書き換えられた解答

公開日: 不思議な体験

砂時計

昔、高校受験の勉強中に起こった不可解な出来事を思い出す。

市販の問題集で勉強していた時、答え合わせをしていると、一問だけどうしても正解が理解できない問題がありました。

私の計算では答えはAのはずだったが、問題集の解答ではBと記載されていました。

じっくり考えた結果、「解答が間違っている」と気づきました。

イライラしながら、誤った模範解答を赤ペンで訂正しました。

問題集に誤りがあることは珍しくなく、それほど深くは考えませんでした。

食事のために一時休憩してから再び勉強を始めると、驚くべきことに、私が訂正した解答が変わっていました。

赤ペンで引いた線と、間違っていたはずのBの答えが消え、Aが正解として記載されていたのです。

過去に記憶違いで、間違った答えが正解に変わっていたことは何度かありましたが、今回ははっきりと覚えていました。

こうした変化は、低い確率から高い確率への書き換えの場合にのみ起こるようです。

パラレルワールドやタイムパラドックスについての詳細は知りませんが、何かしらの変化が過去に起こり、その瞬間にパラレルに分岐するのが一般的な考え方です。

もしかすると、私たちが認識している以上に、過去が変わるとその後の未来も書き換えられているのかもしれません。

この事象は、私たちがその変化に気づいていないだけかもしれません。

この出来事の後、私は問題集の出版社に連絡を取り、解答の誤りについて問い合わせました。

出版社からの返答は驚きでした。

彼らは、その問題の解答をBとして印刷した記憶がないと言い、常にAが正解として出版されていたと主張しました。

さらに、彼らは私にその問題の初期バージョンのコピーを送ってきました。

そこには確かにAが正解として記載されていました。

この出来事は、私が体験したパラレルワールドの存在を示唆しているのかもしれません。

もしくは、私の認識が何らかの原因で変化した結果かもしれません。

しかし、真実は依然として謎のままです。

関連記事

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。 私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。 ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。 本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

真っ白ノッポ

俺が毎日通勤に使ってる道がある。田舎だから交通量は大したことないし、歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。 高校時代から27歳になる現在まで…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

運が良いね

今から話すお話は3年前、僕がまだ高校2年生だった時の話です。 その頃、僕はとあるコンビニでバイトをしていました。そのバイト先には同い年の女の子と、50過ぎくらいの店長、あと4人程…

歪みが発生している場所

確か小学2年の頃の話。 クラスで仲の良い友人が、 「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」 と言うので付いて行った。 そいつは普段から「宇宙人を見た」などと言…

山

山の神社と巫女の幽霊

これは5年前の話です。当時の私は浮浪者で、東京の中央公園での縄張り争いに敗れ、各地を転々とした後、近畿地方の山中の神社の廃墟に住むようになりました。 麓へ下り、何でも屋として里…

山祭り

久しぶりに休みが取れた。たった2日だけど、携帯で探される事も多分ないだろう。 ボーナスも出た事だし、母に何か美味いものでも食わせてやろう。 そう思って、京都・貴船の旅館へ電…

男の戦い(宮大工12)

十年程前、親方の親友でやはり宮大工の棟梁であるKさんが病気で倒れてしまった時の事。 親方とおかみさんは急遽お見舞いに行き、俺は親方の代理で現場を取り仕切った。 三日程して親…

夜の縁側

夏庭の訪問者

アサガオの花が朝の静けさを彩る中、それは夏の出来事だったと記憶しています。 当時わずか5歳の私は、家の庭にある砂場で独り静かに遊んでいました。 目を上げると、隣の生け垣の…