槍を持った小人

枕(フリー写真)

最近の話。

俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。

俺も気を付けて抱っこしながら寝たりするのだが、本当に毎日落ちる。

そんな時に夢を見たんだ。

寝ているのか起きているのか分からないが、俺は横になって隣で寝ている子供を見ている。

子供は特に寝返りを打ったりもせず大人しく寝ているのだが、周りに何かの気配がする。

俺は何故か体が動かなくなっていて、唯一動く目をキョロキョロさせながら、子供の周りを見ていたんだ。

すると何かが歩いて来た。

それは小さい人間のように見えた。数えてみたらどうやら3人居る。

髪を天辺で束ねた、20センチくらいの槍のようなものを持った男が、子供の周りを歩いていた。

そいつらは何かを喋りながら、時々子供に触り出した。

『やめろ!!』と叫ぼうとしたが声は出ない。

いきなり一人が槍を子供の手の甲に刺した。

子供は激しく暴れて寝返りを打った。

刺したやつは物凄い悪意に満ちた顔を浮かべて、声を出して笑いやがった。聞いたことも無い声で。

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

言葉にしたらこんな感じの笑い声だ。

そいつらは何回も子供を刺した。

その度に子供は身を捩らせ、段々とベッドの縁に近付いて行った。

そいつらは子供が端に近付く度に、顔を歪ませ歓声を上げて喜んだ。

このままではまた落ちる、何とかしなければ、と手を伸ばそうとするも、体は動かない。

子供は手や足をチクチク刺され、どんどん端に追いやられて行く。

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

という笑い声だけが耳障りに聞こえて来る。

あと少しでベッドから落ちそうだ。

奴らは更に子供を刺そうとする。

『やめろ!!』と、さっきより強く念じて手を伸ばしたら、体を起こすことが出来た。

俺は何も考えずに、子供を刺そうとしている奴に拳を降り下ろした。

「ぷげっ!!」

妙な声を上げて潰れた奴を横目に、もう一人を殴った。

「ぷぎゅる」

耳障りな声を残してもう一人消えた。

次の瞬間、手に激痛が走り、俺は声を上げた。

見ると最後の一人が、親指の爪と肉の間に槍を刺して何かを叫んでいる。

俺は『こんなものを何回も刺したのか!!』と、怒りに任せてそいつの上半身と下半身を掴んだ。

そいつは小さなナイフをどこからか取り出し、俺の手を切りつけた。

その度に痛みが走るが、怒りが勝っていた俺は雑巾を絞るようにそいつの体を力一杯絞った。

「ぶげぶげぶげぶげ」

そいつも凄く耳障りな声を出して消えた。

変な奴は消えた。

安心して子供を近くに寄せ、ほっとしたところで意識が途絶えた。

いつもの時間にアラームで目を覚まし、子供の方を見たが、その日はベッドから落ちずにスヤスヤ眠っていた。

しかし自分の手に違和感があるというか、物凄く痛い。

見ると手の甲があちこち切れ、血が滲んで真っ赤になっていた。

その瞬間、夢のことが思い出され、背筋が寒くなったのを覚えている。

あれから一週間くらい経つ。

子供はベッドから落ちなくなったが、俺が夜中に突然チクッとした痛みで目を覚ますようになった。

関連記事

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。A子には3…

黒目

幼い頃の不可解な体験を書きます。幼稚園に通っていたから4~6才の頃の記憶です。小学校半ばまで住んでいたのは長屋みたいな建物で、小さな階段のある玄関が横並びに並んでました…

未来から来た男

俺が小学校低学年の時、25年くらい前かな。当時住んでたとこの近くに公園があった。ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなったとき、公園のところを通ったとき、20歳くらいの人に…

繰り返し見る夢

夢に関する不思議な話を。同じ家や場所を繰り返し夢に見ることはあるだろうか。別に続きものという訳ではなく、ホラーであったり日常的であったりと、関連性は無いけど舞台がいつも…

病院(フリー写真)

毬突きをしている女の子

ある病院での話。病理実習でレポートを提出する役になった実習生のAは、助手から標本室の鍵をもらう時にこんな話を聞かされました。「地階の廊下で、おかっぱ頭の女の子がマリつき…

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

でちゃいかん!

小学校の低学年の時、風邪ひいて学校を休んでいた時のこと。インターホンが鳴ったので出ると「警察の者です。お父さんが交通事故にあって助からないかもしれない。すぐに病院に来て欲しいので、出て…

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

イタズラ好きな何か

子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。見えなかったから何かの正体は最後までわからなかったけど、イタズラ好きなやつだった。例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、よく…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…