巫女さんのバイト

公開日: 怖い話

巫女さん(伊勢神宮)(フリー写真)

姉の体験談。

近所の神社が祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していた。

姉はそれに応募し、見事採用された。

主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りの後も土日だけ働けるようになった。

ある日、姉が境内の掃除をしていると、一人のサラリーマン風の男が声を掛けてきた。

どうやら、神主とお話がしたいらしい。

『セールスマンかな?』と思ったが、取り敢えず神主を呼び出した。

神主は境内で立っている彼を一目見て、血相を変えて近付いて来た。

神主が彼に一言耳打ちすると、彼は肩をガクっと落として涙を浮かべた。

男と神主は、姉も入ることを禁じられた(と言うより、入る用事を受けたことがない)部屋に二人で入った。

数分経つと神主がノソっと顔を出し、姉に

「日本酒を持って来てくれ」

と言った。

それから小一時間経ったであろうか、彼と神主は部屋から出て来た。

彼は神主に何度も何度も礼を言っていた。

彼は現金を10万円ほど出して、

「気持ちです」

と神主に押し付けて帰って行った。

神主はその10万円から数枚の札を姉に渡し、日本酒が足りないからと、

「10本ほど頼んでくれ」

と言った。

姉は神主の言う通りに日本酒を頼んだ。

日本酒が届いた後、神主は先程の部屋に居た。

神主は、

「部屋の前に置いておいてくれ。今日は帰っていい」

と言った。

次の週、姉は神主に先週あの後何があったのか聞いた。

要約するとこうだ。

あの男は死神と出会ってしまったようで、近い内に死ぬと宣告された。

それから、ずっと死神が纏わり付いていた。

彼は幾つかの寺や神社を訪れたが、彼の死神を見える人間は居なかった。

お祓いをしてもらってもまるで効果がない、死神は消えない。

そもそも、彼が言い出すまで、彼が死神に憑かれていると気付いた人は居なかった。

しかし、神主は見えたと言う。

ある程度力があればここまで明らかな神は見えて当然らしいが、最近は力がないのに寺や神社を継いでいる者も多いと言う。

そして、見える神主に除霊、と言うか死神祓いを頼んだそうだ。

だが、神主も見る力があると言っても、神を祓えるほどの力はない。

だから彼に清酒をかけ、死神が少しだけ彼から離れた隙に身代わりに憑かせたらしい。

しかし所詮は身代わり、力を抑え続けないと大変なことになる可能性もある。

そこで清酒と身代わりを大量に用意し、当面はこれで力を分散させ、対処法を練らねばいけない。

とのことだった。

姉はその時は『怖がらせるつもりかな』程度にしか考えていなかった。

だが、その後すぐに事実だと悟るようになる。

ある平日の夕方、神主の奥さんから電話が掛かってきた。

神主が亡くなったので、通夜も含めてこれからのことを相談したいの来て欲しい、とのこと。

姉は何だか嫌な予感がしたと言う。

姉はすぐに神主の家に向かった。

奥さんに何が原因で亡くなったのかなどをやんわり聞くと、死因は不明だそうだ。

ただ、幾つもの酒まみれの紙人形と、数匹のねずみなどの小動物と一緒に、あの部屋で亡くなっていたそうだ…。

その後、姉はその神社でのバイトを辞めた。

その事件から半年程して、奥さんが神主の亡くなった部屋で首吊り自殺した、という話を風の噂で聞いたらしい。

姉は確信した。死神はまだあの神社のどこかに居るのではないか。あの男の人は大丈夫なのか。

そして、あそこで部屋の外とは言え近くに居た私は、死神に狙われているのではないのかと。

話の最後に姉は、

「それからいつもこのお守りを肌身離さず持ってるの」

と、三つの身代わりお守りを見せてくれた。

関連記事

教授のメモ

ある大学の教授が突然、姿をくらませた。教授と同じ研究室の助手は、最初は旅行にでも行ったのだろうと考えたが、大学側に問い合わせても教授の行方は判らないと言う。助手はどうし…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

B型肝炎

薬害エイズ。国は非加熱製剤が危険であることは、それを禁止する10年近くも前から知っていた。非加熱製剤が危険であると知ってから1年後、アメリカの会社が日本の厚生省に安全な…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、「…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。落ち込んでいる父の姿を見て、…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

アパートのドアノブ(フリー写真)

開けて

大学進学のために上京した時の話です。私は志望した大学に無事受かり、4月から新しい学校生活を送るため、田舎から上京して一人暮らしをする事になりました。学校まで電車で20…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…