初めまして

公開日: 不思議な体験

桜(フリー写真)

うちの母方の婆ちゃんの話。

母方の爺ちゃんと婆ちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。

出張でアメリカに来ていた父と母は恋に落ちた。

交際は当時、無茶苦茶反対された。特に婆ちゃんが「日本人だけはダメ」と猛反対。

しかし母もそこはアメリカの女の性格。持ち前の気の強さと揺るぎない意志で「絶対一緒になる!」と突っ走った。

そしたら婆ちゃんが母を往復ビンタ。「絶縁する!」と怒鳴り散らしても母は聞かなかった。

母はそのまま車をぶっ飛ばして家出し、一時は音信不通になったりしていた。

とうとう日本へ行くお金を貯めた母は、父の住む東京へ行く日を迎えた。

婆ちゃんは母に「空港へ見送りに行きたい」と告げた。

穏やかな婆ちゃんに疑問を感じつつ、空港で婆ちゃんに会った。

すると婆ちゃんが母に何かを差し出した。

古くて小さな日本のお守りと、古びた写真。

母は初めて見る物だったから(お守りという物すら知らなかった)、無造作にお守りの中を開けた。

そこには古くて皺皺の小さな白い紙と、米粒が一つ入っていた。

その古くて皺皺な紙を読んでみた。

日本語で『ローザ、君を愛している』と書いてあり、英語の綺麗な字で『I love you』とあった。

パッと婆ちゃんを見ると泣いていた。

訳を聞くと、婆ちゃんは結婚する前の大昔、日本人と恋に落ちた。

写真に映っている、背の低くて、昔の丸眼鏡をした、優しそうな日本人。

それが婆ちゃんが恋に落ちた彼だった。

しかし戦後すぐのアメリカと日本。戦争の傷跡からか、周囲は二人の結婚に大反対。日本に居る彼の親も大反対。

彼の親が彼を連れ戻すためアメリカに来て、強制的に彼を連れ帰ってしまった。

婆ちゃんは何ヶ月か泣いて泣いて毎日を過ごした。自殺未遂まで図った。

そして、日本から一通の手紙が届く。中にはそのお守りがあった。

『ローザ、君を愛している』

読めない日本語だったがそこには住所も書いてあり、婆ちゃんは彼への愛を確信し、彼に会いに日本へ。

どうにかして彼の住む家の付近に着いた。

近くを通った人に住所を見せ、家を訊くと顔色が変わった。

拙い英語で「Dead」と言われた。

半信半疑で家に着いた。生気の無い母が迎えた。

彼は自殺していた。

あのお守りは、彼が厳しい両親の目をかい潜り送った、彼からのメッセージだった。

あれを書いた数日後に自殺したらしい。

彼は死んだ…。

アメリカに戻り、その後の狂乱ぶりは街でも有名になるほど婆ちゃんは病んだ。セラピーも何年も受けた。

どうにかして彼を忘れ、日本を忘れ(暗示療法?)、爺ちゃんと結婚。

「まさかお前(母)が日本人と恋に落ちるとはね…。

私は光男(例の元彼)を忘れようと、何年も必死だった。

本心は、光男が居ない世界なら死にたかった。

あれから日本人とは関わらないようにしていた。

日本がトラウマになっていたから猛反対した。怖かったから。悪かったね。

だけど、日本人を好きになったと聞いた時、本当は嬉しかった」

と、婆ちゃんは号泣しながら語ったという。

写真には幸せそうに寄り添う光男と若い婆ちゃん。

不思議なのは、婆ちゃんも母さんも、何も知らない日本人に一瞬で恋に落ちた。

家系なのか、単なる偶然なのか…。怖くなくてごめん。

あと一つエピソードがある。

光男さんが日本に連れ戻される前、泣き出した婆ちゃんに、

「もし二人が引き裂かれて、離れ離れになっても、僕は生まれ変わってでも絶対君に逢いに来る。

君がおばあちゃんになっていても、僕は絶対に君に逢いに来るよ。

その時は、僕はすました顔で、日本語で『初めまして』と笑い、桜を見せてあげよう。

僕を忘れても構わない。だけど、その時は思い出して欲しい」

と言っていたそうだ。

母ちゃんが初めて父ちゃんを婆ちゃんの家に連れて来た時、緊張しまくった父ちゃんは散々練習した英語虚しく、咄嗟に

「初めまして」

と言い、中に日本桜が舞い散るスノードームのような物を婆ちゃんにプレゼントした(誰にも話していないエピソードだから、婆ちゃんは無茶苦茶ビックリした)。

婆ちゃん嬉しかったってさ…。光男さん、ありがとう。

天国(フリー画像)

あの世の記憶

数年前に私は不思議な体験をしました。 家族旅行でキャンプに行った時のことです。 弟と二人でキャンプ場から少し離れた林の奥で遊んでいると、いつの間にか弟とはぐれてしまい、慌て…

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。 私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。 ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。 のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

犬(フリー写真)

お爺さんとの絆

向かいの家の犬が息を引き取った。 ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。 お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。脳出血だったら…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。 田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

夜道(フリー写真)

不可解な車の傷

飲み会で後輩から変な話を聞いた。 車の話をしていたのだが、最近、車に不可解な傷がついたとか。 バイト帰りの深夜、他に走る車もない道路で信号待ちをしていたところ、突如後ろか…

手を握る(フリー写真)

沢山の手

私がまだ看護短大に通っていた頃の話です。 看護学生って、看護助手として夜勤のアルバイトをする場合があるのね。 私は家庭の事情から親に仕送りをしてもらえる状況ではなく、学費は…

思い出のテトリス

祖母が亡くなった時の話。 祖父母4人の中で一番若い人で一番大好きな人だったから、ショックで数日経ってもまだ思い出しては泣いてた。 ある日の夕方、自室のベッドで横になってやっ…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…

謎の男のシルエット

成りすまし

大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びと…