鳴り続ける電話

ビル(フリー写真)

先日、年末の追い込みで一人残業をしておりました。

残業規制厳しい折、電灯は自分の席のみに限定され、結構広い事務室は私の席を残して後は全部真っ暗の状況。

商店街の一角の会社とは言え、23時を過ぎますと辺りは人通りもすっかり途絶え、結構不気味なんです。

そんな時、向こうの奥の課の電話が鳴りました。

『よりによってこんな時間に何だ? 厄介なことに巻き込まれたら嫌だな。ただでさえ終電に間に合わなくなるかもしれないのに…』

と思って取りませんでしたが……。

延々5分くらいでしょうか? いや、10分くらいかもしれません。鳴り止まないのです。

段々そのしつこさに腹が立ち始めた私は席を立ち、とうとう電話に出ました。

すると結構明るい、と言うかハアハア息せき切った声で、

「す…すいません!こんな時間に!お約束の見積書を今からお持ちしたいんですが!」

と若い男性の声がします。私は、

「いやあ、こんな時間ですから、もうここは誰も居ませんよ。明日にして頂けますか?」

と怒りを抑えながら断りました。

……が、相手は、

「申し訳ありません!

実は予定が大幅に狂ってしまい、こんな時間になったのですが、実は最寄の駅に今着いたところなんです。

明日は別件でお伺い出来ないので、何とか受け取るだけでも!お願いします!」

と言って食い下がって来たのです。

私は、

「いや、困ります。私も今、もう帰るところですから、明日にして下さい。

担当が居ない時に持って来てもらっても困ります!」

と再度、かなり強く断ったのですが、電話がその時切れてしまいました。

失礼な奴だな…と腹が立ちましたが、やむを得ません。

駅から会社までは交通の便が悪く、歩いて15分くらいです。

私は席に戻りました。

ですが15分経っても、その男性は会社に来る気配がありません。

時計はもう23時30分を回ろうとしています。

『あれからもう30分経ったぞ? 何やってんだ!』

苛々は絶頂に達しつつありました。

その時です。また部屋の奥で電話が鳴りました。

電話を取りますと、さっきの男の声です。

やはり同じように、

「すいません!道に迷ってしまって!もう少しですから…すいません!」

と弱々しく謝るんです。

「もう終電が無くなりますので、本当に困るんですよ!」

と言ったのですが、

「すいません」

と言いながらまた電話が切れました。

事務所はビルの4階なのですが、窓の外を見ても人通りは全くありません。

するとまた電話です。

「今、すぐ近くに来ました!保安の方に話して私を中に入れていただくようお願いします!」

と言ってまた切れました。

もう一度外を見ましたが、やはり玄関にも人の気配はありませんでした。

私も段々不気味になって来ました。

保安に電話をしましたが、当然誰も尋ねて来ていないとのこと。

悪戯だろうかと疑念を抱きながらも、私個人への執拗な悪戯だとすれば尚のこと不気味です。

また電話が鳴りました。もう私は真っ暗な奥の課の席にへばり付き状態です。

「ありがとうございます。今、中に入れて頂きました!エレベーターで今上がります!」

また切れました。

もう向こうは妙に快活な口調で、一方的に喋って切ってしまったため、こちらからは何も言えません。

『おいおいおい…』

私は事務室の真っ暗な入り口を凝視しました。

通常は事務室の中に外部の人間を入れないために、入り口のところに簡易電話が置いてあり、そこから担当者に電話してもらうのです。

もうこの段階で悪戯ということは確信していたのですが、それにしては電話の口調はあくまでも『誠実』で『快活』な若手サラリーマンのそれです。

なのにその一方、妙にねっとりとした不気味さが際立っておりました。

また電話が掛かって来ました。

「今着きました!お待たせしてすいません。今、受付に居ります」

相手はハアハア言っています。実に誠実そうで、申し訳なさそうな口調です。

「あんたね!何時だと思ってんだ!」

私が怒鳴りますと、急に沈黙が流れました。

「……………」

後は一通り罵ったのですが、ここから先は沈黙です。

私は再度、部屋の奥の真っ暗な入り口を凝視しました。

何か人の気配がするようで…しかし当然、誰も居ません。

相手は沈黙を続けています。

今度はこちらから電話を切りました。

すると今度はすぐまた電話が掛かって来ました。

私はもう終電が無くなるので、電話には出ませんでした。

しかし、鳴り続けています。私が部屋を出るまで鳴り続けていました。

会社を出た途端、全身に鳥肌が立ちました。

『あの執拗な悪戯は何だろう。俺、狙われてるのか? それとも…?』

これマジの話です。一番怖いのは人間です。…というオチにしておきます。

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。 文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。 竹林になる前、明治・…

星空(フリー写真)

霊感少女

もう随分前になるけれど、僕が体験した死ぬ程洒落にならない話。 当時大学生だった僕は恋をしました。相手はバイト先で知り合った子。 バイト仲間数人で遊びに行ったりして仲良くな…

山道のベンツ

友達と山にドライブに行った時、深夜でしかも霧がかっていたので、後続車もないしチンタラ走ってたんだ。 俺たちは頂上付近の展望台を目指していた。 すると、かなりのスピードで俺た…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

下心

これは7年ぐらい前の話です。 高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。 実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。 一人暮らしを始めて3ヶ月…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。 一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。 もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。 その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

夕方の路地

道を教えて下さい

「道を教えて下さい」 夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。 足が異様に細く、バランスが取れないのかぷるぷると震えている。 同じように手も木の枝のように…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…