田舎で起きた事件

7ffee593645e2d306e185f64f5077df2

これは実際に起こった事件にまつわる話。

今から15年前、俺は当時10歳だった。

俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。

大げさじゃなく、顔を見ればどこの誰か分かるような。

戸締りをする習慣すらないような地域だった。

そんな中で、突然殺人事件が起きたんだ。

第一発見者は隣のおじさんだった。

早朝、沢にわさびを取りに行ったところ、沢の上流で倒れていた被害者を発見したんだと聞いた。

被害者は同じ地域に一人暮らしをしていたおばあちゃんだった。

よく乳母車を押して散歩していて、挨拶をするとニコニコ笑って「天気がいいね~」なんていう優しそうな方だった。

事件当時、俺はまだ小学生だったが、テレビでしか見たことがない殺人事件がこんな身近で起こるなんて信じられなかったし、すごく怖かった。

田舎で起きた事件ゆえに、本当に町の大人たちが蜂の巣をつついたような大騒ぎをしていたのを覚えている。

巡査さんが1軒ずつ聞き込みにいっていたが、犯人が判らずにいた。

大人たちの多くは、圏外から来た通りがかりの犯行だったのではないかと噂した。

そして3ヶ月が過ぎようとした時、犯人が捕まったんだ。

巡査さんだった…。

借りていたお金と、土地を返す返さないで口論になり、その場にあったナイロンテープで絞殺して、沢に投げ込んだということだった。

だけど、俺は知っていた。

聞き込みに来ていた巡査さんの顔が、すごい形相で睨むおばあちゃんの顔と重なって見えてたから。

でも、それだけじゃないと思うんだ。

ここからは憶測だけど…。

巡査さんは確かにお金に困っていたらしい。

でも、借りていたのはそのおばあちゃんからだけじゃないんだ。

ギャンブル好きな人だったらしいのもあり、自宅の立直し代、親の葬儀代、借りている田んぼの年貢など、色んなところから借りていたらしいんだ。

だから、巡査さんは肩身の狭い立場だったらしい。

そして、そのおばあちゃんはいわゆる土地持ちの人。

その土地を無償で、地域の人たちに貸してくれてたらしいんだ。

でも事件当時はその土地を県外の業者に言われるがままに売却しようとしてたらしいんだわ。

それでは困る人が、少なからずいたということ。

葬式の後、その土地は借りていた人たちがそのまま使っているということ。

永久賃借権のような書類があったとのこと…。

だから、俺は18歳で上京してから一度も実家に帰っていない。

関連記事

ミンキーモモ

10年程前の話です。当時学生だった私は、友人とドライブに出かけました。昼間にも関わらず「横須賀の心霊スポットを見に行こう」というものでした。場所は、ご存知の方はマニアと呼ばれる…

ヒサルキの真相

こんな所でヒサユキの名前に会うとは、実際のところ驚いている。彼女の事について真相を伝えるのは私としても心苦しいが、だがこの様に詮索を続けさせるのは寧ろ彼女にとっても辛いことだろ…

海の岩場(フリー写真)

形見の写真

小学生の仲が良い男の子4人が海へ遊びに行った。初めは浴場の方で遊んでいたのだけれど、そのうち飽きてしまい、人気のない岩場へと移動。散々遊んでさあ帰ろうという事で、記念…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

親子のシルエット(フリー素材)

お母さんが居る

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が「家の中にお母…

千寿江(長編)

もう色々済んだから、書かせてくれ。かなり長い。父親には妹がいたらしい。俺にとっては叔母に当たるが、叔母は生まれて数ヶ月で突然死んだ。原因は不明。待望の娘が死んでしまい、…

夜空の月(フリー写真)

砂利を踏む足音

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興…

カメラ

零というゲームが発端の出来事

『零』というゲームを知っているかな?幽霊を写せる特殊なカメラを使い悪霊と戦う謎解きゲームみたいなやつ。それが発端とも言える話を嫁がしてくれた。 ※ オカルトマニアの…

神秘的な森

角田の森

あれは小学6年の夏休みの事でした。友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです。当時、私達は角田の森でよく遊んでいました。 …