槍を持った小人

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

枕(フリー写真)

最近の話。

俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。

俺も気を付けて抱っこしながら寝たりするのだが、本当に毎日落ちる。

そんな時に夢を見たんだ。

寝ているのか起きているのか分からないが、俺は横になって隣で寝ている子供を見ている。

子供は特に寝返りを打ったりもせず大人しく寝ているのだが、周りに何かの気配がする。

俺は何故か体が動かなくなっていて、唯一動く目をキョロキョロさせながら、子供の周りを見ていたんだ。

すると何かが歩いて来た。

それは小さい人間のように見えた。数えてみたらどうやら3人居る。

髪を天辺で束ねた、20センチくらいの槍のようなものを持った男が、子供の周りを歩いていた。

そいつらは何かを喋りながら、時々子供に触り出した。

『やめろ!!』と叫ぼうとしたが声は出ない。

いきなり一人が槍を子供の手の甲に刺した。

子供は激しく暴れて寝返りを打った。

刺したやつは物凄い悪意に満ちた顔を浮かべて、声を出して笑いやがった。聞いたことも無い声で。

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

言葉にしたらこんな感じの笑い声だ。

そいつらは何回も子供を刺した。

その度に子供は身を捩らせ、段々とベッドの縁に近付いて行った。

そいつらは子供が端に近付く度に、顔を歪ませ歓声を上げて喜んだ。

このままではまた落ちる、何とかしなければ、と手を伸ばそうとするも、体は動かない。

子供は手や足をチクチク刺され、どんどん端に追いやられて行く。

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

という笑い声だけが耳障りに聞こえて来る。

あと少しでベッドから落ちそうだ。

奴らは更に子供を刺そうとする。

『やめろ!!』と、さっきより強く念じて手を伸ばしたら、体を起こすことが出来た。

俺は何も考えずに、子供を刺そうとしている奴に拳を降り下ろした。

「ぷげっ!!」

妙な声を上げて潰れた奴を横目に、もう一人を殴った。

「ぷぎゅる」

耳障りな声を残してもう一人消えた。

次の瞬間、手に激痛が走り、俺は声を上げた。

見ると最後の一人が、親指の爪と肉の間に槍を刺して何かを叫んでいる。

俺は『こんなものを何回も刺したのか!!』と、怒りに任せてそいつの上半身と下半身を掴んだ。

そいつは小さなナイフをどこからか取り出し、俺の手を切りつけた。

その度に痛みが走るが、怒りが勝っていた俺は雑巾を絞るようにそいつの体を力一杯絞った。

「ぶげぶげぶげぶげ」

そいつも凄く耳障りな声を出して消えた。

変な奴は消えた。

安心して子供を近くに寄せ、ほっとしたところで意識が途絶えた。

いつもの時間にアラームで目を覚まし、子供の方を見たが、その日はベッドから落ちずにスヤスヤ眠っていた。

しかし自分の手に違和感があるというか、物凄く痛い。

見ると手の甲があちこち切れ、血が滲んで真っ赤になっていた。

その瞬間、夢のことが思い出され、背筋が寒くなったのを覚えている。

あれから一週間くらい経つ。

子供はベッドから落ちなくなったが、俺が夜中に突然チクッとした痛みで目を覚ますようになった。

サーバールーム(フリー写真)

サーバーからのメッセージ

心霊ではないかもしれないけど、一つ不思議な体験があります。 俺は某会社でシステム関連の仕事をやっているのだけど、先日、8年間稼働していたサーバーマシンが壊れてしまった。 こ…

古民家の居間

孤独

中島らも氏のエッセイで読んだ話。 新聞の投書欄に送られて来た独居老人の手紙です。 『定年で会社を辞めてから随分経つが、ここのところ出先から帰ると居間に自分が居る、というこ…

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…

神秘的な山(フリー写真)

サカブ

秋田のマタギたちの間に伝わる話に『サカブ』というのがある。 サカブとは要するに『叫ぶ』の方言であるが、マタギたちが言う『サカブ』とは、山の神の呼び声を指すという。 山の神…

欅(フリー写真)

欅の木のお地蔵さん

小学生だった頃に体験した話です。 当時は夏休みや冬休みといった長い休みになると、従兄弟達の家に何日も泊りがけで行ったり来たりしていた。 夏休み前半を従兄弟達が私の家で過ご…

揺れる木

2年程前の話。その年の夏、俺は大小様々な不幸に見舞われていた。 仕事でありえないミスを連発したり、交通事故を起こしたり、隣県に遊びに行って車に悪戯をされた事もあった。 原因…

夜道(フリー写真)

不可解な車の傷

飲み会で後輩から変な話を聞いた。 車の話をしていたのだが、最近、車に不可解な傷がついたとか。 バイト帰りの深夜、他に走る車もない道路で信号待ちをしていたところ、突如後ろか…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

未来の自分から

今から20年くらい前の出来事。 一人っ子だった俺は、幼稚園から帰ってくるとファミコンをするか家の目の前の公園で一人で遊ぶのが日課だった。 最初はどんな出会いだったかは憶えて…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。 そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。 仕事を共にして行く…