歳を取らない巫女様

夕日(フリー写真)

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。

若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。

その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかった。

俺は一年間だけその巫女さんのお世話に携わってから、親の都合で引っ越した。

大人になってからリストラされ、そのショックで傷心旅行みたいなことをした。

二十年振りに村へ戻り、昔の友達に会いに行った。

そして一週間ほど旅館に滞在し、村の中を色々見て回っていた。

すると村の恒例の行事か何かで、その巫女さんを偶然見かけた。

何か引っ掛かるなと思っていたら、巫女さんは当時の姿のままだった。

友達に「巫女様、二代目になったんだ?」と言ったら、「あれは歳を取らないから」と言っていた。

あと「恐れ多いからそういうことを言うな」と言われた。

何だそれはと思ったが、詳しくは詮索しなかった。

当時はこの先どうやって飯を食って行くかとか、家族の問題などが色々あって大変だった。

だからそのことは忘れて現在に至るのだが、今思い返せばオカルトだな…と気付く。

関連記事

ビスコ

高校3年生の時、5人組のグループでつるんでいた。でも、全員がいつも『もう一人いる』気がしていた。移動教室の時とかもう一人がまだ来ないから廊下で待っていると、「あ…

いまじょさん

地方に伝わる因習や呪い系の話を一つ。ちなみにガチで実話です。数年前、大学生の頃、同じゼミにに奄美大島出身のやつがいた。ゼミ合宿の時にそいつと俺と何人かで酒飲みながら怪談なんかを…

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

朝の海(フリー写真)

オエビスサン

私の父方の祖父は今年で齢九十近くになるが、今でも現役の漁師だ。年に一度、盆に九州の祖父の家に遊びに行った時は、祖父と一緒に沖に出て釣りをするのが今でも恒例になっている。…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

木の枝(フリー写真)

白い人の顔

子供の頃、時々遊びに行っていた神社があった。自宅から1キロほどの山の麓にある、小さな神社だった。神社は大抵ひとけがなく、実に静かだった。神社の横が小さな林にな…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

材木(フリー写真)

合いの手

俺の親父が若い時分に、山から材木を切り出す仕事をしていた頃の話。飯場と呼ばれる山の中の宿舎で、他の作業員と寝起きを共にする仕事だったそうだ。その中に民謡のとても上手い…

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる…