赤いベストのおっさん

128499

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。

あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広まったが、天候やルートなどの基本的なことに気を付ければ、それほど怖いところじゃないと思っていた。

場所は伏せさせてもらうが、川上村役場から奥の支流に入って行った辺りだ。

狙いはヤマメとイワナ。ルアー中心だが状況によっては生き餌もやる。

1日目の釣果は大きかったな。

20センチ内外のヤマメがかなり釣れ、みんな気を良くして酒飲んで車中泊した。

2日目はもっと奥に入ってイワナを狙おうということになり、3人で2人用のテントを二つ持って、その日の内には車のところまで引き返せない上流まで行った。

だけどイワナはあまり釣れなかったんだ。

その内に夕方になって小雨がぱらつき始めたんで、早めに山側に入ってテントを張った。

本当はダメなんだが、焚き火をしようということになり、みんなで乾いた木を拾いに出かけた。

山には入らずに川原に沿って石の上を歩いていたら、川辺りにうずくまってる赤いベストの人がいたんだ。

俺ら以外の釣り人はそこらでは見かけなかったので、挨拶しようと近付いて行った。

そしたら、すげえ嫌な臭いがしたんだよ。

腐った魚の臭いなんだ。これは俺らは慣れてるのでぐ分かる。

それと「オエーッ、オエーッ」と吐いている音が聞こえてきたんだよ。

数メートルまで近付いて「どうしましたか」と仲間が声をかけたら、そのベストの人が振り向いて、歳は40代かなあ、メガネをかけてきちっとした髪型のおっさんだった。

そいつが川の方を向いて口をもぐもぐさせていたんだ。

それで2、3回噛むと「オエーッ」と川に向かって吐く。

その度に腐った臭いがきつくなった。

「大丈夫ですか、病気なら救助要請しましょうか」と俺が聞いたら、おっさんはニヤッと笑って魚篭を川から上げてみせた。

するとまた臭いが強くなって、腐った魚が入っているんだと思った。

おっさんが魚篭に手を突っ込んで上げると、腐ってぐずぐずになった魚が握られていたんだよ。

肉も腐っているから、指の間からだらだら溢れるんだが、おっさんはニヤニヤしながらそれを口に突っ込む。で、また「ゲボーッ」って吐くんだ。

俺らは気味が悪くなって、後ずさりしながらおっさんのところから離れたんだよ。

どう見ても異常な行動だったし、それに臭いがこちらに移ってきて、俺らも吐きそうになったんだよ。

離れて遠くから見たら、おっさんはまだ川辺りにしゃがんでいた。

辺りにはザックや竿は見なかった気がする。

「なんだよ、あれキチガイか」

「異常だよな。あんな腐った魚、生で食うとか」

「うええ、気持ち悪りい。もうその話題やめろ」

こんなことを言い合いながらテントまで戻ったのだが、一人が

「あれ、警察に通報しなくてもいんいいんかな」と言う。

「知らんよ、あの様子だと、救助要請しても俺らが余計なことしたって言われかねん」

「だよな、こんな場所に来たら基本、自己責任だよな」

雨は殆ど止んでいたから、火を焚いてラーメンを作ったり渓流で冷やした缶ビールを空けた。

翌日は午前中に帰りたかったから、近くの木にカンテラをかけて、その日は21時過ぎには寝たんだよ。

テントは俺と木村というやつが同じで、もう一人が別のテント。

それで、夜中にガサガサする音で目が覚めた。携帯で時間を見たら午前4時前で、もうすぐ明るくなる頃だ。

木村が寝袋から出て外に出て行くところだったんだ。

「ああ、小便か」と思ってまた寝ようとした。

でも寝つけなくて、それで木村がいつまで経っても戻ってこないんだ。

小便ならそこらの草むらにすればいいし、おかしいと思って懐中電灯を持って外に出てみた。

川の方に行って足を滑らせて頭を打ってる…なんてことも絶対ないとは言えないからな。

テントの周りの明るいところには姿はなく、「おーい 木村ー」と呼びながら、ぶらぶら川の方まで行ったんだよ。

そしたら遠くから「オゲーッ」って吐いている声が聞こえてきた。

夕方のおっさんのことを思い出して嫌な気がしたが、それは木村の声のような気がしたんだよ。

勇気を奮ってそちらに向かって行ったら、段々夕方のおっさんがいた場所に近付いていくのが分かった。

それで、ひっきりなしに「オエーッ、オエーッ」という声がして、明らかに木村だと思った。

そうしている内に大分明るくなってきた。

夕方におっさんがいた場所よりも川の中の方に、木村がしゃがんでいるのが見えた。

「おい、お前なにやってるんだ。冗談にしたらたちが悪いぞ」

かなり不機嫌な声でそう呼びかけたんだが、木村はこちらを見ない。

目の前の渓流の石の陰から何かをすくって食っているように見えた。

『まさか、あのおっさんのマネをしてるんか?』

そう思って走り寄ったら、川の岩の間に赤いベストが見えた。人がうつ伏せに倒れていたんだ。

あと、魚の臭いとはまた違う腐臭がする。近くまで行って唖然とした。

顔は見えなかったが、倒れているのはあのおっさんだとしか考えられなかった。

全身が水を吸っていて、しかも新しい死体じゃないように見えた。

それで木村は、おっさんの剥き出しの腕から白くふやけた肉を爪でこそげとって食っていたんだよ。

「何やってんだ、お前!!」

俺は木村の背中を掴んで後ろに引き倒した。

そしたら木村は仰向けに浅い水に倒れながら、口からぶーっと上にゲロを吐いたんだよ。

それからうつ伏せのまま川原まで這って行き、すすり泣き始めたんだ。

俺は混乱して、どうすれば良いか分からなくなったが、取り敢えずもう一人のやつに携帯で連絡し、「死体を見つけたから警察に通報してくれ」と頼んだんだよ。

この後は物凄くごたごたして何日も潰れた。

赤いベストのおっさんは、どこからも捜索願が出ていなかったが、死後1週間ほどで、間もなく身元が判った。

詳しいことは教えてもらえなかったが、どうやら自殺らしかった。

離れたところの橋から身を投げて、そこまで流れてきたみたいだった。

木村はずっと錯乱していて、まともな話は全くできなかかったな。

暴れて手がつけられないので、家に戻っても家族が入院させるしかなかった。

それで今も入院中で、面会もできないんだ。

関連記事

ホテル(フリー素材)

記憶の中の友人

結婚式の衣装合わせで、某有名ホテルに行った時の事。 ロビーで偶然、中学時代の同級生に会った。 昔は凄く痩せていて病弱で、暗い女の子という印象だったが、今ではふっくらと普通の…

屁で退散、エレベーターの霊

俺はエレベータに乗る時、誰もいない場合でも軽く会釈してから乗るようにしている。 それには訳がある。 仕事でしょっちゅう行く取引先でのことだ。 その日、俺は難しい打ち合…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

海(フリー写真)

海に棲む霊

これは私の友人に起きた実際の体験談です。 お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。 それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではない…

骨董品屋

晴れ着

俺がまだ大学生だった10年前、自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行った時の話。 リサイクルショップと言っても、築30年は軽く経っていそうなボロボロの外観で、どちらかと…

チャレンジャー号の最期

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。 爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かった…

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。 先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。 田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

お婆ちゃんの手(フリー写真)

連れて行かれる

私が小学生の頃の話です。 小さい頃にお世話になった近所のお婆ちゃんが倒れて、寝たきりになってしまいました。 一人暮らしで、親族も居なかったようです。 当時、よく古い遊…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。 『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』 その一心だけで走った。 途中でカメラ屋に寄り現像を依…

クシャクシャ

その日はゼミの教授の話に付き合って遅くなり、終電で帰ったんだ。 俺の家は田舎で、それも終電という事もあり俺以外は車内に人は居なかった。 下車するまでまだ7駅もあったから、揺…