ソックリさん

doppelganger

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。

そしたら自動ドアで入って来た人とぶつかっちゃったんだけど、ぶつかった人が私とソックリだった。

顔は一卵性とまではいかないけど、二卵性双生児とか姉妹と言えば通るくらい似ていて、髪はこげ茶くらいで後ろで縛ってて背中まであるくらいの長さ。

7年くらい前に発売したヒステリックグラマーというブランドのジャケット。

斜めがけにしたシャネルのスポーツラインのバッグ。

フジロックのTシャツ。2年前くらいのヴィトンのハートのヒモペンダント。

下のジーパンと靴はちゃんと見てないから分からないけど、ジャケット・バック・Tシャツ・ペンダントが色も形もプリントもまったく一緒。

自動ドアでぶつかったのも、自動ドアに自分が映ってると思い込んでて、そのままの勢いでぶつかっちゃったんだ。相手もそう言ってた。

ぶつかった後謝ってちょっと会話して、明らかに相手の女性も『うわ、なにこの人ソックリじゃん』って思ってそうな感じで、なんか怖いような気持ち悪いような変な気持ちになってた。

私はなんとなく離れがたくなり、店を出るのをやめ入り口近くのレンタル在庫検索パネルの所で探すふりしつつ様子を伺ってたら、ソックリさんが店員さんに私と同じ質問をしていた。

これにまた驚き、なぜか心臓がバクバクした。

その時にソックリさんの後ろ姿を見たら、髪の毛縛ってるシュシュが全く一緒だったんだ…。

このシュシュ、モバオクで手作りしてる人が出品してたやつで、そう世の中に何個もないようなはずのやつなのね。

それ見たら何かゾッとしちゃって走って帰宅したんだけど、落ち着かなくて誰かに聞いて欲しくなりここに書きました。

興奮しててごめんよ。

優しい抽象模様(フリー素材)

ともだち

最近、何故か思い出した。子供の頃の妙な「ともだち」。 当時の自分は両親共働きで鍵っ子だった。とは言っても託児所のような所で遊んで帰るので、家に一人で居るのは一時間程度。 そ…

青蛙(フリー写真)

井守と青蛙

もう大分前のことになりますが、私は当時、金属加工の小さな工場を経営していて、折からの不況もありその経営に行き詰まっていました。 そしてお恥ずかしい話ですが、自殺を考えたのです。…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。 ある日、いつものように一人…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。 私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。 ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。 当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。 一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

食卓(フリー写真)

一つ足りない

何年か前に両親が仕事の関係で出張に行っていて、叔父さんの家に預けられた事がある。 叔母さんと中学3年生の従兄弟も歓迎してくれたし、家も広くて一緒にゲームしたりと楽しく過ごしてい…

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。 オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。 ある日、隣の市の…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。 明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。 ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

山道(フリー写真)

出られなくなる山道

車好きの友人(Aとします)から聞いた話です。 G県のある山中に、夜間は通行禁止にされている山道があるそうです。 夜間通行禁止の理由として、 『明かりが全く無い上に見通…