槍を持った小人

枕(フリー写真)

最近の話。

俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。

俺も気を付けて抱っこしながら寝たりするのだが、本当に毎日落ちる。

そんな時に夢を見たんだ。

寝ているのか起きているのか分からないが、俺は横になって隣で寝ている子供を見ている。

子供は特に寝返りを打ったりもせず大人しく寝ているのだが、周りに何かの気配がする。

俺は何故か体が動かなくなっていて、唯一動く目をキョロキョロさせながら、子供の周りを見ていたんだ。

すると何かが歩いて来た。

それは小さい人間のように見えた。数えてみたらどうやら3人居る。

髪を天辺で束ねた、20センチくらいの槍のようなものを持った男が、子供の周りを歩いていた。

そいつらは何かを喋りながら、時々子供に触り出した。

『やめろ!!』と叫ぼうとしたが声は出ない。

いきなり一人が槍を子供の手の甲に刺した。

子供は激しく暴れて寝返りを打った。

刺したやつは物凄い悪意に満ちた顔を浮かべて、声を出して笑いやがった。聞いたことも無い声で。

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

言葉にしたらこんな感じの笑い声だ。

そいつらは何回も子供を刺した。

その度に子供は身を捩らせ、段々とベッドの縁に近付いて行った。

そいつらは子供が端に近付く度に、顔を歪ませ歓声を上げて喜んだ。

このままではまた落ちる、何とかしなければ、と手を伸ばそうとするも、体は動かない。

子供は手や足をチクチク刺され、どんどん端に追いやられて行く。

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

という笑い声だけが耳障りに聞こえて来る。

あと少しでベッドから落ちそうだ。

奴らは更に子供を刺そうとする。

『やめろ!!』と、さっきより強く念じて手を伸ばしたら、体を起こすことが出来た。

俺は何も考えずに、子供を刺そうとしている奴に拳を降り下ろした。

「ぷげっ!!」

妙な声を上げて潰れた奴を横目に、もう一人を殴った。

「ぷぎゅる」

耳障りな声を残してもう一人消えた。

次の瞬間、手に激痛が走り、俺は声を上げた。

見ると最後の一人が、親指の爪と肉の間に槍を刺して何かを叫んでいる。

俺は『こんなものを何回も刺したのか!!』と、怒りに任せてそいつの上半身と下半身を掴んだ。

そいつは小さなナイフをどこからか取り出し、俺の手を切りつけた。

その度に痛みが走るが、怒りが勝っていた俺は雑巾を絞るようにそいつの体を力一杯絞った。

「ぶげぶげぶげぶげ」

そいつも凄く耳障りな声を出して消えた。

変な奴は消えた。

安心して子供を近くに寄せ、ほっとしたところで意識が途絶えた。

いつもの時間にアラームで目を覚まし、子供の方を見たが、その日はベッドから落ちずにスヤスヤ眠っていた。

しかし自分の手に違和感があるというか、物凄く痛い。

見ると手の甲があちこち切れ、血が滲んで真っ赤になっていた。

その瞬間、夢のことが思い出され、背筋が寒くなったのを覚えている。

あれから一週間くらい経つ。

子供はベッドから落ちなくなったが、俺が夜中に突然チクッとした痛みで目を覚ますようになった。

関連記事

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。その日は遊べる友達が居なかったので…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。本命は猪なんだけど、…

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。操車場は…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

体育館

時代を越えて

俺が小学生だった頃、早朝一番乗りで体育館でシュートの練習をしていたら、いつも体育館のステージの袖に見知らぬハゲのおっさんがいることに気が付いた。近眼でよく見えないし、その時は先…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに「あなたに膜のようなものが掛かって見…

自転車置き場(フリー写真)

幽霊を持って帰る

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。しかし…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…