海にまつわる妖怪

公開日: 怖い話

海(フリー素材)

海に囲まれた千葉県は、昔も今も漁業が盛んな地域である。

海は多くの富を千葉に住む人々に授けて来た。正に恵みの海である。

しかし、海は富を授けるだけのものではない。

優しいその顔の裏には、人の命を奪う、恐ろしいもう一つの顔があるのだ。

特に漁師は、板一枚の下は地獄と言われていたように、大変危険な仕事であった。

近代整備の整った今でも、遭難する可能性がある海である。

当時の人力による船で海を渡る人々の気持ちは、如何ほどであっただろうか。

当然、海に纏わる妖怪は沢山居る。その中で最も有名なのは『海坊主』ではないだろうか。

巨大な坊主頭の姿で突如海面に姿を現し、漁船を転覆させたり漁師を脅かしてみたりする、海の代表的な妖怪である。

お盆、或いは月末など出る日が決まっていると言う地方もあり、その日は漁師は皆仕事を休んだと言われている。

その正体は海で死んだ者の霊魂だとか、魚が集まったものだとか言われているが、判然としない。

しかし現代でも『ニューネッシー』や『カバゴン』、『シーサーペント』など、海のUMAと看板を書き換え、妖怪『海坊主』の子孫とも言える怪物たちは健在である。

また、『船幽霊』も有名な海の魔物である。

これは文字通り、海で亡くなった人の怨霊であり、生者を死者の仲間に引き入れるべく「柄杓を貸せ」と船上の人に強請る。

しかし、ここで柄杓を与えてはいけない。

貸したその柄杓は、たちまち数百の柄杓となり、船に海水を入れて沈めてしまうのだ。

お墓の死者に柄杓で水をやる我々生者に、柄杓の水をかける事で死者に仕立てるのであろうか。

何とも不気味な妖怪であるが、今も水死者の怨霊が生者を黄泉の国に誘う事例はあるのだ。

心霊談などで、水泳中に足が何者かに掴まれたので水中に潜って見てみると、溺死体が足をがっちり掴んでいたとか、昔の服装をした亡霊がしがみついてきたとか、その手の話は枚挙に暇がない。

海は魔物の巣窟なのだ。

他にも、顔が坊主で体が亀の『海和尚』とか、座頭姿で海上にぬーっと出て驚かす『海座頭』。

そして突如海上で船の行く手を阻む『海ふさぎ』や、船の進行をはばむ『シキ幽霊』など、海に住む妖怪は大変多い。

これは海で仕事をする人々、海を移動する人々にとって、如何に多くの妖怪・妖怪現象という奇妙なものが目撃されて来たかを裏付けている。

海という無限にすら感じる単調さに、或いは暴君とも言える荒々しさに、人の心は『妖怪』というスケープゴートを設定したのだ。

『黒入道』は、千葉の沿岸に伝えられる妖怪である。

一説には、海で死亡した人間の魂が自宅に帰って来るものと言われており、深夜に妖しいものが戸を「とんとん」と叩くものであるという。

その姿は黒づくめで人相すらはっきりしないが、人の形をしているという。

海で死んだその家の主人が、懐かしさから帰って来るのだが、決して戸を開けてはいけないと言われている。

いくら懐かしくとも、死者と生者の境目は分けなければいけないのだろうか。

この決め事は、イザナギの頃からの慣習である。黄泉の国の住民は、この世に帰って来てはいけないのだ。

『黒入道』のノックは、現世へのノックなのかもしれない。

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。 周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

隙間見た?

子供の頃に姉が、 「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。 人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。 今はもう剥げてきて…

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

会いに来た子供

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。 担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。 放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。…

椅子(フリー写真)

三頭身

小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程経ち、地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役を任せていた嫁が事故死した。 それからは仕事に…

九尾の狐

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。 「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。 古…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。 出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。 それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。 よ…

窓ガラス(フリー写真)

お通夜を覗く女性

15年程前、不思議な体験をしました。 当時は福井の田舎に住んでおり、高校生の僕は、友人の母親のお通夜へ行きました。 崖崩れか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。 …

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…