見知らぬゲーム機

maxresdefault

誰に言っても信じてもらえなかった話。

時代は初代ゲームボーイが出た頃。

俺は親に買ってもらったばかりで浮かれていて、習い事の行き帰りに電車の中でよくピコピコ遊んでいた。

クラスの中では持っている奴も結構居たが、俺はこれ見よがしに電車の中で自慢気にやってたもんさ。

そんなある日…電車に座って小さいゲーム機みたいなもので遊んでいる少年が居た。

当時、そんな小さい携帯ゲーム機と言えば、一種類のゲームしかできないゲームウォッチくらいしかなかった。

俺は『プッ、時代遅れめ』と思い、ゲームボーイを自慢するために近付いた。

しかし、その少年が遊んでいたのは、そんなものではなかった。

本体は小さく薄っぺらいのに、色鮮やかで動きも俊敏で、ゲームもこれまで見たことがない程面白そうだった。

「え…すげー!何それ!!」

べらぼうに驚いた俺は、見知らぬ少年に叫んでいた。

「まあ、ゲーム自体は昔のだよ。この機械はあいほんっていうんだよ」

彼は言った。

「ゲームだけじゃないよ。カメラにもなるし、ビデオもとれるし、メールもできる」

「メールって何!?」

「そうか、まだこの時代じゃメールもネットもないんだよね」

彼はそのゲーム機を触らせてくれたが、使い方がよく解らなかった。

「じゃあ、もういかなっくちゃ」

そう言うと、彼は次の駅で降りた。

電車が出発し、彼の姿を窓から確認しようとしたが、既に彼は居なかった。

家に帰った俺は、親にそのゲーム機をねだったのだが、「そんなものはない」と一蹴されてしまった。

友達に言っても「そんなのあるわけない」と言われる始末。

数年後にクロノトリガーが発売されたのだが、俺は驚いた。それは彼が iPhoneで遊んでいたゲームだったんだ。

「俺、ずっと前にこれ見たことあるお」と周囲の連中に言ったが、当然嘘吐き呼ばわりされたさ。

彼は一体誰だったのだろうか。俺が見たものは一体何だったのだろうか。

彼が未来から来たとは思えないし…今となっては謎だらけだ。

関連記事

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…

ソックリさん

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。そしたら自動ドアで入って来た人とぶ…

ゲラゲラ(長編)

去年の4月に大学を卒業して、マンションに引っ越した。そのマンションの真ん中が中庭になっていて、俺は左端に住んでいる。6階建てのマンションで、右側にマンションの玄関があり…

亡くなったはずの役者さん

私は昔、ある役者さんの熱狂的なファンでした。その役者さんが出ている作品を全て見る事は勿論、雑誌を買い集めたりと、私の生活は彼と共にありました。しかし役者さんは、ある日病…

カメラ

零というゲームが発端の出来事

『零』というゲームを知っているかな?幽霊を写せる特殊なカメラを使い悪霊と戦う謎解きゲームみたいなやつ。それが発端とも言える話を嫁がしてくれた。 ※ オカルトマニアの…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。あの世界に行くのはいつも決まって、…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…