地厄(じんやく)

h_1318956318_6775387_6408c5cd9c

今から25年前の小学3年生だった頃の話。

C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。

凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、このTちゃんは霊感が強いとかのレベルではないくらいに霊力とも言うべきものを持ってたんだ。

正直、ここまで書いただけで近隣に住んでいた人なら「知ってる!」っていうくらい地元では有名な子だったよ。

俺は同じクラスだったんだけど、小学3年生だとそんな話は嘘だと思うわけで俺ももちろん信じてなかった。

で、Tちゃんが「じゃあみせてあげるよ」って事になって好奇心旺盛な男子がTちゃんの後をついて行った。

その時、俺は怖くてついて行けなかった次の日、俺のクラスは大騒ぎ。

Tちゃんは一旦家に帰ってポラロイドカメラを持ってきて3枚の写真を撮ったそうだ。その全てに思い切り鮮明に霊が写っていた。今でも鮮明に覚えている。

一枚目:木の横でうなだれている中年の男性

二枚目:顔がグニャグニャに見える甲冑姿の人

三枚目:叫んでいるような顔が画面一杯に写ってる奴

流石にこれを見せられては信じるしかない。この一件で男子からは大人気、女子からは怖がられる存在になってしまったんだ。

もちろん男子の中にも怖がって近寄らない奴も相当数いたけどね…。

でも、Tちゃんはそんなこと全く気にする様子もなく、本当に元気でよく笑う女の子だった。正直、俺もTちゃんの事が好きになっていた。

このTちゃん、村はずれの一件家に住んでたんだけど、半径100メートルは一件も家が建ってないような場所で、大分打ち解けた男子が「何でこんな場所に家建てたの?」って訊いたのよ。

Tちゃんは「お母さんがここに住まないと悪いことが起こるから」と答えた。

どうやらTちゃんのお母さんも凄い力も持っているようだった。

その頃、俺ん家は借家だったんだけど、家を建てる計画が出てて土地を探してたのよ。

で、小学生の俺はTちゃん家の近くに住みたいとか思っちゃったわけで「村はずれに空き地あるよ!」とか母に助言してTちゃん家の近くに家を建てさせようとしたんだ。

それで母がその土地を調べてくれたんだけど、不思議な事にTちゃん家の周辺は全て県が保有する土地だったそうだ。

んで、県に問い合わせてみたら、あの土地を売る気はないと断られたそうだ。県の保有する土地にTちゃん家のみ一件。あの頃は「駄目なんだ…」くらいにしか思わなかったが、今考えるとおかしな話だ。

この一件を翌日Tちゃんに話したら、笑いながら「それはそうだろうね、ダメだよ!あそこに住もうとか考えたら」って言われた。

正直、聞くまでもなく何かしらあるんだろうとは思っていたけど、こんな事になるとは夢にも思わなかった…。

Tちゃんの事が好きな男子が皆でTちゃん家に遊びに行きたいと申し出たのだ。Tちゃんは普段見せたことのないような顔で「危ないから絶対ダメ!」と断った。

しかし、どうしても行きたい男子(俺含む)は勝手にTちゃん家に隠れて行っちゃおうということになり、学校帰りに皆で向かったんだ。

最初に驚いたのは、Tちゃん家を中心に大きくトゲトゲのついた金網が張巡され、Tちゃん家へ向かう道以外に進入経路が絶たれていたことだ。

Tちゃんに隠れて家に行くのが目的だった俺たちは、道以外の場所から入ろうという事になり、金網をよじ登ってTちゃん家の裏側に回りこむようにTちゃん家に向かった。

地面は土に小石が沢山混ざったような感じで、草一本生えてなかったのが印象に残ってる。

多分ちょうど金網とTちゃん家の真ん中くらいまで歩いた時、一緒に来た男子の一人が悲鳴を上げながら走り出した。

それにつられる様に俺も含め全員その男子の後を追う。金網を傷だらけになりながら登って学校まで逃げた。

最初に逃げ出した男子にどうしたのか訊くと、黒い霧みたいなものが俺たちを包み込もうとしてたらしい。

結局その霧をみたのは一人だけだったが、その男子は俺たちの中では一番頭が良く嘘を言うような奴じゃなかった。

まあ、それ以前にTちゃんに危ないと言われていたので疑う理由も無いわけだが…。

次の日、学校でTちゃんに話そうとしたんだけど、俺らが話す前に凄い剣幕でTちゃんが怒り出した。

「なにしてるのよ!!!」

初めて見るTちゃんの怒り顔だった。その後Tちゃんに言われるがまま授業を受けずTちゃん家方面に引っ張って行かれた。

金網から200メートル程手前で立ち止まり、ここで待つように言われる。

1時間半くらい待ったと思う。一人の女性が俺たちの前に来た。Tちゃんのお母さんだ。

俺たちを見るなり「本当にごめんなさいね。大丈夫だからね」と正直凄く不安になるような事を言い出した。

そのままTちゃんのお母さんとTちゃん家へと向かう家の壁には、お札みたいな楕円形の紙が沢山貼ってあった。

家に入ると白い衣装を着たTちゃんが正座していた。Tちゃんのお母さんは家に着くなりTちゃんに向かって思い切りビンタをして「あんた!何したかわかってるの?!」と怒声をあげた。

Tちゃんは鼻血を出しながらお母さんに「ゴメンナサイ。ゴメンナサイ」と泣きながら謝っている。

「私じゃなくてこの子達に謝りなさい!」とTちゃんのお母さん(以下T母)が言って俺たちに何度もTちゃんが「ごめんね。ごめんね」と繰り返した。

幼心ながら状況解らないし、悪いのは俺たちだし、大好きなTちゃんが鼻血を出しながら謝ってるのに耐え切れず、皆大声を出して泣いてしまった。

T母は何処かに電話を入れる。俺たちには聞こえない位置だったので何を話しているのかまでは判らない。

その後、俺たち全員の家と学校へ電話を入れて、俺たち全員の母親と兄弟のいる人はその兄弟も呼ばれた。

1時間位で全員が揃った。どうやら県庁からも連絡が行った事を後から知る。

その後、もう1時間くらい経った頃、Tちゃんと同じような服を来た20歳手前に見える女の人が到着する。

その女の人が俺たちを見るなり「大分持っていかれてますね…急ぎましょう」と言った。

もう、何がなんだか解らず泣くしかなかった。

俺の母親も泣いてるし、怖くて仕方なかったのを覚えてる。

多分御祓いだったんだと思うけど、テレビで見るような御祓いとは全く違っていた。一言も喋らないし、正座したまま目を瞑って動かない。

ただ、その間俺は意識が朦朧として耳の奥というか頭の中心からうなり声みたいな声が聞こえていた。

やがて、そのうなり声が段々と大きくなっていき、最終的には聞こえなくなった。時間にして10分くらいだと思う。

T母に「とりあえずこれで大丈夫ですが、お母さん達は残って下さい」と言われ俺たちは午後からの授業を受けにTちゃんと学校へ戻った。

先生には事情が伝わっていたらしく「大変だったな」と慰められたのを覚えてる。

その次の日からTちゃんは人が変わってしまったかのように暗く無口になってしまった…。

俺たちが話しかけても無視され、笑顔を見ることは一切なかった…。そして3ヵ月後、先生から転校した事を告げられる。

俺たちは、自分がTちゃんをあんな風にしてしまったとずっと後悔の日々だった。

小学校3年生編は以上です。実はこれを書いた理由は、昨日Tちゃんに25年ぶりに会いました。

俺の母と元Tちゃん家に行ったんです。母の話だと2011年の4月~5月の間にもう一度集まるように言われていたそうです。そこで色々な謎が解けました。

ところで楕円形のお札とか正座で尚且つ無言で行う御祓いについて知っている方いませんかね?

後日談と補足

去年の秋だったと思う。母から電話があり、4月4日実家に来いとの事。5日は会社休みをもらうように言われた。

詳細は全く聞かされなかった。

4月4日

仕事終了後、2時間半かけて実家に帰宅。豪華な夕飯を出されたが、何故帰って来いと言ったのかは教えてくれなかった。

4月5日

朝4時半にたたき起こされる。出かけるから着替えろとの事。

実は帰宅した際に駅で小学3年の時の友人と会っていたので何となく予想はしていたが確信に変わる。

向かった先はやはりTちゃん家。しかし現地に到着してびっくりした。

金網だった場所は高さ3メートル以上はあろうかというねずみ返しが付いた塀になっており、その上には棘々のついた鉄線が貼ってあった。

刑務所の壁にみたいな構造だ。嘘か本当か高電圧注意の看板まで付いている。

ちなみにあの事件以来、この場所に近づくことは禁止されていた(禁止されてなくても近づかなかっただろうけど…)。

道沿いに歩くと鉄で出来た門があり、入り口にリクルートスーツの男性が立っていた。母が名前を名乗り、身分証明書を求められる。

本人確認が終わるとカギを開け「中にどうぞ」と案内された。俺の予想ではこの塀の真ん中にTちゃん家があるものだとばかり思っていたが、塀の中には全く何も無い。例の土に小石が混ざったような地面があるだけだった。

そこに3人の女性が記憶にある白い服を着て立っていた。

「○○君?」

俺の名前が呼ばれる。

一目見て判った。Tちゃんだ。

俺はどうしても謝りたくて真っ先にTちゃんに向かって泣きながら土下座した。

その後、10分もしないうちにあの時のメンバーが揃い、やはり皆考えることは同じようで真っ先に謝りに行っていた。土下座までしたのは俺だけだったけど…。

何より嬉しかったのは、Tちゃんが昔のように明るくいてくれた事だった。

まず自己紹介がされた。

3人の女性は、T母、Tちゃん、25年前に御祓いをしてくれた女性の3人だった。

3人とも世間で言う氏名ではなく、何か凄い長い名前(戒名みたいな名前で自己紹介してました)。

呼ばれた理由は、この土地の開放と俺たちの守護霊の供養。

どういうことかと言うと、この塀で囲まれた場所には地厄(じんやく)と呼ばれる土地に巣食う者がいました。

自縛霊の上位版とでも言いましょうか、その場所に足を踏み入れた者に不幸を招くというか、ぶっちゃけ死んだり、神隠しに遭ったりさせる凶悪な奴らしいです。

地厄を無に返すには半年近く地厄専門のお祓い師を置かなければいけないそうです。今回は県からの依頼でT母がその役に選ばれたみたいです。

実際に地厄が無に帰るのは25年後。その間にまた犠牲者が出ると、そこからまた25年後になるそうです。

本来であれば人間の六感で無意識に近づかないようにするそうなんですが、意識してそこに行こうとする気持ちが強い場合それを跳ね除けてしまうそうです。

俺たちの場合は、多分全員Tちゃんの事が好きだっただろうから、それで押しのけてしまったんだと思う。

ただ、黒い霧を見たというのは幻覚だったみたいです。地厄は目を通して見ることが出来ないそうなので、六感か守護霊による警笛と恐怖心から来るものだそう。

事の発端は、この頃土地開発が進んでいて、その場所にも住宅街が出来る予定だった。最初は平らな土地では無く起伏の激しい森林だったそうだ。

それを切り崩して土地をならして出来た場所だったんだけど、その作業中に行方不明者が二人出た。

よく見ると古墳のような人工的な出っ張りがあったんだけど、それも一緒にならしてしまったみたいで、それを村の役人が聞いて地厄の可能性を示唆。県が買い取りを決め御祓いを始めたそうです。

これが驚いたのですが、俺たちの守護霊というべき者は俺たちの代わりに地厄に持って行かれたそうです。

本来ならば俺たちが消されていたところを、守護を代わりに捧げる形にしたのが25年前のお祓いだったようです。

まず、土地の開放。

白衣装の3人が地面に座り足を広げ黙祷する。そうすると表現しづらいんだけど空気が変わると言うか地厄が消滅して行くのが何となく分かる。

次に守護の供養。

これは前に見た正座で黙祷の状態供養が終われば自然と新しい守護が生まれるそうです(今まで守護霊無しでいたことが怖かったw)。

これで全て終了ですが最後にちょっと小言を…。

Tちゃんの態度が変わったのは、俺たちがTちゃんを好きでいたことがばれたからでした。同じ事が起きないように誰とも会話せず交流を絶ったそうです。

正直、Tちゃんの事好きなのばれたのが一番きつかった。恥ずかしすぎるw

関連記事

時間

時を超えた電話

高校の時に母から、 「昨日、お前から電話がかかってきた。○○(住んでいるところ)にもうすぐ到着するという電話だった。声は確かにお前だった」 と言われた事があった。 そ…

カンカン(長編)

幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。 その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。 夜になったら、い…

おどって

一年くらい前に誰かがテレビで喋っていた話。 ある女の子が夢を見ていた。 夢の中で女の子は家の階段を登っている。 すると誰かに足を掴まれた。 振り向くと皺くちゃの…

古い住宅(フリー写真)

きてください

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。 こちらから掲載をお願いする事もあれば、読者からの情報を参考にしたり、その他お店からハガキやFAX、…

学校の校庭(フリー素材)

逆上がりさん

小学生の頃、学校の七不思議が幾つもありました。 それはとっくに七不思議を超えていて、私が知る限り50個はあったのです。 その中に『逆上がりさん』という七不思議があって、当時…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。 当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。 俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…

呪いの人形

最初は、ほんの冗談だった。 うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。 野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。 なんでも信用するので、からかって…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。 夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。 俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…