初めまして

公開日: 不思議な体験

桜(フリー写真)

うちの母方の婆ちゃんの話。

母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。

出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。

交際は当時、無茶苦茶反対された。特に婆ちゃんが「日本人だけはダメ」と猛反対。

しかし母もそこはアメリカの女の性格。持ち前の気の強さと揺るぎない意志で「絶対一緒になる!」と突っ走った。

そしたら婆ちゃんが母を往復ビンタ。「絶縁する!」と怒鳴り散らしても母は聞かなかった。

母はそのまま車をぶっ飛ばして家出し、一時は音信不通になったりしていた。

とうとう日本へ行くお金を貯めた母は、父の住む東京へ行く日を迎えた。

婆ちゃんは母に「空港へ見送りに行きたい」と告げた。

穏やかな婆ちゃんに疑問を感じつつ、空港で婆ちゃんに会った。

すると婆ちゃんが母に何かを差し出した。

古くて小さな日本のお守りと、古びた写真。

母は初めて見る物だったから(お守りという物すら知らなかった)、無造作にお守りの中を開けた。

そこには古くて皺皺の小さな白い紙と、米粒が一つ入っていた。

その古くて皺皺な紙を読んでみた。

日本語で『ローザ、君を愛している』と書いてあり、英語の綺麗な字で『I love you』とあった。

パッと婆ちゃんを見ると泣いていた。

訳を聞くと、婆ちゃんは結婚する前の大昔、日本人と恋に落ちた。

写真に映っている、背の低くて、昔の丸眼鏡をした、優しそうな日本人。

それが婆ちゃんが恋に落ちた彼だった。

しかし戦後すぐのアメリカと日本。戦争の傷跡からか、周囲は二人の結婚に大反対。日本に居る彼の親も大反対。

彼の親が彼を連れ戻すためアメリカに来て、強制的に彼を連れ帰ってしまった。

婆ちゃんは何ヶ月か泣いて泣いて毎日を過ごした。自殺未遂まで図った。

そして、日本から一通の手紙が届く。中にはそのお守りがあった。

『ローザ、君を愛している』

読めない日本語だったがそこには住所も書いてあり、婆ちゃんは彼への愛を確信し、彼に会いに日本へ。

どうにかして彼の住む家の付近に着いた。

近くを通った人に住所を見せ、家を訊くと顔色が変わった。

拙い英語で「Dead」と言われた。

半信半疑で家に着いた。生気の無い母が迎えた。

彼は自殺していた。

あのお守りは、彼が厳しい両親の目をかい潜り送った、彼からのメッセージだった。

あれを書いた数日後に自殺したらしい。

彼は死んだ…。

アメリカに戻り、その後の狂乱ぶりは街でも有名になるほど婆ちゃんは病んだ。セラピーも何年も受けた。

どうにかして彼を忘れ、日本を忘れ(暗示療法?)、爺ちゃんと結婚。

「まさかお前(母)が日本人と恋に落ちるとはね…。

私は光男(例の元彼)を忘れようと、何年も必死だった。

本心は、光男が居ない世界なら死にたかった。

あれから日本人とは関わらないようにしていた。

日本がトラウマになっていたから猛反対した。怖かったから。悪かったね。

だけど、日本人を好きになったと聞いた時、本当は嬉しかった」

と、婆ちゃんは号泣しながら語ったという。

写真には幸せそうに寄り添う光男と若い婆ちゃん。

不思議なのは、婆ちゃんも母さんも、何も知らない日本人に一瞬で恋に落ちた。

家系なのか、単なる偶然なのか…。怖くなくてごめん。

あと一つエピソードがある。

光男さんが日本に連れ戻される前、泣き出した婆ちゃんに、

「もし二人が引き裂かれて、離れ離れになっても、僕は生まれ変わってでも絶対君に逢いに来る。

君がおばあちゃんになっていても、僕は絶対に君に逢いに来るよ。

その時は、僕はすました顔で、日本語で『初めまして』と笑い、桜を見せてあげよう。

僕を忘れても構わない。だけど、その時は思い出して欲しい」

と言っていたそうだ。

母ちゃんが初めて父ちゃんを婆ちゃんの家に連れて来た時、緊張しまくった父ちゃんは散々練習した英語虚しく、咄嗟に

「初めまして」

と言い、中に日本桜が舞い散るスノードームのような物を婆ちゃんにプレゼントした(誰にも話していないエピソードだから、婆ちゃんは無茶苦茶ビックリした)。

婆ちゃん嬉しかったってさ…。光男さん、ありがとう。

関連記事

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。 そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。 家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。 草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。 その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。 ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。 街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

死臭

人間って、死が近づくと死臭がするよね。 介護の仕事をしていた時、亡くなるお年寄りは3、4日前から死臭を漂わせてた。 それも、その人の部屋の外まで臭うような、かなりハッキリした臭い…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。 まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。 森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …

秘密

小学四年生の時の話。 当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。 既に高…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

アカエ様

俺が小学校低学年の頃の話。と言っても、もう30年以上前になるけどな。 東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。 海辺の生き物を探し…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。 音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。 「うぉっ、時刻表よ…