会いに来た子供

公開日: 怖い話

baby_silhouette_by_jaxnash-d45rtp3

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。

担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。

放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。

ある日、付き合っている彼女から突然切り出された。

「子供が出来た」と。

若さゆえ未熟な彼は「育てられないから堕ろしてくれ」と平然と言った。

そのまま彼女と別れて数ヶ月が経ったが、その後どうなったのかも全く気にしていなかった。

そんなある日、いつものようにバイトから深夜に帰宅し、炬燵に入ってコンビニで買ってきた弁当を食べていた。

すると炬燵の中から「みゃうー」と猫の鳴き声がする。彼は猫を飼っていた。

猫が炬燵に入り込んでいることはよくあるので、気にせずに食事を続けた。

すると猫が炬燵の中で、もがきながら彼の足の上をよじ登ってくる。気にせずにいた。

「みゃうー」

猫が鳴く。

あれ?

ふと気になった。

何だか少し雰囲気が違う。

「みゃうー」

また、鳴く。

よく聞くとやはり違う。

「あうー」

ん? 猫ではない?

彼は炬燵の中に手を突っ込み、猫を触ってみた。ヌメっとした感触があった。濡れている。

炬燵から手を出してみると、彼の手は血で真っ赤だった。

驚いて炬燵をはねあげると、血だらけの赤ん坊が黒目だけの目でこっちを見ていたのだ。

彼はそのまま気を失った。

気がつくと朝になっていた。見ると、弁当が手つかずで残っている。

きっと疲れていたから寝てしまい、夢でもみていたのだろう、彼はそう解釈した。

顔を洗おうと洗面所に向かう。しかし、鏡に映った自分を見て愕然となった。

彼が着ていたトレーナーや顔中に、小さな血の手形がべっとりと付いていたのだ。

関連記事

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

B型肝炎

薬害エイズ。国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…

呪いの人形

最初は、ほんの冗談だった。うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。なんでも信用するので、からかって…

夜釣り(フリー写真)

夜釣り

俺が大学1年生の時の話。何もない田舎の大学に通う俺と大学の友人は、夜釣りに行くことを趣味にしていた。大学は、大きな漁港を持つ日本海側の地方都市に立地し、釣りの場所には困…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

公園(フリー素材)

謎のおじいちゃん

今になっても一体何だったのか解らない謎な体験です。小学5年生の時でした。日曜の夕方、通っていた小学校の校庭の砂場で弟と遊んでいました。段々と辺りが暗くなってきて、そろそ…

女性の肖像画

今朝、鏡を見ていたらふと思い出した事があったので、ここに書きます。十年くらい前、母と当時中学生くらいだった私の二人でアルバムを見ていた事がありました。暫くは私のアルバム…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…