巻き戻った時間

時計(フリー素材)

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。

子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。

当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に置かれていた。

幼稚園生だった俺には、それが魅力的な遊び道具にしか見えなかった。

その長さ30センチ程の模造刀を、自慢気に自宅前の公園までこっそり持ち出し、友達と遊んでいた時の事だった。

勿論、模造刀だから刃に触っても切れはしないのだが、先端は鋭くなっており、何かの拍子で俺は可愛がっていた弟分の目を刀で突いてしまった。

噴き出す血にパニックになりながらも、俺は慌てて自宅まで母ちゃんを呼びに走った。

慌てて駆け付ける俺の母ちゃんと、その子のお母さん。

公園も騒然としていて、救急車で運ばれて行く弟分。

子供ながらに取り返しの付かない事をしてしまったのが理解できた。

泣きながら自宅へ連れ帰されると、暗い仏間の隅で独り泣きじゃくっていた。

どれくらいそこで泣いていたのか分からないが、うつ伏せになって泣いていた俺の周りが明るくなっている事に気が付いた。まるで朝日が差し込むように。

その事故が起きたのは昼の14時頃だったはずだが、辺りの雰囲気はすっかり朝のそれだった。チュンチュンと鳴く雀の鳴き声、差し込む光。

突然、母ちゃんの声が聞こえた。

「あんたそんなとこで何してんの!早く歯を磨きなさい!」

訳も解らないまま顔を上げると、朝の忙しい我が家の光景だった。

俺は母ちゃんにただただ「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝って、「○○ちゃんどうなったの?」と聞いてみたが、「○○ちゃんどうかしたの?」と逆に聞き返してくる始末だった。

「だから、昨日刀を目に突き刺しちゃったじゃないか~」と言うと、「何!あんたそんな事したの!怪我は? 昨日のいつそんな事したの?」と聞き返すばかり。

ますます訳が解らなくなり、居間の兜を見に行くと刀が無い。

理解できないまま幼稚園に行くと、弟分はお母さんと一緒に居て、目に眼帯をしていた。

『あ~、やっぱり俺はやってしまったんだ』と落ち込み、恐る恐る謝りに弟分のところへ行くと、普通に

「○○(俺)ちゃんおはよ~。○○(弟分)、今朝から目にばい菌が入って腫れちゃってるのよ~。いじらないように見張っててね」

と予想外の事を言ってきた。

腫れた目は、俺が昨日してしまった事とは関係なく、今朝起きたらなっていたと言う。

頭が混乱したまま自宅へ帰ると、母ちゃんが

「あんた、刀どこにやったの? 危ないから遊び道具にしちゃ駄目だって言ったでしょ!」

と言うので前の公園に探しに行くと、ベンチの上に刀が置いてあった。

夢ではなく確かに俺は弟分の目を突いてしまったはずなのに、何事も起きていない日常に戻されていた。

暗い部屋で独り泣いていたはずなのに。

弟分の目の腫れと言い、刀の紛失と言い、本当に今だに理解できない出来事でした。

追記

当時は幼かったので、日付は戻ったのかどうか分かりません。

とにかく申し訳なくて、怖くて、いつも一緒にいた弟分だったので悲しくて悲しくて。

人間関係が変わったりしていた事は無かったような気がします。

その後も、節句の度にその短刀を見ると思い出していました。

俺の記憶違い、傷の程度を見誤った、親の隠蔽…どれも違うように感じています。

生々しく突き刺してしまった感触や、流れる鮮血、泣き声、大人達の慌て様、それらが全て実際に体験した記憶として残っております。

タクシー(フリー写真)

三日前の異世界

俺の出身は宇都宮で、高校を卒業して3年制の専門学校へ行くために上京した。夏休みのある日、赤羽駅の近くの居酒屋で深夜まで飲み、タクシーを捕まえて家の近くの大きな公園まで乗せても…

田舎の風景(フリー写真)

土地神様

小学1年生の頃、毎晩0時になると、眠っていた私が突然泣き叫びながら部屋中を走り回る、という事が数日続きました。数分後はパタっと治まり、また眠るという毎日。その時、私の見…

満月(フリー画像)

天狗

35年前くらいの事かな。俺がまだ7歳の時の話。俺は兄貴と2階の同じ部屋に寝ていて、親は一階で寝ていた。その頃は夜21時頃には就寝していたんだけど、その日は何だか凄く静か…

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

浮世絵(フリー素材)

タイムスリップ

昭和50年前後の事です。東京近郊の県ですが、うちの祖父母が住んでいた家は古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借りて住んでいました。敷地を円形に包むように1…

友子が二人

一人で繁華街を歩いていると、ガラス張りのカフェ店内の窓際席に一人でいる友子を見つけた。友子の携帯に電話して驚かせようとしたが、友子は電話に気付かない。じっと座り、目を左…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。また、兄弟子たちも…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …