指切り地蔵様

公開日: 不思議な体験

田舎の風景(フリー写真)

俺の実家の近所に『指切り地蔵様』と呼ばれている地蔵がある。

指の部分がちょうど指切りできるように変に曲がっているから『指切り地蔵様』。

小さな頃、その地蔵様と指切りをしたことがある。近所の婆様方には止められていたけどね。どうしてもやりたかったんだ。

でも指切りした後、何も起こらなかったから『何だ、つまんね』と思い、そのまま帰った。

そんなこともすっかり忘れた頃、右手の小指に小さな切り傷ができた。

まあその頃はやんちゃなガキだったし、またどこかで切ったのだろうと思って放置していた。

そしたら次の日も小指に切り傷ができていた。それから毎日一つずつ、切り傷は増えて行った。

ついには小指だけが切り傷だらけになって、どうしたものかと思った。不思議と痛みはなかったんだよね。

そこでふと指切り地蔵様のことを思い出した。あ、指切りしたのは右手の小指だったな、と。

急いで指切り地蔵様の所へ行ってみた。

そしたらね、指切り地蔵様の前にある台(よくお供え物などが置いてある)の上にタバコが数本落ちていた。

そこで解ったよ。指切り地蔵様は助けを求めてたんだなって。このタバコが邪魔だからどけてくれって。

どうやら俺はあの時『指切り地蔵様を守る』と約束してしまったらしい。

それから指切り地蔵様に何かあるたびに、俺の小指に切り傷ができるようになった。

もうかなり前の話で、俺も実家を離れてしまっていて今まで忘れていたのだけど、最近久々に切り傷ができたのでハッと思い出した。

ちなみに先週実家に帰って見てみると、顔にクモの巣が張っていたので取って来た。

俺は今大学生だが、就職してお金を稼いだら、あの指切り地蔵様の所に小さな祠でも建てようと思う。

ずっと雨風に晒しっ放しなんだ。

毎回呼び出されても面倒だしな。それに約束も最後まで守り通したいし。

今度また掃除でもしに実家に戻る。

関連記事

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。する…

廃屋の窓(フリー写真)

半分の家

じいちゃんから聞いた話。従軍中、幾つか怪談を聞いたそうだ。その中の一つの話で、真偽は不明。 ※ 大陸でのこと。ある部隊が野営することになった。宿営地から少し…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

占い師

昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を差して『悪魔!!悪魔ああああ…

見えない壁

数年前の話。当時中学生だった俺は雑誌の懸賞ハガキを出すために駅近くの郵便局に行く最中だった。俺の住んでる地域は神奈川のほぼ辺境。最寄り駅からまっすぐ出ているような大通り…

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。特…

霧のかかる山(フリー写真)

酒の神様

去年の今頃の時期に結婚して、彼女の実家の近くのアパートに住んでいる。市内にある俺の実家から離れた郡部で、町の真ん中に一本国道が通っており、その道を境に川側と山側に分かれている。…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。結局、俺はその仕事を一人で行うように…