先輩の分まで

公開日: 心霊ちょっと良い話

ラグビー(フリー写真)

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。

入部するなり、ある4年生の先輩に

「お前は入学時の俺にそっくりだ」

と言われた。

その先輩は僕と同じポジションだった。

それから2年間(先輩が留年した為)、一緒に酒を飲んだり麻雀をしたり、ご飯を食べに行ったりと、口では表し切れないほどお世話になった。

その先輩が卒業し、2年間みっちりと鍛えられた僕は、他の先輩を差し置いてレギュラーになることが出来た。

その年の夏合宿の最中、凄く尊敬していたその先輩が亡くなったと連絡が入った。バイクでの単独事故だった。

告別式とお通夜は、合宿地から300km程離れた先輩の田舎だったのだが、合宿中ということもあり、キャプテンだけが参列するという方向で部内では話が進んだ。

僕は、

「もし葬式に出られないのならば、今ここで部活を辞める」

と駄々をこね、結局キャプテンと一緒にお通夜に参列する事が出来た。

僕が一番可愛がってもらっていたことを皆知っていたので、無理を言っても反論する人は居なかった。

初めて会った先輩のご両親は、僕の事を亡くなった先輩から聞いていたらしく、

「ありがとう、ありがとう」

と、泣きながら出迎えてくれた。

僕も涙が溢れ出てしまい、折角取ってもらった先輩の大好物の寿司を味わう事は出来なかった。

その秋のリーグ戦では、皆の心の中に『死んだ先輩の分まで…』という気持ちがあった為か、チーム初の決勝進出を果たす事が出来た。

決勝の相手は3年連続優勝している強豪チームで、僕らのチームは練習試合も含めて4年間、そのチームに勝った事が無かった。

でもその決勝はいつもとは違った。

普段であれば、押される事はあっても絶対に押す事の出来なかったスクラムは、こちらが常に押し続け、楕円のボールのバウンドは常に僕らに有利に転がった。

試合が終わる少し前にキャプテンが言った。

「このグラウンドに○○さんが居る…」

僕も皆もそれは何となく気付いていた。

密集の中などでも、後ろから誰かが支えてくれている感触が確かにあった。

そして、僕達は3点差で試合に勝ち、初優勝することが出来た。

試合後、遠いところを応援に来てくれていた先輩のご両親に優勝の報告をしに行くと、

「少し前に、○○がこのグラウンドで試合をしていて、試合に勝つ夢を見た。

だから今日はこのグラウンドを見た瞬間に、君達が優勝する事を確信していた」

と仰っていた。

「このグラウンドには初めて来たが、○○が夢の中で試合をしていたグラウンドは確かにここだった」

とも言っていた。

次の日に全員でお墓参りをして、

「先輩のおかげで勝つ事が出来ました」

と報告をした。

今でも当時の部員が集まる機会があると、

「あの時の試合には、絶対に死んだ○○さんが居た」

「16人対15人で勝つんじゃセコイけど、それも○○さんらしいよな」

という話題でいつも盛り上がり、そして今だにしんみりしている。

今年の夏がちょうど亡くなった先輩の十回忌なので、皆を誘って先輩の田舎に押しかけようと思っています。

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。 友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。 当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。 転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。 金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

犬(フリー写真)

埋葬した子犬

心霊体験になるのか分かりませんが、子供の頃に不思議な経験をしました。 小学5年生の時、私は凄い田舎で暮らしていました。 小学校は統合され、登下校はスクールバスでないと通え…

山間の田んぼ(フリー写真)

小さな祠と石

うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。 亡くなる前々日、いつもは帰ってすぐ部屋に入ってしまう兄が、珍しく私にPCの使い方を教えてくれました。 その事を思い出すと、今でも涙…

将棋盤(フリー写真)

角の頭に歩を打て

先週、親父と将棋を指した。 欲しい本代を賭けての勝負だけに、負けられない一戦だった。 俺は親父から将棋を教わった。 当然親父の方が強い。実力にはかなりの差がある。 …

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。 左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。 現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。 それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。 その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。 いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。 両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。 スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。 その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…