巫女さんのバイト

公開日: 怖い話

巫女さん(伊勢神宮)(フリー写真)

姉の体験談。

近所の神社が祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していた。

姉はそれに応募し、見事採用された。

主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りの後も土日だけ働けるようになった。

ある日、姉が境内の掃除をしていると、一人のサラリーマン風の男が声を掛けてきた。

どうやら、神主とお話がしたいらしい。

『セールスマンかな?』と思ったが、取り敢えず神主を呼び出した。

神主は境内で立っている彼を一目見て、血相を変えて近付いて来た。

神主が彼に一言耳打ちすると、彼は肩をガクっと落として涙を浮かべた。

男と神主は、姉も入ることを禁じられた(と言うより、入る用事を受けたことがない)部屋に二人で入った。

数分経つと神主がノソっと顔を出し、姉に

「日本酒を持って来てくれ」

と言った。

それから小一時間経ったであろうか、彼と神主は部屋から出て来た。

彼は神主に何度も何度も礼を言っていた。

彼は現金を10万円ほど出して、

「気持ちです」

と神主に押し付けて帰って行った。

神主はその10万円から数枚の札を姉に渡し、日本酒が足りないからと、

「10本ほど頼んでくれ」

と言った。

姉は神主の言う通りに日本酒を頼んだ。

日本酒が届いた後、神主は先程の部屋に居た。

神主は、

「部屋の前に置いておいてくれ。今日は帰っていい」

と言った。

次の週、姉は神主に先週あの後何があったのか聞いた。

要約するとこうだ。

あの男は死神と出会ってしまったようで、近い内に死ぬと宣告された。

それから、ずっと死神が纏わり付いていた。

彼は幾つかの寺や神社を訪れたが、彼の死神を見える人間は居なかった。

お祓いをしてもらってもまるで効果がない、死神は消えない。

そもそも、彼が言い出すまで、彼が死神に憑かれていると気付いた人は居なかった。

しかし、神主は見えたと言う。

ある程度力があればここまで明らかな神は見えて当然らしいが、最近は力がないのに寺や神社を継いでいる者も多いと言う。

そして、見える神主に除霊、と言うか死神祓いを頼んだそうだ。

だが、神主も見る力があると言っても、神を祓えるほどの力はない。

だから彼に清酒をかけ、死神が少しだけ彼から離れた隙に身代わりに憑かせたらしい。

しかし所詮は身代わり、力を抑え続けないと大変なことになる可能性もある。

そこで清酒と身代わりを大量に用意し、当面はこれで力を分散させ、対処法を練らねばいけない。

とのことだった。

姉はその時は『怖がらせるつもりかな』程度にしか考えていなかった。

だが、その後すぐに事実だと悟るようになる。

ある平日の夕方、神主の奥さんから電話が掛かってきた。

神主が亡くなったので、通夜も含めてこれからのことを相談したいの来て欲しい、とのこと。

姉は何だか嫌な予感がしたと言う。

姉はすぐに神主の家に向かった。

奥さんに何が原因で亡くなったのかなどをやんわり聞くと、死因は不明だそうだ。

ただ、幾つもの酒まみれの紙人形と、数匹のねずみなどの小動物と一緒に、あの部屋で亡くなっていたそうだ…。

その後、姉はその神社でのバイトを辞めた。

その事件から半年程して、奥さんが神主の亡くなった部屋で首吊り自殺した、という話を風の噂で聞いたらしい。

姉は確信した。死神はまだあの神社のどこかに居るのではないか。あの男の人は大丈夫なのか。

そして、あそこで部屋の外とは言え近くに居た私は、死神に狙われているのではないのかと。

話の最後に姉は、

「それからいつもこのお守りを肌身離さず持ってるの」

と、三つの身代わりお守りを見せてくれた。

テレアポのバイト

ちょっと前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。 インカム着けて通話しつつも、お互いの内容がなんとなく聞こえるくらい小さな事務所だった。 そこでバイト仲間の一人が妙なこ…

あやかし

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。 俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な…

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。 夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…

アガリビト

山は怖い。何が怖いって幽霊とか野生の動物とか天候とか色々あるけど、一番怖いのは人間。 お前ら山行くと開放的になるだろ?清々しい気持ちになるだろ? あれは人としての境界を越え…

沈まぬ太陽

もう10年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。 当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。 小さい図書館だ…

炎(フリー写真)

呪い人形

呪いの藁人形をご存知ですか? それに関する話です。 私は仕事柄転勤が多く、各地を転々としていました。 時にはアパート、時には貸家。 私が山口の萩という所に転勤に…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

気持ちの悪いスナック

7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。 当時、六本木にある会社に勤めていましたが、結構夜遅くなることが多かったんですね。 当然終電はなく、タクシーで帰ることにな…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。 特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。 その男が病気の床にあるとき、…

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。 「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…