指切り地蔵様

公開日: 不思議な体験

田舎の風景(フリー写真)

俺の実家の近所に『指切り地蔵様』と呼ばれている地蔵がある。

指の部分がちょうど指切りできるように変に曲がっているから『指切り地蔵様』。

小さな頃、その地蔵様と指切りをしたことがある。近所の婆様方には止められていたけどね。どうしてもやりたかったんだ。

でも指切りした後、何も起こらなかったから『何だ、つまんね』と思い、そのまま帰った。

そんなこともすっかり忘れた頃、右手の小指に小さな切り傷ができた。

まあその頃はやんちゃなガキだったし、またどこかで切ったのだろうと思って放置していた。

そしたら次の日も小指に切り傷ができていた。それから毎日一つずつ、切り傷は増えて行った。

ついには小指だけが切り傷だらけになって、どうしたものかと思った。不思議と痛みはなかったんだよね。

そこでふと指切り地蔵様のことを思い出した。あ、指切りしたのは右手の小指だったな、と。

急いで指切り地蔵様の所へ行ってみた。

そしたらね、指切り地蔵様の前にある台(よくお供え物などが置いてある)の上にタバコが数本落ちていた。

そこで解ったよ。指切り地蔵様は助けを求めてたんだなって。このタバコが邪魔だからどけてくれって。

どうやら俺はあの時『指切り地蔵様を守る』と約束してしまったらしい。

それから指切り地蔵様に何かあるたびに、俺の小指に切り傷ができるようになった。

もうかなり前の話で、俺も実家を離れてしまっていて今まで忘れていたのだけど、最近久々に切り傷ができたのでハッと思い出した。

ちなみに先週実家に帰って見てみると、顔にクモの巣が張っていたので取って来た。

俺は今大学生だが、就職してお金を稼いだら、あの指切り地蔵様の所に小さな祠でも建てようと思う。

ずっと雨風に晒しっ放しなんだ。

毎回呼び出されても面倒だしな。それに約束も最後まで守り通したいし。

今度また掃除でもしに実家に戻る。

関連記事

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。その二人(AとBにします)曰く、そのフ…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

学校の校庭(フリー素材)

逆上がりさん

小学生の頃、学校の七不思議が幾つもありました。それはとっくに七不思議を超えていて、私が知る限り50個はあったのです。その中に『逆上がりさん』という七不思議があって、当時…

満月(フリー写真)

姉の夢遊病

大叔母はその昔、夢遊病だったらしい。もしくは狐憑きなのかも知れないが、取り敢えず夢遊病ということにして話を進める。目が覚めると何故か川原に立っていたり、山の中にいたりと…

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

胎内の記憶

5才くらいの頃の体験なんだけど、白装束かローブのようなものを着た、髭もじゃの外国人のおじさんの家によく遊びに行っていた。それが夢なのか実際に行っていたのかはよく分からない。 …

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

砂時計(フリー写真)

巻き戻る時間

10年程前、まだ小学生だった私は、家で一人留守番をしていました。母親に注意もされず、のびのびとゲームを遊ぶことが出来てご満悦でした。暫く楽しく遊んでいると、電話が掛かっ…

お葬式

数年前、深夜の0時頃に、その頃付き合ってたSから電話が掛かってきた。切羽詰まったような声と口調で、話の内容がいまいち理解出来ない。外にいるみたいなので、取り敢えず家まで…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。飛行機で沖縄経…