先輩の分まで

公開日: 心霊ちょっと良い話

ラグビー(フリー写真)

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。

入部するなり、ある4年生の先輩に

「お前は入学時の俺にそっくりだ」

と言われた。

その先輩は僕と同じポジションだった。

それから2年間(先輩が留年した為)、一緒に酒を飲んだり麻雀をしたり、ご飯を食べに行ったりと、口では表し切れないほどお世話になった。

その先輩が卒業し、2年間みっちりと鍛えられた僕は、他の先輩を差し置いてレギュラーになることが出来た。

その年の夏合宿の最中、凄く尊敬していたその先輩が亡くなったと連絡が入った。バイクでの単独事故だった。

告別式とお通夜は、合宿地から300km程離れた先輩の田舎だったのだが、合宿中ということもあり、キャプテンだけが参列するという方向で部内では話が進んだ。

僕は、

「もし葬式に出られないのならば、今ここで部活を辞める」

と駄々をこね、結局キャプテンと一緒にお通夜に参列する事が出来た。

僕が一番可愛がってもらっていたことを皆知っていたので、無理を言っても反論する人は居なかった。

初めて会った先輩のご両親は、僕の事を亡くなった先輩から聞いていたらしく、

「ありがとう、ありがとう」

と、泣きながら出迎えてくれた。

僕も涙が溢れ出てしまい、折角取ってもらった先輩の大好物の寿司を味わう事は出来なかった。

その秋のリーグ戦では、皆の心の中に『死んだ先輩の分まで…』という気持ちがあった為か、チーム初の決勝進出を果たす事が出来た。

決勝の相手は3年連続優勝している強豪チームで、僕らのチームは練習試合も含めて4年間、そのチームに勝った事が無かった。

でもその決勝はいつもとは違った。

普段であれば、押される事はあっても絶対に押す事の出来なかったスクラムは、こちらが常に押し続け、楕円のボールのバウンドは常に僕らに有利に転がった。

試合が終わる少し前にキャプテンが言った。

「このグラウンドに○○さんが居る…」

僕も皆もそれは何となく気付いていた。

密集の中などでも、後ろから誰かが支えてくれている感触が確かにあった。

そして、僕達は3点差で試合に勝ち、初優勝することが出来た。

試合後、遠いところを応援に来てくれていた先輩のご両親に優勝の報告をしに行くと、

「少し前に、○○がこのグラウンドで試合をしていて、試合に勝つ夢を見た。

だから今日はこのグラウンドを見た瞬間に、君達が優勝する事を確信していた」

と仰っていた。

「このグラウンドには初めて来たが、○○が夢の中で試合をしていたグラウンドは確かにここだった」

とも言っていた。

次の日に全員でお墓参りをして、

「先輩のおかげで勝つ事が出来ました」

と報告をした。

今でも当時の部員が集まる機会があると、

「あの時の試合には、絶対に死んだ○○さんが居た」

「16人対15人で勝つんじゃセコイけど、それも○○さんらしいよな」

という話題でいつも盛り上がり、そして今だにしんみりしている。

今年の夏がちょうど亡くなった先輩の十回忌なので、皆を誘って先輩の田舎に押しかけようと思っています。

関連記事

渓流(フリー写真)

川辺で会ったおじさん

小学5年生の頃、隣のクラスに関西からの転校生S君が来た。ある日の昼休み、体育館の片隅でS君がクラスの野球部数名から小突かれたりして虐められているのを発見した。俺は当時、…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。おばあちゃん、四歳の…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

手を握る(フリー写真)

義母と過ごした時間

思いつくままつらつら書いたので、長くなってしまいました。苦痛な方はどうぞスルーしてください。苦労を支え合った義母との思い出です。 ※ 私が妊娠7ヶ月頃のこと。大阪で…

ろうそく(フリー写真)

評判の良い降霊師

実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。俺の伯父に当たる訳だが、戦前に幼くして亡くなったのだ。今で言うインフルエンザに罹ったと聞いたように記憶しているが、と…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…