ドッペルゲンガー

公開日: 不思議な体験

kawaiipiranha_doppelganger

弟のドッペルゲンガーを2回見た。

1回目は自分が3歳の時。
実家は庭を挟んで本宅と離れがあるんだが、庭の本宅寄りの場所で遊んでて、そこから家の中が見る事が出来た。
居間で母がまだ赤ちゃんの弟を抱っこして寝かしつけてた。

自分はここで煩くしてると弟を起こしちゃうかもと思い、庭で遊ぶのを止めて離れに行った。
そうしたら離れの居間で母が横になって、布団の上で眠っている弟を撫でていた。
自分は恐怖よりもとにかく驚いて、母に
「なんでこっちにもいるの?」
って聞いたが、母は何の事か分かってなくて説明しても
「寝ぼけてたんじゃないの?」
と真面目に取り合ってくれなかった。

2回目は自分が高校生の時。
本宅で夕食を食べた後、離れにいる飼い猫と遊ぼうと思って庭に出た。
その日は離れの窓が開いていて、電気も点いていたから夜だったが部屋の中がよく見えたんだ。
で、窓の所で涼んでいる猫を弟が抱き上げて、部屋の奥の方へ消えていった。

その時ちょうど弟と喧嘩してたから何となく気まずくて、本宅の方に引き返した。
そのまま皆がいる居間に行ったら、そこで弟が夕食を食べてた。

「お前、今離れにいたよな?」
って喧嘩中な事も忘れて聞いたら、
「いや、ずっと2階にいたけど」
と言われた。

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

昭和のような町並みの異世界

田舎の高校に通っていた高1の夏休みの時の話をします。部活が20時に終わり、その後23時くらいまで部室で怖い話をしていた。さすがに遅くなったから帰るかという事になり、家が…

浅間神社の氏神様(宮大工4)

とある秋の話。俺の住む街から数十キロ離れた山奥にあるA村の村長さんが仕事場を訪れた。A村の氏神である浅間神社の修繕を頼みたいという。A村は親方の本家がある村であ…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。親方に呼ばれ、 …

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

亡くなったはずの役者さん

私は昔、ある役者さんの熱狂的なファンでした。その役者さんが出ている作品を全て見る事は勿論、雑誌を買い集めたりと、私の生活は彼と共にありました。しかし役者さんは、ある日病…

黒い物体

黒い穴

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。当時、友人Aが中古の安い軽自動車を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた。その時に起きた不気味な出…

ビー玉(フリー写真)

A子ちゃんの夢

ちょっと辻褄の合わない不思議な経験で、自分でも偶然なのか思い込みなのか、本当にそうだったのか自信がないのですが。子供の頃、大人になっても憶えているような印象的な夢を見た事があり…

命の大切さ

つい最近の出来事です。職場で色々あって、自殺未遂しちゃったのね。それで気分転換のため田舎に帰省したんだ。もちろん自殺未遂のことは秘密にして。すると、信心深いばあ…