下心

DSCF3619

これは7年ぐらい前の話です。

高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。

実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。

一人暮らしを始めて3ヶ月ぐらいした時、会社から家への帰り道、毎日夕方6時頃いつも通る公園の横を歩いてると、何気にふと公園と道路の溝に目がいって見てみると赤いサイフが落ちてたのよ。

『ん?』っと思ってサイフを拾ってみると重い!

カード類が5~6枚入っていて、千円札が2枚ぐらいと、後は小銭がギッシリだった。

直感で女性のサイフって分かった。

一瞬ネコババしようと思ったけど、当時、俺には女友達がまったくいなかったので『これをキッカケに女友達が出来るかも!?』って思って近くの交番に届けた。

警察官から色々聞かれて、紛失届みたいな書類に記入したりしていたので、1時間ぐらいかかったかな。

警察「その書類はそちらで保管しててください。落とし主が現れた場合に必要な書類なので。では、落とし主が現れたらこちらから連絡しますので」

俺「はい」

『どんな人かなあ~』なんて想像しながら家路についた。

時計を見ると夜の9時。『風呂でも入って寝るか…』と思っていた時、

「ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン」

『おいおい3回も押すなよ…』

こんな時間に誰だと思って玄関を開けると、そこには冬場なのに赤い超ミニスカでキャミソールの美人が!

俺「…どちら様で?」

女「…すいません、サイフを落とした者なんですけど…」

俺「あっ!はいはいはいはい♪」

おいおい…いきなりかよ!しかも美人!

女「あの…紛失届の書類を貰いに着ました」

俺「あっはいはい♪ちょっと待っててください!」

急いで紛失届書を取りに部屋に戻って玄関に行こうとしたら、真後ろに女が立ってた!

『え!? まさか…ヤレル?』

なんて思っていたら、女が顔をツゥーーーっと近づけてきて、

「やさしいんですね」

と言ってニヤァ~って笑った。

笑った口には歯が一本もなく不気味だった。

一瞬、不気味さと恐怖で意識を失いそうになった…。

俺「と…当然ですよ…」

女は顔を近づけたままニヤァ~っと笑っている。

震える声で、

俺「あの…もう夜も遅いですし…」

なおも女は顔を近づけて

女「親切な人っているんですねぇ(ニヤァ~)」

そう言って女は帰って行った…。

その日は怖くて実家に帰って寝た。

一人でいるのが怖かった。

それから3日後ぐらいにふと警察の人が言ってた言葉を思い出した。

「落とし主が現れたら連絡しますので」

そういえば警察から一度も連絡がなかった。

怖いけど気になったので会社の帰りに、サイフを届けた交番に行ってみた。

すると同じ警察官で俺の事を憶えていたらしく、

警察「まだ落とし主現れてないんだよね」

『…え? サイフを届けた日に家に来たんだけど?』

なんて言えなかった。

おかしい…警察に行かないで何で俺の家が判ったんだ?

後をつけられた? それしか考えられない。

考えれば考えるほど怖いので忘れる事にした。

それからちょうど1年後、恐怖を忘れかけていた頃、いつものように帰り道の公園を歩いていると、電信柱に人影が。

赤いミニスカにキャミソール姿の女がいた。

紛れもなくあの女が…。

サイフを拾った場所を電信柱の影からジーーーーっと見ていた。

それ以来、その公園を通る事はなかった。

今でも赤いミニスカを見るとあの時の恐怖を思い出す。

関連記事

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

廃工場(フリー素材)

溶接

大学一回生の冬。俺は自分の部屋で英語の課題を片付けていた。その頃はまだそれなりに授業も出ていたし、単位も何とか取ろうと頑張っていた。ショボショボする目で辞書の細い字を指…

ハンバーグ

私が中学生の時の事です。母がスーパーで手作りハンバーグを買ってきました。真空パックに入った調理済みのものではなく、そこのスーパーの肉屋さんでひき肉をこねて成形し、後は焼…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

猿夢

私は、夢をみていました。昔から夢をみているとき「私は今夢をみているんだ」と自覚することがあり、この時もそうでした。なぜか私は一人薄暗い無人駅にいました。ずいぶん陰気臭い…

黒いワゴン

俺の後輩が実際に体験した話です。後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。車を走らせる内に地元の海にたどり着きました。時刻は夕方の17…

田舎の景色(フリー写真)

よくないもの

自分、霊感ゼロ。霊体験も経験無し。だから怖い怖いと言いながら、洒落怖を見てしまうのさね。何年か前、当時大学生だった親友Aから奇妙な頼まれ事があった。そう…ちょう…

生き延びた男

これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。なので細部が本当なのか狂人の戯言なのかは分かりません。しかし事件そのものは実際に起こり、北海…

娘が連れて行かれそうになった話

俺の田舎には土地神様が居るらしい。その土地神様が俺の娘を連れて行くかもしれないとの事。正直、今もどうして良いのか分からない。聞いた時は吹き出した。でも、親父の反…