おとうさん、こっち!

手を繋ぐ親子(フリー写真)

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。

この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。

ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。

当然、精神的に落ち込んでしまったのですが、生来の負けん気からすぐに積極的に出歩くようにし、家に閉じ籠もらないように頑張ったのだそうです。

と言っても、急な失明です。目の見えない状況での行動には慣れていないため、随分危険な目にも遭ったそうです。

しかし周囲の人々の意外なほど温かな助けのお陰で、何とか大過なく過ごすことが出来たそうです。

例えば電車のホームを歩いている時に杖が線路側に落ち込み、その勢いで転落しかかった事があったそうですが、その時は誰かが

「危ない!」

と警告しつつ裾を引いてくれて、それで助かったのだそうです。

また、交通量の多い車道を横断している時にも、前方不注意の車に押されて倒れかかったそうですが、これまた誰かが抱き止めてくれたのだそうです。

これら名も無い人たちのお陰で怪我も無く過ごすことが出来て、有り難いことだと思っていらしたそうですが……。

全盲の生活に慣れた頃、ふとあることを思い出したそうです。

何度か手を差し伸べてくれた人たち、それらの人々が、声や手の柔らかさから一様に女性であった事を。

そう言えば、声もよく似ていたような気がする。と言うより、同一人物だった気がする。

そう考えると、ちょっと怖いような気持ちになられたそうです。

何となく理解出来ますね。

決して一定していない出歩き先で、同じ未知の人物に付き纏われていたとしたら……。

その頃、あるサークルで出会った、やはり全盲の女性と恋に落ちました。その女性が今のご夫人です。

ご夫人と共に夜を過ごし、四方山話に花を咲かせるようになった頃、ちょっとした事実が明らかになりました。

実はご夫人の方にも同様の体験があり、やはり危険な場面に助けてくれる特定の女性が現れるということが…。

お二人には、同一人物のように思われたのだそうです。

ただこの女性の登場は二人が知り合う遥か以前から続いており、また住所も離れていたので、同一人物が偶然現れていたとは考え難いのです。

しかしお二人は、

「不思議なこともあるものだ」

という程度の受け止め方で、この女性に取り敢えず感謝をされておられたそうです。

ストーカーではないか、という方向には考えなかったのですね。

しかし残念なことに、この頃には既にその女性は全く姿を表さなくなっていました。

お二人とも危険な目に遭うことが殆ど無くなったせいもあるのでしょう。

一言、その女性のお陰でつつがなく過ごせて来た感謝を伝えたいのに。

やがて華燭の宴を挙げ、お二人は夫婦として共に歩む事になられました。

そして今に至っているという訳です。

このご夫婦には、三人の可愛い子供たちが居ます。

長女は七つで、とても利発な可愛い子です。

今ではいっぱしの役に立っていて、ご夫婦が外出される時は、

「おとうさん、こっち!」

なんて、お二人をガイドしたりして。

あと十年もしたら、きっと気立ての良い娘さんになるでしょうね。

「きっとそういうことだったんだよ」

と、ご主人は真顔で仰っています。

関連記事

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、「…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。母に…

ラグビー(フリー写真)

先輩の分まで

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。入部するなり、ある4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。その先輩は僕と同じポジションだった。…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

銀杏の木(フリー写真)

止まった時間

私が小学校3年生か4年生の時のことです。友人5人と神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放って遊んでいま…

憩いの館

いなくなった犬猫が発見されることが、異常に多い廃屋があった。廃屋と言っても街中にあってわりと小ぎれいな一軒家。別に荒らされいるわけでもない、古い造りのちょっと雰囲気ある家。 …