天候を操る力

雨(フリー素材)

小学生の頃だったか。

梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。

そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る時間になった。

しかし運悪く外は雨。二人とも傘は持っていないし、雨は止みそうにない。

仕方がないから濡れて帰るかと親友と話し合っていると、

「ちょっと待ってて」

と親友の友人が言った。

何をするのかと思い、親友と二人でじっとそいつを見つめてると…。

そいつは目を閉じて、指鳴りをする形で手を自分の顔の前に持って行った。

2、3秒の間だったかそのまま静止した後、

「パキン!」

と指を弾いて、とても澄んだ音を鳴らした。

何やってんだこいつと思いながらふと外を見ると、何と雨が止んでいた。

呆気に取られた自分達に、そいつは

「ごめん。まだ10分くらいしか持たないんだ。早く帰った方がいいよ」

と照れながら言った。

呆然としながら親友と別れ帰宅した直後、また雨は降り始めた。

今でもそいつとは縁が続いているし仲も良いのだが、この話をすると縁が切れてしまいそうなので、話題に出すことはなるべく避けている。

不思議な体験は沢山ある方だが、覚えている限りこの記憶が一番古い。

ローカル駅(フリー写真)

無音の電車

学生時代の当時、付き合っていた恋人と駅のホームで喋っていました。 明日から夏休みという時期だったので、19時を過ぎても空が明るかったのを覚えています。 田舎なので一時間に一…

医師(フリー写真)

夢の中の治療

俺の従兄弟の話を一つ。 非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。 人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。 従兄弟には当時付…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。 毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。 ある日、結婚している8歳上の姉が2…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。 当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。 最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。 まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。 …

マリー・セレスト号事件

1872年11月5日、マリー・セレスト号という2本マストのアメリカ船が原料アルコールを積んで、ニューヨークからイタリアのジェノバに向けて出港した。 この船に乗っていたのは、ベンジ…

迷いインコの怖いつぶやき

これはテレビ番組の『探偵!ナイトスクープ』で実際にあった話である。 依頼の内容は、迷いインコを保護したのでその飼い主を捜して欲しいというもの。 インコは「ピーコ」や「な○た…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。 田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…

ダル

小学校の頃、家族で山に行った時の話。 俺はふとしたことで山道から外れ、迷子になってしまった。 山道に出ようとしたけれど、行けども行けども同じような風景が続く。 そのう…