んーーーー

illustration_dog_music2

現在も住んでいる自宅での話。

今私が住んでいる場所は特にいわくも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。

ここ最近ですが、リビングにいると昼夜を問わず、女性の低い声で鼻歌が聴こえてきます。

「ん~…ん~ん~…」

最初はよ~く耳をすまさなければ気づかないほどに遠くから聴こえてくるのですが、放って置くとどんどん近づいてきます。

「ん~…ん~ん~…」

それでも放って置くと、意識を集中しなくても聴こえるほどに近づいてきます。

「ん~…ん~ん~…」

なので私は、その声に気づいたらいつも般若心経の最後の部分を繰り返し唱えるようにしています(これしか知らないもので……) 。

とにかく般若心経の「ぎゃーていぎゃーてい」のくだりを唱え続けると、声はだんだん遠ざかっていきます。

このリビングではテレビにも集中できません。

声が聴こえ始めるのは完全に不定期ですし、早く声に気づいて般若心経を唱え始めなければ、時としてそれは部屋にまで入ってきます。

「ん~…ん~ん~…」

そういえばこの前、大好きなバンドのニューアルバムが発売されました。

発売日を楽しみにしていたので、お店で買った時はもうテンションアップ!

さっそく家に帰ってヘッドフォンで聴いて、一通り聴き終え、よかったな~と余韻に浸りながらヘッドフォンを取ったら耳元で

「んーーーーーーーーーーーーー」

って。

関連記事

次元の歪み

先に断っておきます。この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。もし今から私が話す話を…

日記帳(フリー写真)

祖父母の祈り

私が15歳の一月。受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていた時、机の上に置いてあった参考書が触っていないのに急に落ちた。溜息を吐いてそれを拾いに机の下に潜った…

時空

時空トンネル

数年前、子供の頃に不思議だった出来事が繋がった話です。5才くらいの記憶で、その頃はよく畑仕事に兄と付いて行っていたんです。畑から数十メートル離れた場所に、大きな岩が何個…

時空(フリー画像)

祖母のタイムスリップ体験

祖母が体験した不思議な話。まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出掛けたんだそうな。所々にバラック小屋が建っているだけの道を歩いていた時、急に辺りの様子が…

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

不気味な山道(フリー写真)

頭が無いおじちゃん

知り合いが体験した話。彼女は幼い娘さんを連れて、よく山菜採りに出掛けているのだという。 ※ その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。なかなかの収穫を上げ、下山し…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…