死神の生まれ変わり

Bleach_Death_God_by_dvdinfiniti

俺の昔からの友人がよく死体に遭遇する。

中学時代、一緒に海に遊びに行ったら水死体を見つけた。

その時、既に5回も人の死体を見たことがあったそうだ。

まあ、中学生男子は誇張してなんぼの世界だから、「すげー!」なんて言いながらも半信半疑だった。

でも、それから俺が知ってるだけで奴は8回程、不慮の死に遭遇している。

普通、人の死に立ち会うなんて早々ないだろ?

奴は死神の生まれ変わりなんじゃないかと思える程だ。

そうと思える事件に奴と二人で遭遇したことがある。

塾の帰り、奴と二人で三鷹駅の2番線ホームで電車待ちしていた時。

忘れもしない1997年5月の水曜。

前に中肉中背のサラリーマンが立っていた。確か、雑誌でも読んでたんだと思う。

電車が入線するアナウンスが流れても、サラリーマンに異変はなかった。

でも、電車がホームに入ると思われたその時、突然サラリーマンが後ろを勢いよく振り向き、友人を凝視したかと思うと、そのままの体勢でまるで誰かに押されたかのように横に硬直した姿勢で倒れた。

その先はよく憶えていないが、「ガーン」という音と、ブレーキ音…それだけだった。

なぜサラリーマンは背後に目をやったのか。

どうしてあんな不思議な態勢で飛び込んだのか。

不思議だが、友人が関係しているのではないかと思わざるを得なかった。

奴とは今でも交流はある。

結婚して、子供も生まれて幸せに生活しているらしい。

しかし未だに2年に1、2回のペースで死体に遭遇しているらしい。

関連記事

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。あの世界に行くのはいつも決まって、…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

障子(フリー写真)

女の影

今から15年前、中学の野球部合宿での話。夏の合宿で毎年使っていた宿が廃業し、その年から宿が変わった。民宿でもホテルでもなく、そこは公民館というか町営の集会所のようなとこ…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

秘密基地

サイキック少年

今から16年前、僕が小学4年生の頃の話です。昔、秘密基地とか作りませんでしたか?僕も友達(けんちゃん、としちゃん)と秘密基地を作り、学校帰りにいつもそこで遊んでいました…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。驚いて体を起こそうとするが動かな…

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

夜の住宅街(フリー素材)

屋根の上の女

今年の夏の体験。私の家は山の上の方にある。夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。私の家からコ…