ソックリさん

doppelganger

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。

そしたら自動ドアで入って来た人とぶつかっちゃったんだけど、ぶつかった人が私とソックリだった。

顔は一卵性とまではいかないけど、二卵性双生児とか姉妹と言えば通るくらい似ていて、髪はこげ茶くらいで後ろで縛ってて背中まであるくらいの長さ。

7年くらい前に発売したヒステリックグラマーというブランドのジャケット。

斜めがけにしたシャネルのスポーツラインのバッグ。

フジロックのTシャツ。2年前くらいのヴィトンのハートのヒモペンダント。

下のジーパンと靴はちゃんと見てないから分からないけど、ジャケット・バック・Tシャツ・ペンダントが色も形もプリントもまったく一緒。

自動ドアでぶつかったのも、自動ドアに自分が映ってると思い込んでて、そのままの勢いでぶつかっちゃったんだ。相手もそう言ってた。

ぶつかった後謝ってちょっと会話して、明らかに相手の女性も『うわ、なにこの人ソックリじゃん』って思ってそうな感じで、なんか怖いような気持ち悪いような変な気持ちになってた。

私はなんとなく離れがたくなり、店を出るのをやめ入り口近くのレンタル在庫検索パネルの所で探すふりしつつ様子を伺ってたら、ソックリさんが店員さんに私と同じ質問をしていた。

これにまた驚き、なぜか心臓がバクバクした。

その時にソックリさんの後ろ姿を見たら、髪の毛縛ってるシュシュが全く一緒だったんだ…。

このシュシュ、モバオクで手作りしてる人が出品してたやつで、そう世の中に何個もないようなはずのやつなのね。

それ見たら何かゾッとしちゃって走って帰宅したんだけど、落ち着かなくて誰かに聞いて欲しくなりここに書きました。

興奮しててごめんよ。

関連記事

黒い物体

黒い穴

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 当時、友人Aが中古の安い軽自動車を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた。 その時に起きた不気味な出…

綺麗に揃えられる靴

小学校の頃、近所にお化け屋敷と言われている家があった。 まあ、実際は屋敷という程でもない少し大きめな日本家屋なんだが、小学生の言うことだしな。 その日は両親共に帰宅が遅くな…

江戸時代にタイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。 平成20年の6月24日、外回りの仕事で顧客名簿を片手にH市内を走り回ってた。 この日は梅雨独特のジメジメした気温で、汗…

夕焼け

紫の世界

この話は、主人公が早朝にタバコを買いに出かけた際に、普段とは異なる不可解な出来事に遭遇した体験談です。 日の出直後、寝ぼけた状態で外に出た主人公は、居間で新聞を読んでいる父親に…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。 自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。 それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

エアコン(フリー写真)

なんまいしゃん

これは父親から聞いた、自分が子供の頃に体験した話。 自分が3歳の時、四十度以上の高熱を出したらしい。 その時、深夜23時50分頃。 熱に魘されて布団に寝ていた俺が突然…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。 嫁は交通事故で死んだ。 ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。 小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。 もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

白い犬(フリー写真)

おかげ犬

知り合いが体験した話。 とある鄙びた峠道を歩いていると、いつの間にか犬が一頭、後をついて来る。 痩せた白い体毛の犬で、首には大きな風呂敷包みを提げている。 彼の方を…