娘と狛犬

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

抽象画

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引いた時、3回連続で凶が出た。

こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った。

「それ、どうしたの?」

見ると、娘がいつも抱いていた犬のぬいぐるみが無くなっていて、代わりに神社にあった小さな置物の狛犬を抱いている。

娘に聞くと、神社に居た時に宮司姿の男が現れ、いきなり娘の腕を掴んで何処かへ連れて行こうとしたらしい。

その時、抱いていたぬいぐるみが男に噛み付いて、そのまま男と一緒に消えてしまったと言う。

もちろん私はそんな男には出会っていないし、神社では娘とずっと一緒に居たはずだ。

すぐに神社に問い合わせたが、娘が見たような宮司は存在しなかった。

翌日、犬の置物を神社に返しに行った際、待っていた神主が妙な事を言った。

「この狛犬は持っていて下さい。あと2回、必ず娘さんを守ります」

私はあと2回とは何の事か、誰が娘を狙っているのか尋ねると、

「娘さんは神の供えとして選ばれました。あなたがくじを引いた数だけ災いが起こります」

それだけ言うと神主は押し黙ってしまい、後は何を聞いても答えなかった。

その日の夜に1回目の異変が起きた。

自宅の仏間で人の声が聞こえるので見に行くと、5年前に亡くなった母が鎮座してお経を唱えていた。

母は娘を連れに来たと言う。

私が「それだけは止めてくれ」と頼むと、母は生前に見せた事もない狂ったような顔で「やかましい」と言って立ち上がり、娘の所へ行こうとした。

その時、地響きのような呻り声が聞こえたかと思うと、巨大な白い犬が現れ、母の体を咥えて仏壇の中に消えて行った。

私が急いで娘の所に行くと、娘は眠っていたが枕元に置いていた狛犬は無くなっていた。

神主は狛犬が2回、娘を守ると言ったはずだが狛犬はもう無い。

私が翌朝、神社に行ってその事を話すと、神主は

「狛犬は二体一対です。もう一体、別の体を成して娘さんの傍に在ると思います」

と言う。

私は娘の周辺にあるそれらしき物を捜してみたが、なかなか見つからなかった。

2回目の異変は次の日の昼だった

私が仕事で出掛けている間に、誰かが玄関のチャイムを鳴らした。

嫁が出ると、身長は2メートルを超えるかという大きな犬のぬいぐるみが玄関先に立っていた。

辺りには生臭い異臭がして、よく見るとそれは娘がいつも抱いていたぬいぐるみにそっくりだった。

嫁は驚いてドアを閉めようとしたが凄まじい力で跳ね返され、ぬいぐるみは家の中に上がり込み、台所に居た娘の手を引いて何処かへ連れ去ろうとした。

するとなぜか仕事に行っていたはずの私が四つん這いで走って来てぬいぐるみに突進し、歯でぬいぐるみをバラバラに噛み千切ったと言う。

私はその時の記憶が全く無い。

異変はそれ以降起きていないが、私は神社に行ってもおみくじを引くのが怖くなった。

ダル

小学校の頃、家族で山に行った時の話。 俺はふとしたことで山道から外れ、迷子になってしまった。 山道に出ようとしたけれど、行けども行けども同じような風景が続く。 そのう…

団地(フリー写真)

エレベーターの11階

18年前に体験した話です。 中学生の頃に朝刊を配る新聞配達のバイトをしていたのだけど、その時に配達を任されていた場所が、大きな団地1棟とその周りだけだった。 その大きな団…

教室(フリーイラスト素材)

先生の心当たり

小学5年生の夏休みが明けた9月1日。 始業式も終わり、久しぶりの友達との再会に『自分はどこへ行った』『何を見た』などの話に花を咲かせていると、真っ黒に日焼けした担任の先生が教室に…

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。 今から10年程前、長男が4才の時の夏。 俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。 父は10年以上前に事故で亡く…

夢

記憶を追って来る女

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見てきた世界が別のものになる。 例えば、俺などが同じように話しても、語り部のように人々を怖がらせたり楽しませたりは…

人が溺れてる

友達から聞いた話。 夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。 薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

ちょっとだけ異空間に行った話

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。 就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。 降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌…

山根ェ

大学時代、サークルの友人と2人で深夜のドライブをしていた。 思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。 昼間は何度か通った…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。 おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。 俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…