下心

DSCF3619

これは7年ぐらい前の話です。

高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。

実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。

一人暮らしを始めて3ヶ月ぐらいした時、会社から家への帰り道、毎日夕方6時頃いつも通る公園の横を歩いてると、何気にふと公園と道路の溝に目がいって見てみると赤いサイフが落ちてたのよ。

『ん?』っと思ってサイフを拾ってみると重い!

カード類が5~6枚入っていて、千円札が2枚ぐらいと、後は小銭がギッシリだった。

直感で女性のサイフって分かった。

一瞬ネコババしようと思ったけど、当時、俺には女友達がまったくいなかったので『これをキッカケに女友達が出来るかも!?』って思って近くの交番に届けた。

警察官から色々聞かれて、紛失届みたいな書類に記入したりしていたので、1時間ぐらいかかったかな。

警察「その書類はそちらで保管しててください。落とし主が現れた場合に必要な書類なので。では、落とし主が現れたらこちらから連絡しますので」

俺「はい」

『どんな人かなあ~』なんて想像しながら家路についた。

時計を見ると夜の9時。『風呂でも入って寝るか…』と思っていた時、

「ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン」

『おいおい3回も押すなよ…』

こんな時間に誰だと思って玄関を開けると、そこには冬場なのに赤い超ミニスカでキャミソールの美人が!

俺「…どちら様で?」

女「…すいません、サイフを落とした者なんですけど…」

俺「あっ!はいはいはいはい♪」

おいおい…いきなりかよ!しかも美人!

女「あの…紛失届の書類を貰いに着ました」

俺「あっはいはい♪ちょっと待っててください!」

急いで紛失届書を取りに部屋に戻って玄関に行こうとしたら、真後ろに女が立ってた!

『え!? まさか…ヤレル?』

なんて思っていたら、女が顔をツゥーーーっと近づけてきて、

「やさしいんですね」

と言ってニヤァ~って笑った。

笑った口には歯が一本もなく不気味だった。

一瞬、不気味さと恐怖で意識を失いそうになった…。

俺「と…当然ですよ…」

女は顔を近づけたままニヤァ~っと笑っている。

震える声で、

俺「あの…もう夜も遅いですし…」

なおも女は顔を近づけて

女「親切な人っているんですねぇ(ニヤァ~)」

そう言って女は帰って行った…。

その日は怖くて実家に帰って寝た。

一人でいるのが怖かった。

それから3日後ぐらいにふと警察の人が言ってた言葉を思い出した。

「落とし主が現れたら連絡しますので」

そういえば警察から一度も連絡がなかった。

怖いけど気になったので会社の帰りに、サイフを届けた交番に行ってみた。

すると同じ警察官で俺の事を憶えていたらしく、

警察「まだ落とし主現れてないんだよね」

『…え? サイフを届けた日に家に来たんだけど?』

なんて言えなかった。

おかしい…警察に行かないで何で俺の家が判ったんだ?

後をつけられた? それしか考えられない。

考えれば考えるほど怖いので忘れる事にした。

それからちょうど1年後、恐怖を忘れかけていた頃、いつものように帰り道の公園を歩いていると、電信柱に人影が。

赤いミニスカにキャミソール姿の女がいた。

紛れもなくあの女が…。

サイフを拾った場所を電信柱の影からジーーーーっと見ていた。

それ以来、その公園を通る事はなかった。

今でも赤いミニスカを見るとあの時の恐怖を思い出す。

関連記事

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。私の住んでいる町は小さ…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

隠された部屋

友人が引っ越しをした。引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。俺たち…

爪を食べる女

最近あった喫茶店での話。普通に時間を潰していたところ、隣のテーブルでなにやら物音。カリカリカリという音。最初は特に気にもならなかったので本を読んでいたのですが、30分ほ…

蛇

ナール・ナーシュ

これは現在進行中の話。一応自己責任系に入るかもしれないので、読む方はその点ご了承の上でお願いします。7~8年前、自分はパワーストーンに嵌っていて、色々集めていました。集…

ある番組のお蔵入りになったテープの話

20年程前の事なのですが、当時私は番組制作会社のADをしていました。女性アイドルと霊能力者が、心霊スポットを検証する番組の収録の時の事ですが、そのアイドルが現場で突然白目になっ…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。大学のサークルの友人Aが、「引っ越しをするので手伝ってくれ」と言って来た。お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。は…