海にまつわる妖怪

公開日: 怖い話

海(フリー素材)

海に囲まれた千葉県は、昔も今も漁業が盛んな地域である。

海は多くの富を千葉に住む人々に授けて来た。正に恵みの海である。

しかし、海は富を授けるだけのものではない。

優しいその顔の裏には、人の命を奪う、恐ろしいもう一つの顔があるのだ。

特に漁師は、板一枚の下は地獄と言われていたように、大変危険な仕事であった。

近代整備の整った今でも、遭難する可能性がある海である。

当時の人力による船で海を渡る人々の気持ちは、如何ほどであっただろうか。

当然、海に纏わる妖怪は沢山居る。その中で最も有名なのは『海坊主』ではないだろうか。

巨大な坊主頭の姿で突如海面に姿を現し、漁船を転覆させたり漁師を脅かしてみたりする、海の代表的な妖怪である。

お盆、或いは月末など出る日が決まっていると言う地方もあり、その日は漁師は皆仕事を休んだと言われている。

その正体は海で死んだ者の霊魂だとか、魚が集まったものだとか言われているが、判然としない。

しかし現代でも『ニューネッシー』や『カバゴン』、『シーサーペント』など、海のUMAと看板を書き換え、妖怪『海坊主』の子孫とも言える怪物たちは健在である。

また、『船幽霊』も有名な海の魔物である。

これは文字通り、海で亡くなった人の怨霊であり、生者を死者の仲間に引き入れるべく「柄杓を貸せ」と船上の人に強請る。

しかし、ここで柄杓を与えてはいけない。

貸したその柄杓は、たちまち数百の柄杓となり、船に海水を入れて沈めてしまうのだ。

お墓の死者に柄杓で水をやる我々生者に、柄杓の水をかける事で死者に仕立てるのであろうか。

何とも不気味な妖怪であるが、今も水死者の怨霊が生者を黄泉の国に誘う事例はあるのだ。

心霊談などで、水泳中に足が何者かに掴まれたので水中に潜って見てみると、溺死体が足をがっちり掴んでいたとか、昔の服装をした亡霊がしがみついてきたとか、その手の話は枚挙に暇がない。

海は魔物の巣窟なのだ。

他にも、顔が坊主で体が亀の『海和尚』とか、座頭姿で海上にぬーっと出て驚かす『海座頭』。

そして突如海上で船の行く手を阻む『海ふさぎ』や、船の進行をはばむ『シキ幽霊』など、海に住む妖怪は大変多い。

これは海で仕事をする人々、海を移動する人々にとって、如何に多くの妖怪・妖怪現象という奇妙なものが目撃されて来たかを裏付けている。

海という無限にすら感じる単調さに、或いは暴君とも言える荒々しさに、人の心は『妖怪』というスケープゴートを設定したのだ。

『黒入道』は、千葉の沿岸に伝えられる妖怪である。

一説には、海で死亡した人間の魂が自宅に帰って来るものと言われており、深夜に妖しいものが戸を「とんとん」と叩くものであるという。

その姿は黒づくめで人相すらはっきりしないが、人の形をしているという。

海で死んだその家の主人が、懐かしさから帰って来るのだが、決して戸を開けてはいけないと言われている。

いくら懐かしくとも、死者と生者の境目は分けなければいけないのだろうか。

この決め事は、イザナギの頃からの慣習である。黄泉の国の住民は、この世に帰って来てはいけないのだ。

『黒入道』のノックは、現世へのノックなのかもしれない。

関連記事

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。T「今バイト終わったから…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

未来の夫

ある少女が、将来の結婚相手が分かると言う占いを実践してみることにした。その占いとは、真夜中の0時、口に剃刀を咥え、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るとい…

飼い猫

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。びっくりして布団から這い出て電気をつけ…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。その男が病気の床にあるとき、…

渦人形(長編)

高校の頃の話。高校2年の夏休み、俺は部活の合宿で某県の山奥にある合宿所に行く事になった。現地はかなり良い場所で、周囲には500~700メートルほど離れた場所に、観光地の…

山根ェ

大学時代、サークルの友人と2人で深夜のドライブをしていた。思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。昼間は何度か通った…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

花(フリー素材)

いっちゃん

妹の話。妹が5歳、自分が7歳の時、伯父が遊びに来た。伯父を見るなり妹は、「がしゃーんがしゃーん、イタイイタイの伯父さん」と言い出した。伯父も両親…