」

俺「あっ!はいはいはいはい♪」

おいおい…いきなりかよ!しかも美人!

女「あの…紛失届の書類を貰いに着ました」

俺「あっはいはい♪ちょっと待っててください!」

急いで紛失届書を取りに部屋に戻って玄関に行こうとしたら、真後ろに女が立ってた!

『え!? まさか…ヤレル?』

なんて思っていたら、女が顔をツゥーーーっと近づけてきて、

「やさしいんですね」

と言ってニヤァ~って笑った。

笑った口には歯が一本もなく不気味だった。

一瞬、不気味さと恐怖で意識を失いそうになった…。

俺「と…当然ですよ…」

女は顔を近づけたままニヤァ~っと笑っている。

震える声で、

俺「あの…もう夜も遅いですし…」

なおも女は顔を近づけて

女「親切な人っているんですねぇ(ニヤァ~)」

そう言って女は帰って行った…。

その日は怖くて実家に帰って寝た。

一人でいるのが怖かった。

それから3日後ぐらいにふと警察の人が言ってた言葉を思い出した。

「落とし主が現れたら連絡しますので」

そういえば警察から一度も連絡がなかった。

怖いけど気になったので会社の帰りに、サイフを届けた交番に行ってみた。

すると同じ警察官で俺の事を憶えていたらしく、

警察「まだ落とし主現れてないんだよね」

『…え? サイフを届けた日に家に来たんだけど?』

なんて言えなかった。

おかしい…警察に行かないで何で俺の家が判ったんだ?

後をつけられた? それしか考えられない。

考えれば考えるほど怖いので忘れる事にした。

それからちょうど1年後、恐怖を忘れかけていた頃、いつものように帰り道の公園を歩いていると、電信柱に人影が。

赤いミニスカにキャミソール姿の女がいた。

紛れもなくあの女が…。

サイフを拾った場所を電信柱の影からジーーーーっと見ていた。

それ以来、その公園を通る事はなかった。

今でも赤いミニスカを見るとあの時の恐怖を思い出す。

田舎(フリー素材)

ワラズマ

子供の頃に変なものを見た。 遠縁で実際は血が繋がっていないんだけど親同士の仲が良いので、俺は夏休みになると毎年○家に何泊かしていた。 俺はその頃4歳くらいだった。 ※ …

ヒサユキという男

この話は私にとって本当に怖ろしい体験で、その為に長い間精神を病んでいました。 最近になってようやく落ち着いてきたので、自分の体験をまとめてみました。 読み直してみると何だか…

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。 もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

心理テスト

「心理テスト」というと、簡単に性格などを判断できる手段として、馴染みあるものだ。 しかし、それは時として犯罪者の精神鑑定で用いられる場合もあるという。 そこで、実際に犯罪者…

放送室の女

どこの学校にも怖い話はいくつかあるものだけど、俺の母校の小学校は、なぜか怖い話が放送室にばかり集中している。 数え切れない噂があるんだけど、中には実際に起きている出来事もあったり…

嫌がらせ

心霊とは関係ありませんが、かなり恐かった話です。 彼の元カノに嫌がらせをされていました。 着歴が毎日100件を越えるほどで、警察にも相談に行きましたが、相手にされませんでし…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。 父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。 父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

紫の抽象的模様(フリー画像)

塊紫水晶奥

私には年の離れた兄が居る。普段何をしているか判らない飄々とした自由人。 偶に家に遊びに来ては、変な物を置き土産として置いて行く。 半年ほど前、玄関に磨かれていない紫色をした…

星空(フリー写真)

光の玉

十数年前、私が6歳、兄が8歳の時の話。 私たちはお盆休みを利用し、両親と四人で父の実家に遊びに行った。 その日はとても晴れていて、気持ちが良い日だった。 夜になっても…