おとうさん、こっち!

手を繋ぐ親子(フリー写真)

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。

この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。

ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。

当然、精神的に落ち込んでしまったのですが、生来の負けん気からすぐに積極的に出歩くようにし、家に閉じ籠もらないように頑張ったのだそうです。

と言っても、急な失明です。目の見えない状況での行動には慣れていないため、随分危険な目にも遭ったそうです。

しかし周囲の人々の意外なほど温かな助けのお陰で、何とか大過なく過ごすことが出来たそうです。

例えば電車のホームを歩いている時に杖が線路側に落ち込み、その勢いで転落しかかった事があったそうですが、その時は誰かが

「危ない!」

と警告しつつ裾を引いてくれて、それで助かったのだそうです。

また、交通量の多い車道を横断している時にも、前方不注意の車に押されて倒れかかったそうですが、これまた誰かが抱き止めてくれたのだそうです。

これら名も無い人たちのお陰で怪我も無く過ごすことが出来て、有り難いことだと思っていらしたそうですが……。

全盲の生活に慣れた頃、ふとあることを思い出したそうです。

何度か手を差し伸べてくれた人たち、それらの人々が、声や手の柔らかさから一様に女性であった事を。

そう言えば、声もよく似ていたような気がする。と言うより、同一人物だった気がする。

そう考えると、ちょっと怖いような気持ちになられたそうです。

何となく理解出来ますね。

決して一定していない出歩き先で、同じ未知の人物に付き纏われていたとしたら……。

その頃、あるサークルで出会った、やはり全盲の女性と恋に落ちました。その女性が今のご夫人です。

ご夫人と共に夜を過ごし、四方山話に花を咲かせるようになった頃、ちょっとした事実が明らかになりました。

実はご夫人の方にも同様の体験があり、やはり危険な場面に助けてくれる特定の女性が現れるということが…。

お二人には、同一人物のように思われたのだそうです。

ただこの女性の登場は二人が知り合う遥か以前から続いており、また住所も離れていたので、同一人物が偶然現れていたとは考え難いのです。

しかしお二人は、

「不思議なこともあるものだ」

という程度の受け止め方で、この女性に取り敢えず感謝をされておられたそうです。

ストーカーではないか、という方向には考えなかったのですね。

しかし残念なことに、この頃には既にその女性は全く姿を表さなくなっていました。

お二人とも危険な目に遭うことが殆ど無くなったせいもあるのでしょう。

一言、その女性のお陰でつつがなく過ごせて来た感謝を伝えたいのに。

やがて華燭の宴を挙げ、お二人は夫婦として共に歩む事になられました。

そして今に至っているという訳です。

このご夫婦には、三人の可愛い子供たちが居ます。

長女は七つで、とても利発な可愛い子です。

今ではいっぱしの役に立っていて、ご夫婦が外出される時は、

「おとうさん、こっち!」

なんて、お二人をガイドしたりして。

あと十年もしたら、きっと気立ての良い娘さんになるでしょうね。

「きっとそういうことだったんだよ」

と、ご主人は真顔で仰っています。

関連記事

夜桜(フリー写真)

桜の精

うちのおかんの話。当時おかんは6人兄弟(男3人、女3人)の長男の嫁として嫁いで来た。長男の弟妹はまだみんな学生で、謂わば小姑的存在。かなりの貧乏で、姑とお舅との…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

ドア(フリー写真)

隠れたドア

中学生の時、腕を骨折して通院している時期があった。ある日、病院内でジュースを買おうと、通路の行き止まりにある自販機まで行くと、二つあった自販機の横の壁にドアがあることに気付いた…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

体育館

時代を越えて

俺が小学生だった頃、早朝一番乗りで体育館でシュートの練習をしていたら、いつも体育館のステージの袖に見知らぬハゲのおっさんがいることに気が付いた。近眼でよく見えないし、その時は先…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

運が良いね

今から話すお話は3年前、僕がまだ高校2年生だった時の話です。その頃、僕はとあるコンビニでバイトをしていました。そのバイト先には同い年の女の子と、50過ぎくらいの店長、あと4人程…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…