巫女さんのバイト

公開日: 怖い話

巫女さん(伊勢神宮)(フリー写真)

姉の体験談。

近所の神社が祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していた。

姉はそれに応募し、見事採用された。

主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りの後も土日だけ働けるようになった。

ある日、姉が境内の掃除をしていると、一人のサラリーマン風の男が声を掛けてきた。

どうやら、神主とお話がしたいらしい。

『セールスマンかな?』と思ったが、取り敢えず神主を呼び出した。

神主は境内で立っている彼を一目見て、血相を変えて近付いて来た。

神主が彼に一言耳打ちすると、彼は肩をガクっと落として涙を浮かべた。

男と神主は、姉も入ることを禁じられた(と言うより、入る用事を受けたことがない)部屋に二人で入った。

数分経つと神主がノソっと顔を出し、姉に

「日本酒を持って来てくれ」

と言った。

それから小一時間経ったであろうか、彼と神主は部屋から出て来た。

彼は神主に何度も何度も礼を言っていた。

彼は現金を10万円ほど出して、

「気持ちです」

と神主に押し付けて帰って行った。

神主はその10万円から数枚の札を姉に渡し、日本酒が足りないからと、

「10本ほど頼んでくれ」

と言った。

姉は神主の言う通りに日本酒を頼んだ。

日本酒が届いた後、神主は先程の部屋に居た。

神主は、

「部屋の前に置いておいてくれ。今日は帰っていい」

と言った。

次の週、姉は神主に先週あの後何があったのか聞いた。

要約するとこうだ。

あの男は死神と出会ってしまったようで、近い内に死ぬと宣告された。

それから、ずっと死神が纏わり付いていた。

彼は幾つかの寺や神社を訪れたが、彼の死神を見える人間は居なかった。

お祓いをしてもらってもまるで効果がない、死神は消えない。

そもそも、彼が言い出すまで、彼が死神に憑かれていると気付いた人は居なかった。

しかし、神主は見えたと言う。

ある程度力があればここまで明らかな神は見えて当然らしいが、最近は力がないのに寺や神社を継いでいる者も多いと言う。

そして、見える神主に除霊、と言うか死神祓いを頼んだそうだ。

だが、神主も見る力があると言っても、神を祓えるほどの力はない。

だから彼に清酒をかけ、死神が少しだけ彼から離れた隙に身代わりに憑かせたらしい。

しかし所詮は身代わり、力を抑え続けないと大変なことになる可能性もある。

そこで清酒と身代わりを大量に用意し、当面はこれで力を分散させ、対処法を練らねばいけない。

とのことだった。

姉はその時は『怖がらせるつもりかな』程度にしか考えていなかった。

だが、その後すぐに事実だと悟るようになる。

ある平日の夕方、神主の奥さんから電話が掛かってきた。

神主が亡くなったので、通夜も含めてこれからのことを相談したいの来て欲しい、とのこと。

姉は何だか嫌な予感がしたと言う。

姉はすぐに神主の家に向かった。

奥さんに何が原因で亡くなったのかなどをやんわり聞くと、死因は不明だそうだ。

ただ、幾つもの酒まみれの紙人形と、数匹のねずみなどの小動物と一緒に、あの部屋で亡くなっていたそうだ…。

その後、姉はその神社でのバイトを辞めた。

その事件から半年程して、奥さんが神主の亡くなった部屋で首吊り自殺した、という話を風の噂で聞いたらしい。

姉は確信した。死神はまだあの神社のどこかに居るのではないか。あの男の人は大丈夫なのか。

そして、あそこで部屋の外とは言え近くに居た私は、死神に狙われているのではないのかと。

話の最後に姉は、

「それからいつもこのお守りを肌身離さず持ってるの」

と、三つの身代わりお守りを見せてくれた。

関連記事

祖母のしたこと

私の一番古い記憶は3歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

叩かれるドア

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。iPodで大音量で音楽聴きながらハイ…

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…

憑依

小学校6年の社会の授業の時、突然担任(女・20代・かなり美人)の声色が低くドスの聞いた感じに変わり、目つきもどこか虚空を見ているような感じになり、戦時中の国民学校とかで先生が生徒に訓示して…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

竹林(フリー写真)

有刺鉄線の向こう側

小学生の時の記憶。私の育った町には昔、林があった。ただその林は少し変わっていて、林の中に入って途中まで行くと、ある部分を境に突然竹林に変わっている部分があった。…

人形の夢

前月に学校を辞めたゼミの先輩が残して行った荷物がある、という話は久保から聞いた。殆ど使われていない埃っぽい実験準備室の隅っこに置かれた更衣ロッカーの中。汚れたつなぎや新…

女友達の話

怖いと言うか気持ち悪い話。動物好きで特に猫好きの方は絶対に読まないで欲しい。細かい会話とかは覚えてないので適当だが……。俺の中学時代からの女友達の話。仮に佳織としておく…