だるま

公開日: 怖い話

Abstract-Face-Wallpaper-2

女の子2人が韓国へ旅行に行った。

ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。だけど待てども待てども一向に試着室から出てくる気配がない。

カーテンを開けるとそこには誰もいなくなっていた。

店の人に警察に連絡してもらい、試着室、店内、近隣を捜索してもらったが結局見つからず、行方不明のままになる。

残された女の子は一人日本に帰った。

そして3年後、別の友達と韓国へ旅行にいくと「日本だるま」という看板が目に付いた。

無性に胸騒ぎがしたその女の子はその看板がかけてある建物へと入って行く。

そこは見世物小屋のようで、薄暗い店内の奥の方に行方不明になっていた女の子が手足をもぎとられ日本だるまとして観客の前にさらされていた。

うっすらと開けた目が合ったとたん、その目をかっと見開き「助けて!!」とその女の子は叫んだ。

今その女の子は、両親がマフィアから高額な金額で買い戻し、日本に戻り病院で過ごしているらしい。

大分前の話題でアレなんだが、これに似た話を先日友人から聞いちゃったよ。

なんでもその友人の知人が先月中国に行った時に、森の中で迷子になりかけたと。

そのときにどこか休憩できるところはないのかと探したところ、ふと「達屋」なる建物を見つけたそうです。

入り口には誰もいないので、真っ赤な壁に黒い天井の長い通路を進んでいったら日本人と思われる達磨が…。

その中の一人が「俺は○×大学の学生だが、3年前にやつらに捕まった…」などと話し始めたそうです。

隣の部屋から物音がするのに気づいた彼はさすがに怖くなり一目散に逃げ帰ったそうなのです。

帰国後、興味と恐怖半々でその大学に問い合わせたところ、実際に失踪した学生がいたそうな。

関連記事

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。その男が病気の床にあるとき、…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

教授のメモ

ある大学の教授が突然、姿をくらませた。教授と同じ研究室の助手は、最初は旅行にでも行ったのだろうと考えたが、大学側に問い合わせても教授の行方は判らないと言う。助手はどうし…

山根ェ

大学時代、サークルの友人と2人で深夜のドライブをしていた。思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。昼間は何度か通った…

お墓参りで使用する水桶(フリー写真)

お墓を広くすること

実家は山の中にある田舎なのだが、近所に見栄っ張りで有名な家族が居た。特におばあさんが見栄っ張りで、息子や孫の自慢話ばかりすることで、近所から嫌われていた。ある日、そのお…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

思い出

小学生になったばかりの頃の話。学校の近くに沼を埋め立てて造った更地があって、放課後になると鉄条網の隙間から友達と潜り込んで遊んでた。あの日。埋められた地面の一部が、底が…