死神の生まれ変わり

Bleach_Death_God_by_dvdinfiniti

俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。

中学時代、一緒に海に遊びに行ったら水死体を見つけた。

その時、既に5回も人の死体を見たことがあったそうだ。

まあ、中学生男子は誇張してなんぼの世界だから、「すげー!」なんて言いながらも半信半疑だった。

でも、それから俺が知ってるだけで奴は8回程、不慮の死に遭遇している。

普通、人の死に立ち会うなんて早々ないだろ?

奴は死神の生まれ変わりなんじゃないかと思える程だ。

そうと思える事件に奴と二人で遭遇したことがある。

塾の帰り、奴と二人で三鷹駅の2番線ホームで電車待ちしていた時。

忘れもしない1997年5月の水曜。

前に中肉中背のサラリーマンが立っていた。確か、雑誌でも読んでたんだと思う。

電車が入線するアナウンスが流れても、サラリーマンに異変はなかった。

でも、電車がホームに入ると思われたその時、突然サラリーマンが後ろを勢いよく振り向き、友人を凝視したかと思うと、そのままの体勢でまるで誰かに押されたかのように横に硬直した姿勢で倒れた。

その先はよく憶えていないが、「ガーン」という音と、ブレーキ音…それだけだった。

なぜサラリーマンは背後に目をやったのか。

どうしてあんな不思議な態勢で飛び込んだのか。

不思議だが、友人が関係しているのではないかと思わざるを得なかった。

奴とは今でも交流はある。

結婚して、子供も生まれて幸せに生活しているらしい。

しかし未だに2年に1、2回のペースで死体に遭遇しているらしい。

背無し

会社からの帰路の途中、ある大学の前を通る。 そこは見晴らしの良いただの直線だが、何故か事故が多いことで有名だった。 その道をあまり使わない人には分からないだろうが、毎日車で…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。 日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。 ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。 女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。 俺と母親が「…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。 メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。 昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。 遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。 既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。 その為いつもよりも電車で…

モニターに写る女

去年の夏の話です。 自分、配達の仕事をやっていて、最初に研修という形で先輩と配るんです。その時教えてもらったC先輩とはすぐに仲良くなり、飲みに行ったりしてました。 ある時、…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。 田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…