古いオルガン

公開日: 怖い話

鍵盤(フリー写真)

家に古いオルガンがあった。

私が生まれるより前に、母が中古で買ったらしい。

小学生の時に一度だけ弾こうとしてみたが、ベース(足用鍵盤)の音が全く出なかった。

時は流れ高校生になり、三学期の中間考査の勉強をしている時だった。

テスト勉強は本番の二日前か前日にしかやる気が出ず、その時も前日の深夜遅くまで勉強していた。

一時半になった頃、一階のリビングからオルガンを弾く音が聞こえてきた(私の部屋は二階にあり、そこで勉強していた。聞こえた曲は、名前は忘れたけど多分有名な曲)。

ベース音がないので、とても頼りない音だった。

この家でオルガンを弾けるのは母だけなのだが、母はもう寝ているし、この時間帯に弾くほど非常識じゃない。

オルガンの音を聞くのは久しぶりだし、この時間帯なので少し怖かった。

暫く待っても止める気配がない。

曲もループしているし、気になって勉強できないし眠ることもできない。仕方なく見に行くことにした。

真っ暗なのは怖かったから、廊下や踊り場の電気を全て点けながら向かった。

「………!」

リビングの電気は点いていなかった。それなのにオルガンの音は聞こえる。

さっきより、音が少し大きい気がする。

母が弾いてるのだとしたら、どこか頭がおかしくなってしまったのかも知れない。

そうだとしても十分怖いが、

『本当に、お母さんなのか』

などと考えてしまい、恐怖でリビングのドアを開けられなかった(常識的に考えれば、オルガンを弾いているのは家族の誰かなのだが、現状が不気味過ぎた)。

5分くらい固まって冷や汗を流していたら、突然オルガンの音が止んだ。

何と言うか、静かになると逆に滅茶苦茶怖かった。

何かあればすぐにでも泣いてしまいそうで、体の中心に向かって物凄い圧力が掛かったように感じた。

しかしそれを切っ掛けに、早くドアを開けないといけない気もした。

静かな中にドアを開ける時の音が大きく響き、かなりビビった。

真っ暗では何も見えないので、電気を点けた。

体は熱いのに、頭は血が少ないのか冷たく感じ、冷や汗が凄かった。

オルガンの前に母は居なかった。誰も居なかった。

こんなことが、次の日もあった。音が止んでからリビングに入ると誰も居ないのだ。

母に話しても、分からない、知らない、寝ぼけたんじゃないか、などとしか言われなかった。

また次の日も、オルガンの音が鳴り出した。

三回目でも相変わらず、と言うか三回目だけにかなり怖かったが、もう今回は音が聞こえるうちにリビングに入ると決めていた。

二階から一階までをダッシュで駆け抜け、足がすくむ前にそのままリビングのドアを開けた。

女の人が居た。

ワンピースを着ていて、後頭部には髪の毛が生えていなかった。

私は驚きのあまり声も出ず、体も動かず、なのに汗だけは体のどこかが壊れてしまったように流れていた。

女の人が振り返った(この動作はとてもゆっくりで、多分十秒くらいかけて振り向いた)。

暗い上に、結構距離があったので顔はよく見えなかったが、多分目に何かがびっしり刺さっていた。口は私よりかなり大きかったと思う。

顔も凄いが、それでも一番印象的だったのは、足がないことだった。

普通の人間を見慣れた私にとって、それは視覚的に圧倒的な違和感を与えた。

女の人がいきなり絶叫した。

動けない私は、泣いてしまった。踏み潰されたような声を出して泣いてしまった。

女の人が絶叫している時間は無限にも感じられたが、実際は数秒だったのだろう。

また突然叫ぶのを止めて、そのまま固まってしまった。

女の人に背を向けるのは本当に怖かった。

しかし私はその瞬間、全力でリビングを飛び出し、玄関を駆け抜け、外に走り出した。家の中には居られなかった。

女の人が付いて来ていないのを確認して、そのまま朝まで外で過ごした。

朝、家に女の人は居なかった。家族は何も知らないようだった。

あのおぞましい絶叫も聞かなかったらしい。

その一ヶ月後、私は交通事故に遭った。自転車でバイクとぶつかったのだ。

下半身が、恐らく一生、動かなくなってしまった。

またその二年後、母が新しいオルガンを買った。

今度の新しいオルガンは、ベースの音も良い。母は楽しそうだった。

私も一度だけ弾こうとしたが、やはりベースは弾けなかった。

関連記事

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、「…

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。昔から色々と面倒を見てくれてい…

山(フリー素材)

人喰い寺

ある山中に、周りと異なって木が生えていない、少し開けた場所があります。昔はそこにあるお寺が建っていたそうです。その山は山菜が豊富に自生していて、地元の人は秋の実りの恩恵…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…

乾杯(フリー写真)

言えないこと

大学時代の友人から「うちに遊びに来ない?」と電話が入った。声を聞くのは半年振り、実際に会うとなれば1年ぶりにもなるのだな…。そう仕事明けのぼんやりした頭で話半分に聞いて…

ラウンジ

踊り続けるアバター

PlayStation Homeを始めた頃の話。あるお化け屋敷ラウンジに、いつログインしてもずっと踊り続けているアバターが2体いるんだ。仮に「ぶらきゅー」さんと「はぴぴ」さんと…