ソックリさん

doppelganger

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。

そしたら自動ドアで入って来た人とぶつかっちゃったんだけど、ぶつかった人が私とソックリだった。

顔は一卵性とまではいかないけど、二卵性双生児とか姉妹と言えば通るくらい似ていて、髪はこげ茶くらいで後ろで縛ってて背中まであるくらいの長さ。

7年くらい前に発売したヒステリックグラマーというブランドのジャケット。

斜めがけにしたシャネルのスポーツラインのバッグ。

フジロックのTシャツ。2年前くらいのヴィトンのハートのヒモペンダント。

下のジーパンと靴はちゃんと見てないから分からないけど、ジャケット・バック・Tシャツ・ペンダントが色も形もプリントもまったく一緒。

自動ドアでぶつかったのも、自動ドアに自分が映ってると思い込んでて、そのままの勢いでぶつかっちゃったんだ。相手もそう言ってた。

ぶつかった後謝ってちょっと会話して、明らかに相手の女性も『うわ、なにこの人ソックリじゃん』って思ってそうな感じで、なんか怖いような気持ち悪いような変な気持ちになってた。

私はなんとなく離れがたくなり、店を出るのをやめ入り口近くのレンタル在庫検索パネルの所で探すふりしつつ様子を伺ってたら、ソックリさんが店員さんに私と同じ質問をしていた。

これにまた驚き、なぜか心臓がバクバクした。

その時にソックリさんの後ろ姿を見たら、髪の毛縛ってるシュシュが全く一緒だったんだ…。

このシュシュ、モバオクで手作りしてる人が出品してたやつで、そう世の中に何個もないようなはずのやつなのね。

それ見たら何かゾッとしちゃって走って帰宅したんだけど、落ち着かなくて誰かに聞いて欲しくなりここに書きました。

興奮しててごめんよ。

関連記事

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

死神の生まれ変わり

俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。中学時代、一緒に海に遊びに行ったら水死体を見つけた。その時、既に5回も人の死体を見たことがあったそうだ。まあ、中学生男子は…

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。当時、私たち姉弟の間…

森(フリー写真)

森の中の人

俺は中学の時、死のうと思っていた。凄い虐めに遭っていて、教師も見て見ぬ振り。両親共に不倫していて俺に興味なし。身体中に痣があり、その日は顔もボコボコで、もう息をするのも辛かった…

不気味な山道(フリー写真)

頭が無いおじちゃん

知り合いが体験した話。彼女は幼い娘さんを連れて、よく山菜採りに出掛けているのだという。 ※ その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。なかなかの収穫を上げ、下山し…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

校舎(フリー写真)

消えたヤンキー

現在就活中で、大阪と兵庫の辺りをうろうろしている。昨日ホテルに帰る途中のタクシーの中で、一緒に居た友人が何故か怖い話を始めた。その時に運転手さんから聞いた話。…

海(フリー写真)

海ボウズ

俺の爺ちゃんの話。爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語…