天候を操る力

雨(フリー素材)

小学生の頃だったか。

梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。

そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る時間になった。

しかし運悪く外は雨。二人とも傘は持っていないし、雨は止みそうにない。

仕方がないから濡れて帰るかと親友と話し合っていると、

「ちょっと待ってて」

と親友の友人が言った。

何をするのかと思い、親友と二人でじっとそいつを見つめてると…。

そいつは目を閉じて、指鳴りをする形で手を自分の顔の前に持って行った。

2、3秒の間だったかそのまま静止した後、

「パキン!」

と指を弾いて、とても澄んだ音を鳴らした。

何やってんだこいつと思いながらふと外を見ると、何と雨が止んでいた。

呆気に取られた自分達に、そいつは

「ごめん。まだ10分くらいしか持たないんだ。早く帰った方がいいよ」

と照れながら言った。

呆然としながら親友と別れ帰宅した直後、また雨は降り始めた。

今でもそいつとは縁が続いているし仲も良いのだが、この話をすると縁が切れてしまいそうなので、話題に出すことはなるべく避けている。

不思議な体験は沢山ある方だが、覚えている限りこの記憶が一番古い。

トウモロコシ(フリー写真)

トウモロコシ

トウモロコシが食卓に上がる季節になると、我が家では必ず語られる話。 今では70歳近い母親が、小学4年生の時に体験した話だ。 ※ 一人っ子の母は当時、母の祖母と両親と一緒に田舎…

キャンプ(フリー写真)

もし、旅かな?

学生だった頃、週末に一人キャンプに興じていた時期があった。 金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白味も何もないキャンプ。 友達のいない俺は、寂…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。 ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。 辺りも薄暗くなってき…

タイムトラベラー

10年前、俺が小学6年生の時の話。 ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちをしていたら、自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。まさしく時が止まっ…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。 その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。 私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

灯篭流し(フリー写真)

灯籠流し

小学生の頃、よくH瀬村と言う山奥にある村に遊びに行っていました。 毎年夏になると、写真好きの父に連れられて村を訪れ、村外れにある川で泳ぐのを楽しみにしていました。 私が小…

じいちゃんの話(長編)

これは俺が10年以上前に体験した話。 当時、俺は田舎にある実家に住んでいた。 実家は古くから立つ日本家屋ではあったが、辺り一面に田んぼがあるほどのド田舎という以外は、ごく普…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。 ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。 最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。 最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。 親父は意識が朦朧としていたが、…