プラットフォームの死神

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

プラットフォーム(フリー素材)

小学生の時の事なので思い違いかもしれないけど、謎だった体験。

家族と出掛けた帰り、確か夜の21時頃に、駅のホームで電車を待っていた。

ホームには他にも少数の人が居て、少し離れた所に子供のように背が低く、でも顔は明らかに爺さんの人がしゃがみ込んでいた。

その人が気になってチラチラ見ていたら、急に手を前に伸ばしてクイックイッと紐を手繰り寄せるような動作をした。

それを何度か繰り返しているので不思議に思い、その見えない紐の先の方を見てみた。

すると向こう側のホームに女の人が立っていて、爺さんがクイックイッという動作をする度に体が揺れているようで、じりじりと前に進んでいる。

その時、向こう側のホームに電車が入って来た。

爺さんは大きく紐を引き、女の人はまるで釣られるようにスタスタとホームに向かって歩き出した。

自分はびっくりして悲鳴を上げた。周りの人が驚き、一斉にこちらを見た。

次の瞬間、向こう側のホームで沢山の悲鳴が上がり、電車が急停車した。

父親が野次馬で見に行った報告によると、

「女の人が電車に接触して怪我をした。酷い血が流れていたけど意識はあるようなので、多分命に別状は無いんじゃないか」

との事だった。

「飛び込み自殺をしようとして、寸でのところで思い留まったのだろうね」

と…。

気付いた時には、爺さんの姿は無かった。

自分以外の家族は、爺さんの事は見ていないらしい。姉も、

「そんな爺さんが居たらアタシだって気になったはず。でも居なかったよ、そんな人」

と言っていたので、もしかしたら見間違いなのかもしれない。

でも、あれ以降電車に乗る度に、ホームで爺さんの姿を探してしまう。

反対側のホームの真正面に爺さんが居たらどうしよう…などと考えてしまう。

関連記事

三号室の住民

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。 かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。 店の辺りには風俗店の…

教室

時間が停止した昼休み

小学生の時、昼休みの校庭で不思議な体験をした。 ある日、校庭で10秒間、周囲がまるで1/10秒シャッターで撮影されたように完全に静止した。 ただ止まったというよりは、慣性…

交差点

時が止まった日

10年前、小学6年生だった頃の出来事。 学校から帰る途中、人々と車が突然止まり、時間が止まったような現象に遭遇。 突然、真っ黒な服を着た若い男女が現れ、声を揃えて「あ。」…

目の前で交通事故を目撃した

某ファミレスの駐車場で、交通事故を目の前で目撃したある女性の話だ。 直線道路で対向車が急に反対車線に飛び出して来ての正面衝突事故だった。 飛び出した方は軽自動車で、相手はト…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。 父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。 これは年末の深夜の話。 祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。 デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。 30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

工事現場(フリー写真)

マンホールの男

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。 多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。 ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。 その細い裏道…

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。 小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。 「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

お墓参りで使用する水桶(フリー写真)

お墓を広くすること

実家は山の中にある田舎なのだが、近所に見栄っ張りで有名な家族が居た。 特におばあさんが見栄っ張りで、息子や孫の自慢話ばかりすることで、近所から嫌われていた。 ある日、そのお…