巫女さんのバイト

公開日: 怖い話

巫女さん(伊勢神宮)(フリー写真)

姉の体験談。

近所の神社が祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していた。

姉はそれに応募し、見事採用された。

主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りの後も土日だけ働けるようになった。

ある日、姉が境内の掃除をしていると、一人のサラリーマン風の男が声を掛けてきた。

どうやら、神主とお話がしたいらしい。

『セールスマンかな?』と思ったが、取り敢えず神主を呼び出した。

神主は境内で立っている彼を一目見て、血相を変えて近付いて来た。

神主が彼に一言耳打ちすると、彼は肩をガクっと落として涙を浮かべた。

男と神主は、姉も入ることを禁じられた(と言うより、入る用事を受けたことがない)部屋に二人で入った。

数分経つと神主がノソっと顔を出し、姉に

「日本酒を持って来てくれ」

と言った。

それから小一時間経ったであろうか、彼と神主は部屋から出て来た。

彼は神主に何度も何度も礼を言っていた。

彼は現金を10万円ほど出して、

「気持ちです」

と神主に押し付けて帰って行った。

神主はその10万円から数枚の札を姉に渡し、日本酒が足りないからと、

「10本ほど頼んでくれ」

と言った。

姉は神主の言う通りに日本酒を頼んだ。

日本酒が届いた後、神主は先程の部屋に居た。

神主は、

「部屋の前に置いておいてくれ。今日は帰っていい」

と言った。

次の週、姉は神主に先週あの後何があったのか聞いた。

要約するとこうだ。

あの男は死神と出会ってしまったようで、近い内に死ぬと宣告された。

それから、ずっと死神が纏わり付いていた。

彼は幾つかの寺や神社を訪れたが、彼の死神を見える人間は居なかった。

お祓いをしてもらってもまるで効果がない、死神は消えない。

そもそも、彼が言い出すまで、彼が死神に憑かれていると気付いた人は居なかった。

しかし、神主は見えたと言う。

ある程度力があればここまで明らかな神は見えて当然らしいが、最近は力がないのに寺や神社を継いでいる者も多いと言う。

そして、見える神主に除霊、と言うか死神祓いを頼んだそうだ。

だが、神主も見る力があると言っても、神を祓えるほどの力はない。

だから彼に清酒をかけ、死神が少しだけ彼から離れた隙に身代わりに憑かせたらしい。

しかし所詮は身代わり、力を抑え続けないと大変なことになる可能性もある。

そこで清酒と身代わりを大量に用意し、当面はこれで力を分散させ、対処法を練らねばいけない。

とのことだった。

姉はその時は『怖がらせるつもりかな』程度にしか考えていなかった。

だが、その後すぐに事実だと悟るようになる。

ある平日の夕方、神主の奥さんから電話が掛かってきた。

神主が亡くなったので、通夜も含めてこれからのことを相談したいの来て欲しい、とのこと。

姉は何だか嫌な予感がしたと言う。

姉はすぐに神主の家に向かった。

奥さんに何が原因で亡くなったのかなどをやんわり聞くと、死因は不明だそうだ。

ただ、幾つもの酒まみれの紙人形と、数匹のねずみなどの小動物と一緒に、あの部屋で亡くなっていたそうだ…。

その後、姉はその神社でのバイトを辞めた。

その事件から半年程して、奥さんが神主の亡くなった部屋で首吊り自殺した、という話を風の噂で聞いたらしい。

姉は確信した。死神はまだあの神社のどこかに居るのではないか。あの男の人は大丈夫なのか。

そして、あそこで部屋の外とは言え近くに居た私は、死神に狙われているのではないのかと。

話の最後に姉は、

「それからいつもこのお守りを肌身離さず持ってるの」

と、三つの身代わりお守りを見せてくれた。

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。ある日、「たまには別の公園でやろう」と…

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

背無し

会社からの帰路の途中、ある大学の前を通る。そこは見晴らしの良いただの直線だが、何故か事故が多いことで有名だった。その道をあまり使わない人には分からないだろうが、毎日車で…

霊視

あるテレビ番組のディレクターが心霊番組の撮影をしていた。母親、息子、娘の3人家族のインタビューカットから始まった。彼らは目に涙を浮かべながら、父親の事を話してくれた。 …

廃屋(フリー写真)

ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ

家の近所に『青柳タンス』という廃屋があった。別にタンス屋だった訳ではなく、ただの民家だったのだが、壁面にそういう看板が掛けてあった。そこには電話番号も書いてあり、その番…

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。「…

会いに来た子供

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。…